ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

134赤い糸

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生に伺った中に、縁のある人というのは何か、縁とは何か、ということを聞いたことがあります。

自分の小指の先と運命の相手の小指の先が赤い糸で結ばれている……、運命の赤い糸、ですよね。

深見東州先生によると、この赤い糸は実は1本ではないそうです。

「太くて鮮やかなのは、1本だけなんですが、そのまわりにさらに何本も赤い糸が出ています。その中でどの糸をたぐり寄せるかは、本人の努力次第。婚期を迎えるその時期までに、どれぐらい自分自身が、神霊的にも人間的にも成長したのかが問題になります。

 というのも、たぐり寄せられる糸は、そうした成長の度合いに相応したものだからです。

 もちろんそれでも赤い糸で結ばれた相手と結婚できるのは、まだましなほうです。

 赤い糸が二人を結び合わせる、そんな劇的な出会いは、現代では全体の一割にも満たないのです。

 人間は日々の努力によって、持って生まれた運が開かれ、高められていきます。したがって、努力を積めば積むほど魂が磨かれ、神霊的にも成長するので、いい人との縁ができるのです。

 しかし、こういえば、婚期が遅いほうがいい相手とめぐり会えて有利なのか、と思われるかもしれませんが、そうとばかりも言えないんです…」

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 相性 シナストリー 結婚

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。