ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

男性を選ぶのが下手な人、男性運が悪い人とはどういうものなのか、この前、知り合いの占い師さんと会えたので話を聞かせていただきました。いろいろな場合があって一概には言えないけど、ということで、ものすごくたくさんいろいろと教えてくれたのですが、女性の結婚運や恋愛運について話してくれたことがちょっと面白かったので紹介してみます。

結局、恋愛運が悪いとはどういうことなのかというと「男性の本心に気づかない、または本心の変化に気づかない」「自分と彼との関係の中で、いろいろと起きる現実や事実、これを冷静に第三者的な視点から考え直したり分析・把握することができない」「自分の希望的観測を無意識に現実に覆い被せてしまって、現実が見えなくなる性質である」というのが、男性を選ぶのが下手な女性の共通点だということでした。

その人は西洋占星術を勉強していらっしゃる方でしたが、「女性で海王星と第7ハウスとの間に関わりがある人」は、上記のような女性である場合が多いね、ということでした。

ちなみに、第7ハウスという場所に海王星が入っている人は

「自分が付き合う人たちの影響を強く受ける。しかし、この人には、自分の友人と、友人ではない人との区別をすることができない。このため、中には、この人が感情面で繊細さなことにつけ込もうとする人が出てきて、この人を思うがままに操ろうとする人が出てくる。

 この人が抱いている、周囲の人々に関する評価は、あまりにきれいごとが多すぎ、現実が見えていないことが分かる。そして、人々がこの人の期待に沿わないようなことをすると、この人は(勝手に)傷つくのである。

 自分から自主的に何か人の役に立つことをしようという時には、注意が必要。誰かが本当に助けが必要なのだと確実に分かっている時にだけ、自分にも手伝う意志があることを言うほうがよい。この人は、誰も彼も助けたいと考え、人の心配をするあまり自分に重荷を背負い込み過ぎるきらいがある。しかしこの人は、実は自分が自立したしっかりとした生活を送ることができないのをごまかすために、人助けをしているのかもしれないのだ。誰かとのつながりを実感したいために、人の助けが必要な誰かをそばに置いておきたいのである。孤独になることは、この人をどうしようもない気持ちにさせるので、他人に対して何か負い目を持つことで人とのつながりを保とうとするのである。」

ということなんだそうです。ずいぶん詳しいし難しいですね。

深見東州先生は、ホロスコープを印刷した紙を「水晶玉を使って」読んでおられたことがあるのですが、ずいぶん普通の占い師の鑑定とは違う内容だったと思います。

でも、ホロスコープには、やっぱり何かがちゃんと表されているので、そういうことをお話ししてくれたら興味深いお話しがきけると思います。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 恋愛 結婚 海王星

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。