ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

先祖の地獄での刑期を短くしてもらうには、三つの方法があるのです。

一つは、子孫が徳を積み、「おつとめ」の期間を短縮てもらうという方法。徳を積むには、神仏に対する寄付、神社の修復をする、人助けをする。一身を神仏に捧げたり、といった方法、すなわち「体施・物施・法施(たいせ・ぶっせ・ほっせ)」をするわけです。子孫が徳を積むと、その功績が地獄にも報告されて、先祖の罪が実際に軽減され、八〇〇年の地獄行きが、四〇〇年になったりするそうです。

二つめの方法としては、地獄にいる本人が改心することです。改心とは、「考え方が改まり、言葉遣いが直り、行動が改善される」ということです。この三つが常に揃ってくるようになると、改心できた、というんですね。でも、もともと地獄にいるわけですから、つまりその考え方のせいで地獄に落ちたわけですから、それがすぐに改心できるわけがありません。改心できる人というか改心できる霊であるかどうかには条件があって、その条件がないと改心できないのです。

そしてその改心できるための条件とは、「生前ある程度の徳を積んだことがある人、あるいは学問・信仰の基礎があり、最低、悟るということを覚えた人である」ということです。

地獄から自分を救うのは、自分自身で学んだ事柄、自分自身が学習した学問や信仰なのです。ここからも、生きている間に学問をしたり、信仰について考えたり実践したりすることがとても大切なのだと分かるのです。

地獄では、本人が改心したとみなされると、神様は霊界の長を呼び、「仮出所」の許可を与えます。すると、鬼が本人のところへやってきて、その霊だけを別のところへ連れていくのです。こうして刑期が短縮されることになります。

三つめの方法とは、特赦、恩赦です。この世でも皇室の慶事や重要な国家行事があるときに特赦、恩赦が行われるのですが、地獄界でも、特赦、恩赦が行われるのです。しかし、この方法はどの家の先祖にも当てはまるというわけにはいかないかもしれませんが…

霊界での特赦とは、神様がその霊に特別任務を与えて「仮出獄」させることを言うそうです。その特別任務によって、償(つぐな)いの機会を与えるわけです。ただし、ここで特別任務を与えられるような霊とは、一つの時代を動かしてきたパワーのある霊のことで、例えば豊臣秀吉とか徳川家康といった人の霊がこうした特赦の扱いで明治維新の時に霊界において活躍したりしたそうです。維新を動かした中心人物たちの守護霊として導いたのです。なお特赦のケースでは、実際に生まれ変わってくることもあるそうで、その場合、大変な苦労をした末に、結果として大きな業績を上げるような人物になることが多いようです。

恩赦というのは、神仏が除霊や霊的救済によってその霊の罪を許し、霊を救済される場合のことを言います。この場合では、神様が人を使って除霊される場合、霊能者にそうしたお取り次ぎをさせることが一般的なのだそうです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 天国 地獄

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。