ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

人の悪想念と悪行が創り上げた地獄の中には、おなじみの「焦熱(しょうねつ)地獄」「かまゆで地獄」「血の池地獄」などがあります。血の池地獄は、女性関係が派手な人が行く地獄ですね。たくさんの女性関係を持ちすぎると、血の池へ落ちて、そこでプカプカ浮いたり沈んだりすることになるそうです。生臭くて生臭くて耐えがたい異常な世界の一つみたいですね。

くそだめ地獄というのもあるそうです。例えば、ある庄屋さんが大勢の人を働かせて可能な限り、その人たちを自分のために利用して金や財産を貯め込んだとしましょう。すると、その報いとしてこの地獄へ入るのです。首から下は、肥だめにはまって、身動きできなくなるみたいですね。守銭奴(しゅせんど=ケチな人のこと)が必死で貯めたお金というのは、あの世に行くと自分の重荷にしかならないんですね。実は、執着をもって貯め込んだ財産であるほど、霊界で妨げになってしまうようです。つまり地獄での重荷になってしまうのです。そこで先祖が子孫に憑いて、散財させようとします。そうすると、またまた放蕩息子(酒や女遊びにふけって品行の修まらない息子)が一人できあがってしまうことになるんですが。

他には、「なまけ地獄」というのもあるんですね。その名のとおり、怠け者が行く地獄です。怠け者は、本来あるべき天賦(天から受けた性質、才能。うまれつき。天資。)の能力を努力して発揮することをしなかったということで、神道でいう「天津罪」にあたるため、この地獄に突き落とされるんですね。この地獄では、荷物を下から上へと運んで行き、上がりきったところで番人が、「ごくろうさん」と荷物を突き落とし、それをまた上まで運ぶという単純作業が永遠にくり返されんです。また、石臼を永遠に引き回している人もいますね。

地獄の様相は様々で、いくら説明しても、それで終わりということにはならないようです。

最後に、心中した人たちについて説明しておきます。情死(=心中、愛し合っている男女が一緒に自殺すること)すると、霊界では、全裸で、しかも下半身がくっついたままでいることになるそうです。ちょうど「シャム双生児」のような格好なんだそうです。どこに行くのにもこの格好なので、恥ずかしくてたまらないという気持ちになるようです。(肉体が無い分よけいにはっきりと自分の気持ちを自覚することができるようになるでしょう)。

ですから、心中だけは避けたいですね。二人並んでずっと恥をさらすことになるからです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 地獄 修羅道

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。