ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

皆さんも良くご存じだと思いますが、御神示録のごく最初のほうに、次のような内容があります。

「人をあなどるな。
 どんな達人がいるかもわからんぞ。
 自分の考えや概念の押し付けが最も悪い。
 色々なことを知って、
 いろいろなことをわきまえておれど、
 肝心な人を生かし、
 人を育み、
 人を生成化育する働きのないのは、
 指導者とは言えぬ。
 人を育み、
 生き栄えさせるものは、
 …(以下略)」

以上、御神示録、p.42 より

老若男女、それぞれにこれまでの経験があって、各人のものの見方があって(これが悪く出ると我見になるわけですが)、それぞれ価値観をお持ちになっていますので、最初は誰でも自分の我見に縛られてしまってなかなか自由に動けないものです。

ですが、後後成長する人であれば、必ず自分から発願したいという気持ちになり、実際に自分でどんどん発願するようになっていく、こういう場合が多いかと思います。

「人を見て法を説け」という言葉がありますが、基本的な事柄・普遍的な法則は誰に対しても同じようにお話ししていくべきでしょうが、それ以外のことは、相手によって言うべき内容、伝えていくべき内容がどんどん変わっていくのが本当のはずです。一人ひとりのツボにはまるお話しや情報というのは、それぞれ人によって異なってきますから。

結局は、ご自身で神様と対話をされて、試行錯誤されたぶんが学びとなり糧となって成長していかれるのだと思います。

人それぞれに、時間の面でも費用の面でも、許容範囲の大小はあるかと思いますが、できる範囲で無理し過ぎることなく、お祈りも勉強もご奉仕も、続けていきたいものですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今回総本部での神法伝授に参加させていただいたのですが、思ったのは、上手に待つための技術、これが大切だなというか、もっといろいろと工夫したほうがいいかなというか、そういうふうに思いましたね。

深見先生がおっしゃっていることの一つに、「神業の成功・不成功が何で決まるのかというと、準備の段階からどれだけお祈りを積み重ねていくことができたか、また、中身をどれだけ極めて本番を迎えることができたか、これらが大切です」ということがあったと思います。

今回、当日までの仕込みと、現地に着いて着席してから自分の内面をどうもっていくのか、この二つの部分で、もう少し工夫する余地があったな~って感じたんですね。

当日までの仕込みということで考えてみると、24日土曜日に大仁総本部に行かせていただくまでに自宅で毎朝御祈願をするにはしていたのですが、今になってみればもう少し言葉を足して、そしてもう少し時間を長くとってお祈りしておけば良かったかなと思いました。というのも、祈った中身がやや抽象的で紋切り型になっていたため、やっぱり具体的な臨場感が欠けてしまっていたのではないかと思ったのです。

それから、当たり前のことなんですが、「待っている時からすでに御神業が始まっているのだ」ということをしっかりと理解しておくことが何といっても大切ですよね。目に見えない世界をお取り次ぎしていただくために、自分も含めた参加者全員の目に見えない世界、すなわち内的世界が充実することが何より大切です。だから、内面を充実させるための原則を理解しておくこと、この点の大切さを改めて感じました。現地に入って待つということは、気を凝結させていく、という段階にあるわけですから、この「待ち時間」を大切にし、無駄なおしゃべりをせず、気を発散させることなく、意識の世界を神仙なる存在に向けていく、ということを全身でやらないといけないわけです。理屈で分かるのと実際に体で表現できるのとが一致しているとは限りませんからね。

それで、ちゃんと「待つ」ためには、そして自分の気持ちを高揚させ続けていくためには、体力も必要ですね。体力不足を侮ってはいけないなって思いました。

それから、自分自身に自分の言葉で語りかけて、それを祈りに変えてどんどん神様に投げるのですが、やっぱり言葉が出なくなってくると飽きてくる、言葉が足りなくなってくると退屈になってくるのですね。それで、高揚感が失われてきます。言葉が出てこない理由は、最近活字に触れておらず、言葉を忘れてきているからなんですね。ここ最近は、ちょっと活字に触れる量が減ってきていると自分でも思っていたので、良い本をもっと読まないといけないと改めて思いました。文学性をもっと豊かにしたいなって思いました。

今回、最後に締めくくるにあたって、深見先生が霊を以て霊を取り次ぐという話しから具体例を出して、丁寧にいろいろと解説して下さいました。他人に向けて、いつでも、分かりやすく説明できるようにしておくことが大切ですね。

次回の御神業がよりいっそう素晴らしいものとなりますように。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

主体性=他から影響されることなく、自分の意志や判断によって行動しようとする性質・態度、ですね。

会員として活動していると、いろいろな話が聞こえてくることと思います。勤務先で上司や同僚、部下に囲まれて働いている場合と全く同じです。

人間誰でも要領良くやりたいと思うもの。無駄なことは誰でもしたくないと思いますからね。

隣の人が要領良くやっていて、適当に手抜きしたりして、なんとなく上手に休憩したりなんかしていると、真面目な人だったら自分と比べてイライラしたりすることもあるかと思います。

でも、天知る、地知る、人知る、と聞いていますよね。誰も見ていなくても、神仏がご覧になっているから、と思うのが信仰がある人ですから。

お祈りして取り組んだ結果の苦心や苦労はすべて業祓いであって徳積みになっているはずです。

だから、一見面倒なこと、一見無駄なことを、どうしようかな~って悩んだりしないほうがいいと思うのです。あの人には無駄なことかもしれないけれど、自分には必要だという場合もかなりの割合であるものです。

だから、「そんなことしなくてもいいのに」、とか、「そんなことはやっても無駄よ」と言われても、自分にとって大切なことだと思ったのなら、相手の話を鵜呑みにせず自分一人でもいいから挑戦してみましょう。やってみて、体験してみましょう。

人の言葉をいちいち鵜呑みにしてしまって、そうした言葉に振り回されて、試行錯誤することなく前進しても、自分自身で手間暇をかけて時間をかけて苦心・苦労していないぶん、あまり身についていないかもしれませんよ。

かといって、他人の言葉、他人の助言を全く聞き入れないというのも釣り合いが取れない考え方ですね。本当にこちらのことを心配して言って下さっている場合も多いものです。

人の言葉を正しく取捨選択するのも、なかなか大変なことですね。やっぱりできれば上手に中庸を得たいものですよね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今、銀座の「セントラルミュージアム銀座(東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館5F)」で深見東州先生の「第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015」が開催されています(期間:2015年10月12日から10月18日まで)。

詳細はこちら→ 第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線の東銀座駅かな、この駅が一番近いと思いますけど。

初日に早速行って参りました。

今回の絵画展の特徴は、何といっても深見先生の画の一枚一枚に、丁寧で素敵な解説がついている、という点ですね。それに毎年3月にある書画展のように、初日に人がものすごく集中してやってきている、ということもなかったので、ゆっくりと落ち着いて鑑賞することができた、ということでしょうか。

今回は私は2時間程度いさせてもらって、じっくりと何回も観覧させてもらいました。解説を読んでは色づかいを確かめて、また解説を読んでは構図について納得したり、といった感じで、とにかくじっくりと落ち着いて楽しむことができました。

普段から絵画にいつも接していたりするわけでもなく、絵画についての理論などに詳しいわけでもないので、見ればわかるという鑑賞眼があるわけでは全くありませんので、今回のこの「選りすぐり絵画展」のように解説が掲げられていてそれを読みながら絵画を味わう、という体験はとても楽しいものでした(それに深見先生の作品ですから、なんとなく胸がすっとするような感じにもなったりしますしね)。

何度も同じ絵を見て、解説を読んで納得して次の絵を見て、どんどん見ていってまた一番最初の絵に戻ってきてまた解説を読んで、といった具合に何回も絵を見ては感動を新たにして、時間があっという間に過ぎてしまいました。立ち去り難い気持ちを抑えつつ、帰ってきましたが、本当にいつまでも眺めていたい、そんな気持ちになりました。

会場では作品とその解説がセットになった図録も発売されています(税込み1,300円)。



表紙はこんな感じ。

図録表紙



表紙の原画はこれ。

コウノトリ



中身の解説はこんな感じ。

富士山大鳴動



一番大きな作品は実はこれでした。

太平洋




この図録で一つ一つ作品を確認すると、もちろん原画の迫力には劣りますけど、それでも何度でも見直すことができるからとってもいいですよ。めちゃ気に入っています。

今回選ばれた絵画は、選者の方がある意図のもとに選出されたようです。図録の最後に掲載されている「あとがき」から、少しだけ内容を紹介してみたいと思います。

「無茶ぶりを発揮した魅力ある絵をならべたいところだが、お行儀がいい斯界の嘱目(※関心や期待をもって見守ること。注目すること)に値する絵を展示することにしたのだ。私なりの考えで60点を選ぶ。(…中略…)作品は作る人と見る人の共同作業で成り立つといわれている。だから絵の魅力を引き出す解説を心がける。見る人がわからなければそれっきりである。(…中略…)関係各位の強っての要請もないところで発表する展覧会なのである。何かを提起できればいいと思っている。」

ということでした。この言葉通り、どの「解説」も本当に素敵でしたよ。みなさんもぜひ、足を運んでみて下さい。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 絵画

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。