ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

本来自分が結婚できたはずの時に結婚をしないままで来てしまった女性、あるいはいわゆる世間でいうところの適齢期(個人的にはそんなものなんか無いと思っていますが)を過ぎてもなかなか結婚できないで、結局、「結婚したい」と渇望しながら亡くなった場合、人によってはけっこう悲惨なことになるみたいです。

世間にはいろんな人がいますが、深見東州先生が、そうした人たち、つまり結婚や男性に執着したまま亡くなった女性が死後、どんな霊界に行っているのか、実際に霊界探訪をしていろいろと見てこられたことがあるそうです。

すると、女性で満たされないで死んだ人、つまり、男の腕に抱かれてみたい、と思いながらも男を知らずに死んだ場合、一般には、愛や幸せよりも、猛烈なとらわれの思いと痛ましさのほうが強くなるそうです。また、満たされないで死んだ未亡人などは、「男が欲しい」と暗いドロドロした霊界でうめき苦しんでいるそうです。これが真実だそうです。

結局、自分が死んで肉体はもう無くなっているのに、自分の抱いている「思い・想い」に縛られているわけです。だからこそ、そうした想いがモロに目の前に広がる色情の地獄に落ちるわけですね。自分の抱える欲望そのものの真ん中に居続けることになるわけです。

自分の想いに縛られるというのは、生きていても起こることです。自分の抱く理念、理想に自分が縛られてしまって、男性とはこうあるべきだ、とか、私はこういう顔の人しかつきあう気にはならないの、とか、思い込んでいる人、いますよね。また、中途半端に占いができる人で、相手の男性の一部しか分からないのに、その一部分を取り上げて、「だからこの人とは相性が悪いの、だから私はこの人とは最初から付き合わないの」とか言う女の人、いますよね。人って実際に付き合わないと分からないことも多いと思うんですが。

でも、自分で思い込んでいる人ってだいたい自分の思い込みがヘンってことに自覚がないから、生身の男性とは全然話したことも付き合ったこともないのに、あの男はこんな感じとかって頭から決めつけちゃって見向きもしないんですよね。

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久 結婚 未亡人

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |