ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

 冬至以降、無形の世界では春が始まっている、ということなんですが、陽が一つ現れ出て、だんだん大きくなっていく、ということなのです。

そして、このぽつりと現れ出た陽を「一陽」といい、「一陽来復」という言葉があるのです。これは、陰が極まって陽にかえる、という意味の他に、悪い事が続いたあと、ようやく好運に向かう、という意味もあるのです。つまり、幸せの始まりを表しているのですね。

無形の世界で春が始まり、しばらく間を置いて、有形の世界でも目に見えて春が始まっていくように、私たちも兆しが現れるまで無形の宝を積んでいくことが重要なのです。特に、神の道、人の道、信仰の道にめざすという人なら、無形の宝を積むことに集中しなければいけないのです。そうすれば、冬至がすなわち一陽来復であるように、つまり冬の一番暗くて夜が一番長い時こそが春の始まりであるように、一番人生の大変なところを乗り越えることは、同時にその時には春が訪れ始めているという法則があるのですから、無形の徳を苦労して積むほどに、春になってもたらされる幸せも大きくなるものなのです。

無形の宝を積めば積むほど、幸福の根が太くなります。すなわち、滅びないということです。無形の世界に蓄積があるから、いつでも有形の世界に現れ出てくることができるからです。

地位、名誉をどこまでも永らえ、大道(だいどう=根本の道理)や信仰をどこまでも続けていくには、根が太くなくてはならないのです。この根が太いなら、どんどん新しい芽が出て、どんどん新しい実が生り、永遠に朽ちることはないのです。そしてこの法則は、人生すべてに当てはまるのです。どんな時も運がいいという人は、実はこうした無形の宝を蓄積している人なのです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 有形 無形

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |