ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「第4回東京国際コンサート、プラシド・ドミンゴと、深見東州と仲間たち!!」

とうとう来ました。見ました、聴きました。プラシド・ドミンゴの生演奏!いや~素晴らしい声でしたね~

今回の会場は東京国際フォーラム(ホールA)でしたが、有楽町駅で下車し、霧雨の中を無事国際フォーラムに到着、会場に入ってパンフレットを手渡されたので早速着席して読んでみると、大友直人さんの解説に「特にドミンゴ氏は歌手としてだけではなく、一流の指揮者としてのキャリアも長い現在まさに世界最高峰の音楽家です。今やドミンゴ氏のコンサートは、その1回1回が歴史的な意味を持っていると言えるでしょう」なんて書いてあるもんですから、期待してしまいますよね~でもそこをグッと抑えて、冷静に…(実際には我に帰ってすぐに咒をあげていましたけど)

開演まではまだまだ時間があったので、気を取り直してさらにパンフレットを見て…

すると、

「じつは、私の声楽の師であり、世界五大バリトンの一人だった、グレゴリー・ユーリシッチは、プラシド・ドミンゴの親友で、何度もオペラで共演したのです。ドミンゴが『オテロ』を歌う時の、最も優れた『イヤーゴ』でした。そして、『私の最も好きなバリトン』と言って、ドミンゴは讃えました。だから、私はグレッグから、プラシド・ドミンゴがいかに素晴らしいか、いつも聞いていたのです。」

「その縁で、グレッグと私が、西オーストラリア州の州都パースに、若手オペラ歌集を育成する、『オーストラリアン・オペラ・スタジオ(The Australian Opera Studio)』を設立した時、プラシド・ドミンゴが、そのPatronに就任して下さいました。この事にも、大変感謝しています。そして、そのプラシド・ドミンゴが、今宵共に歌って下さる事に、心から感謝を捧げます。」

とあったんですね。

なるほど~ユーリシッチ先生のお友達、という関係だったのですね~。やっぱり誰に習うのかってとても大切なことですよね~。というか、日本人の先生としては栗林義信先生に師事しておられたわけですから、深見先生、やはり王道をしっかりと押さえて、真っ正面から取り組んでこられたんですね…

とかなんとか考えていたら、トイレに行くのを忘れていたので急いで行ってみるとやっぱりけっこう並んでいるんですけどしょうがないから順番待ちして…

そうこうするうちに客席に戻っていよいよ始まると、われらが深見東州先生の登場です。

どこかで聞いたことがあるけど、と思っていたら、「ドン・ジョヴァンニ」でしたね。深見先生はバッチリ決まっていて完璧な歌声、とにかく今最高に脂が乗っているというか、存在感を感じさせてくれました。「帰れ、ソレントへ」も難なくこなしておられました。

その次にゴッドファーザーの愛のテーマを聞いた辺りで思わず涙が…生で聴くオーケストラってやっぱりいいですよね~学生時代にショスタコーヴィチの5番を聴きに行ったりしたことはあったし、去年のルネ・フレミングの時もちゃんと聴いてはいたんですけど、今回はなんか会場の熱気に当てられた感じもしたりして、ぐいぐい感動してしまいました。

この後もう一度深見東州先生が歌った後からは、プラシド・ドミンゴとソプラノ二人でどんどんたたみかけるように次々と演奏が続きましたが、最初のドミンゴの登場の時に、まだ何も歌っていないのにいきなり「ブラボー!」って叫んでいたお客さんもいたぐらいですから、とにかく観客は聴く気満々、そして彼の素晴らしい歌声を聴くと「やっぱり聴きにきて良かった!」って全員が思ったに違いない、そんな印象を受けました。

第一部はオペラからの抜粋、第二部はポップスを歌ってくれたのですが、私としては第一部のほうが良かったと思いました。圧倒的なプロの技を見せられ、聴かされて、今聴いたオペラを全部もう一度聴き直してみたいって思ったりしました。途中、何度も涙してしまいました…

パンフレットに掲載された曲目が全て終了した後も、出血大サービスでどんどん歌ってくれて、とにかく最高!世界最高の演奏家とはこういう存在感なんだな~っていうのを実感した夜でした。

最後は深見東州先生も再び登場して「ふるさと」を4人で歌って終わりましたが、この夜のコンサートのことは生涯忘れられない想い出になること確実ですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ドミンゴ 国際フォーラム

以前、熊野でワールドメイトの節分大祭が行われたことがありました。

その時の深見東州先生のお話しが、先祖霊達に語りかけるものになったことがあったのです。

「…道義があれば、ご先祖様も家伝因縁の根源となる地獄に堕ちることはなかったはずなのです。どうしてそんな地獄にいるのか。人間として道に生き、義の心に生き、そしての愛に生きて、目に見えない貴い価値を尊重した生き方をしなかったからです。

 金に目がくらみ、異性に目がくらみ、あるいは自分の感情のまにまに、もういやだと思って投げ出したり、憤りを持っていつまでも戦いをしている…。人間としての高貴さを失うからこそ、畜生道に堕ちる。煩悩のまにまに生きている。すなわち本能のまにまに生きている動物と同じです。皆、人間としての高貴な部分、御魂を損ねたがゆえに獄界に堕ちているのです。

 これを反省して脱皮していこうとしなかったら、一時は救われても、またしても地獄に堕ちますよ。今先祖の皆々様が、あふれかえるばかりにここに集っておられるから、こうやって話しているのです。豆木のお世話になっていったんは救われても、悟りの中身がなかったら、またしても堕ちていきます。救ってはいただくけれども、最高にいいところに行くわけじゃありません。本人の中身の自覚と悟り次第なのです。豆木で救済はするけれど、自分自身がそれを悟って越えていこうとしなければ、本当の意味で救われたことにはならないのです」

道義=人としてふみ行うべき正しい道。=他を思いやり、いつくしむ心。

取り立てて目に見えて悪いことはしていないものの、自分の感情のまにまに、言いたいことを言ったり、食べたいものを食べたり、やりたいことをやったりするだけに終始して、高貴でない毎日をついつい過ごしてしまっている人は多いのではないでしょうか。

特に、怒りを抱えていたり、恨みをつのらせていたりする場合は、その想いに自分が縛られてしまって、自分を客観視することがなかなかできないことも多いでしょう。

そして、その怒りや恨みの想いがどんなに正当なものだったとしても、怒りや恨みを切り返して悟りの糧にし、実際に悟って自分の想念を切り替えて行くということが無い限り、自分を救うことはできないはずです。

自分を救うためには、高貴なあり方、人としての高貴さ、これを大切にしなければならないのです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 道義

豆木の証446

私がワールドメイトに入会したのは○○年前ですが、入会してもしばらくは「豆木による御祈願、豆木の潔斎」というものがあることは知りませんでした。

伊勢神宮での団体参拝を終えて、大晦日の神事を終え、自宅に戻って新年を迎えて、そういえば冬神業っていうものが始まるのか…とぼんやりと考えていた時に、「豆木」のお知らせが自宅に届いたのでした。

家伝の因縁を減少させる御祈願ですと聞かされても、その当時は家の因縁というものが何なのか、そしてそれをどのように受け止めればよいのか、こうしたことはほとんどわかりませんでした。

今、この三次元の現実世界で生きている人の抱える因縁ということについて考えるなら、すなわち徳と劫を挙げることができるでしょう。

徳には、例えば、生まれた家に備わった徳、自分が前世までに積んだ徳、そして今世この世に生まれてから自分が積んできた徳があります。個人が積むことができる徳とは、「学問・芸術・信仰」に励むことによって積めるものであり、これは内修の徳(天徳や人徳)です。人に益すること、他人の幸せにつながることに務めた結果積み上がるのは外慈の徳(地徳)ですね。

劫には、生家が抱えている劫、自分が前世に犯した罪や怠りなどによって積んだ劫、そして今世この世に生まれてきた後に自分が為した悪行の結果積まれた劫、こうしたものがあるようです。

死後、神霊界では、その人の徳は徳として、その人の罪は罪として、ひとつも漏れ落とすことなくすべてが勘案・検分されて本人の行く霊界が決まり、それが本人だけでなくその子孫にまで影響を及ぼし、霊的な面も、具体的な運勢の面も左右することになるのです。

したがって、今、自分の生まれた家に現れている「喜びの偏り」と「苦しみの偏り」を見てみれば、それこそが因縁であり先祖の生き方が影響を与えた結果なのだとわかることでしょう。徳を積んだところは徳を積んだところ、悪かったところは悪かったところとして、とっても厳密に現象に出るのですね。だからこそ、自分の前世に合った家、すなわち自分の抱える徳と劫に相応しい家に生まれてくるのです。

ところで、会員のいろんな事例を見聞きしていると、どうやら自分は何代か前のその家の先祖に生まれたことがあって、今回、このたびの神仕組に合わせて自分の家の劫を晴らすため、また、一族を代表して神様の御用にお仕えするために再び生まれ変わってきているのだ、という人が少なからずいるようです。

ですから、自分の家族や一族の人達に共通する癖、自分の持って生まれた運勢などは、実は前世の自分が為した諸々の事柄の結果、生じたものかもしれないのです。そして自分という存在は、家の因縁を晴らすため、家の徳を積むため、またそうした徳積みの経過において、自分自身が修業をし、霊位霊覚を向上させて、自分の徳積みも同時に成そうという、一石二鳥あるいは三鳥の目的をもって生まれてきたのかもしれないのです。

こうしたことに気づくなら、毎年深見東州先生がお取り次をして下さって、ありやかな証が本当に具体的に現れて、私達一人ひとりが抱える、そして自分だけでなく自分の家族や一族皆が抱えている劫を軽減させる、この豆木の祈願の素晴らしさと必然性をいっそう実感することができるのではないでしょうか。

さて、ここで最初に戻って、初めて家伝因縁の豆木を申し込んだ時のことを改めて思い出してみますと…

初めて豆木を申し込んだ時は、まだ衛星中継はなかったのでそのまま忘れてしまったのでした。そうすると、普段は風邪など全然引かないで毎日元気に出勤していたのが、その時は2月に入って突然高熱を出して寝込んでしまったのでした。

とにかく汗がびっしょり出て、家で寝込んでいたのですが、それがこれまた急に熱が引いて、パッと起き上がることができたのでした。その、熱が引いて起き上がることができるようになったのが、2月4日の朝のことだったのです。それで「ああ、節分祭というものが終わったのだな」と初めて思い出したのでした。この時以来、毎年必ず豆木の申し込みをしていますが、そのたびに直接体で感じる証があり、本当にこの豆木の潔斎の素晴らしさを確信しています。

それぞれの豆木は、その一つひとつの内容に相応しい先祖を救う力があるのです。きちんと言分けてお祈りして、深見東州先生のお取り次ぎに臨むなら、どなたも大いにその救済力を実感できるのではないかと思います。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

8月12日夕方にご先祖大法要が無事終わりましたが、皆様には今回もいろいろと証があったのではないでしょうか。

私の場合も…

12日から始まって、今日(17日月曜日ですね)に至るまで、毎日、いろんな人から「お裾分け」(というか「おみやげ」と言うべきでしょうか)をいただいています。

12日の夜に突然友人から電話があって、近所のファミレスで落ち合ったのですが、その時にわざわざケーキを持ってきてくれて、それをそのまま「あなたに持ってきたものだから、もらって」と言われて…

その後も、翌13日は昼間にケーキ、夜には地方から東京に里帰りしてきた別の友人からお菓子を…

14日にはまたまた知人がケーキをわざわざ買って訪問してくれて、3日連続でケーキを楽しむことができました。

それで15日は終戦記念日で、買い物に出かけたところ、ショッピングセンターで高校の同級生に●●年ぶりにバッタリと出会って、食事をすることに。懐かしい話に花が咲いたのですが、この時も帰り際にお土産を持たせてくれたのです。確かに学生の時には、私がずいぶん面倒を見てあげたりしたこともあったにはあったのですが、仲良しだったからそうしただけのことだったのですが。

16日には親戚から荷物が届き、開けてみると「ようかん(丁稚羊羹)」で、これがまたとっても美味しかったのでした。

17日、つまり今日は、まだ何も起きていないんですが…、こんなに5日間も連続でもらい物をいただいたことはなかったんじゃないかと思うんですけどね~

なんだか今年のお盆はとっても嬉しい毎日になったのでした。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。