ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

2月に入って深見東州先生の「大除霊」をまたまた読み直しているわけですが、何度読んでも素晴らしいということは先に書きました。で、中でもやっぱりここが一番印象に残るところの一つなのよね、ということで、ご紹介したいと思います。

「…直感、概念、認識という順で、人の人生観が決まってしまう…(中略)…すべての原因が『ふとした感覚』にあるのだから、哲学・思想などを深く研究しても、自分自身の解決策を見つけられるはずがないのである。理想は、良き『ふとした感覚』を絶えず積極的に見い出して、それを不動のものにするために…(略)」

そして、続きに

「では、この良き『ふとした感覚』を生むためにはどうしたらいいのだろうか。明るく発展的な感覚にし、自分自身のご本霊を発動させるためにはどうしたらいいのだろうか。」

「まず第一が、少しでもいい土地に住むことである。」
「第二に少しでもいい人間とつきあうことである。」
「第三に少しでもいい自然の景色と気にふれることである。」
「第四に少しでもいい神気にふれることである。」
「第五に、少しでも人生を明るく前向きにする言霊の宿る、いい本を読むことである。」「第六に少しでも美意識を高める芸術にふれることである。」
「第七に少しでもいい心と感覚を呼び起こす、色彩とムードのあるインテリアを選ぶことである。」
「第八に少しでも明るく前向きですがすがしい感覚になれるファッションを選ぶことである。」
「第九に少しでも日あたりのいい家と部屋に住むことである。」
「第十に少しでもいい念と感覚が出てくるよう、いい思いを湧かせる祈りを習慣化させることである。」
「第十一に少しでもいい感覚を人に与えるような態度、言霊、礼を行い、相手がそう思う感覚を自分にはね返らせることである。」

「このようにして自分を豊かに明るくし、意欲的で、発展的で、美しく、すばらしい世界を大切にしている人間は、ますますいい感覚といい人、いい認識、いい運気に恵まれるようになるのである。」

とあって、やはり「どこに住むのか、それが一番大切だ」と書いてあります。

最近、お隣の方と階下の方が引っ越してしまって、さらに新しい方々が引っ越してこられたのですが、以前の方のように「良い人達」ではないみたいで、ちょっと不安な感じなのですが…

とりあえず人形でも書こうかな。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 除霊 言霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今回の磐梯での節分神事、この後さらにもう一度機会を作っていただけるということで割合あっさりと終了しましたね。

でも、今回の節分神事では、神人合一ならぬ、神神合一があったんですよね。菊理姫様と豊雲野大神様が合体して、金神鬼武姫(おにたけひめ)大神となって降臨された、ということでしたけど。この神様が証を出して下さったのでしょうか。

今回、ちょっといろいろとお台所の事情が苦しくて、神様~なんとかしてください~って感じでお祈りしていたんですが、そうすると、「8月のお盆の頃に、もう一度やります」ということで深見東州先生がおっしゃって下さって。いや~助かりました~。なんとなくご先祖がイライラモード、みたいな感じだったので。

そうすると、やっぱりご先祖の皆様が、子孫の状況など考えないでとにかく獄界から救ってほしかったみたいで、イライラしていたっていうことでしたね。それで、「豆木は今回で終わりじゃないですから、お盆にもう一度、節分祭をやって豆木潔斎もやりますから」と、深見東州先生が言って聞かせて下さって。すると、豊雲野大神様から金色の光がわーっと出て、獄界先祖に届いたので、気持ちが良くなって落ち着いてくれたというわけですね。

結局、今回の節分神事の潔斎では、「磐梯山から金色の玉が飛んできて地獄の先祖を救って下さった」ということですが、言うだけならあっさりと言えてしまって、何事もなかったかのように聞き流してしまうのですが、すごい話なんですけどね。

神様同士が合体したことを教えて下さる、先祖との対話もいくらでもできる、神様との対話もいくらでもできる、山から金色の玉が飛んできて先祖を救う様子を伝えてくれる、こんなこと、普通ではあり得ないことですよね。

こういうことが普通に起きる、普通のことみたいにあっさりと起きるのが、やっぱり深見東州先生のすごいところというか、素晴らしいところなんだなあと改めて思いました。

ところで、豆木の証のことを言おうと思っていたのですが、皆さんには何かあったでしょうか。私は今回、自分の勤め先の会社豆木を書かせていただきましたが、そうしたら、お取り次ぎが済んだ翌日、突然に、人事異動と退職、業務内容の見直し・改善ということで、今まで問題点としていろんな人が気づいていながら誰も言い出そうとしなかったことが、一気に改革されて、一番の問題児も突然退職することが決まって、みんなの憂鬱の素が全部解決したって感じになりましたね~~。これには結構驚きました。でも驚くと同時に、「やっぱり神様って、いらっしゃるわよね~」って深く深く納得しました。

ということで、3月の氷見も、是非是非、参加させていただきたいと思っています。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 節分 豆木 先祖

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生の本やお話などで、霊的な法則を学んだりして、そして毎日の生活でいろいろと体験しているうちに、いつの間にか低級霊に御魂を占領されてしまっていた、なんていうことがあったりします。

具体的にどんな症状になるかというと、以前のような純粋さがなくなってしまったり、ものの言い方が乱暴になったり排他的になったりして、人の意見を聞き入れようとしなくなってきたり。あるいは、昔は進歩向上を目指して、毎日きちんと努力していたのに、最近は投げやりになっていて異性と出歩いてばかりで全然勉強しない、とか。

こういうことは、その人が何かに失敗したり挫折したりして、がっかりした時や、期待していた事柄が全くダメになって、ものすごく傷ついた時なんかに起きることが多いようですね。大きな挫折感を味わった時に、地獄に堕ちている先祖霊や怨念霊、地縛霊・浮遊霊などが現れてきて、憑霊されてしまうことが多いのだそうです。

というのは、本人が絶望感・挫折感を味わっている時は、がっかりして本人の想念がまっ暗になっているわけですが、これが即ち「本人の霊界がまっ暗な状態」になわけですね。そうすると、自分の抱えている霊界に相応しいものが、霊的な存在として外からやってきますから、結果として自分自身の中のまっ暗な想念界に感応して、悪霊たちがやってくることになる。つまり悪霊たちに自分の性格を占領されてしまうことになるのです。

深見東州先生の大除霊には、こうした悪霊から自分を守る方法として以下のようにあります。

「それは、どんなに挫折感や絶望感を味わっても、すぐに前向きの意欲と明るい希望に変えて、人生を切り開こうとすることである。これが、本当の意味での信仰力というものなのである。そしてこれこそが自分のご本霊を常に発動させておくことになるのである。どんなに悪い霊でも、どんなに強い霊でも、ご本霊を常に発動させている人にはとりつくことができないのだ。」

でも、挫折した時とか絶望した時とかに「すぐに前向きの意欲と明るい希望に変える」のって普通は本当に辛い時にはうまくできないですよね。

で、なんとか自分の心を平常心に保つためには、深見東州先生が以前にビデオでおっしゃっていたように、呪文を唱えるしかなくなっちゃうんですね。「これらはすべて神様のお導きなのよ、絶対に一切が良いほうに変わっていくよう導いて下さっているんだから」って自分に言い聞かせるわけです。

そうやってやり過ごしていると、その後本当にそうなっていくのが不思議なんですが、実際に物事が良くなっていくんですね。それで、「ああやっぱり」って本当に心の底から感謝して、感謝のお祈りを捧げたりできるようになるんですね。

この「挫折と復活のプロセス」のくり返しで、だんだん安心感を保つことができるようになってきて、それで、あんまり派手に落ち込んだりしなくなったんですね。

やっぱり神様に語りかけて、それで証しをもらって、というのを繰り返すことが大切じゃないかと思います。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 怨念霊 悪霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

除霊、読んでますか?今月の強化本ですもんね~

除霊からスタートなんですけど、やっぱりこの本は何回読ませていただいてもいいですからね~

本当に深見東州先生の名著だと言えると思いますが、大袈裟に言うことでもないんですが、実は私は一番最初はK書店から出版されたもので、この大除霊、読んだんですよね~

今考えれば、当時はものすごく『若かった』のに(だってまだ子供ですから!)、新聞広告で見かけて、絶対買うから!って書店での発売を待ち焦がれてたっていう思い出があるんですね~(当時我が家は朝日新聞を購読していました)

その頃っていうのは、私の兄とか姉の世代に宜保愛子さんなんかがものすごく流行った時じゃないかなって思いますが、私も、霊がかかってしゃべるとか、イタコとかを、テレビで一生懸命見ていました。

それで、この大除霊を買ってきて読んだ時に、「そうなんだ~」ってものすごく意識が改まったのが次の部分です。

「第三の、口をついて出てくる霊言やそれらを本にしたもの、またどんどん出てくる自動書記は、すべてまやかしもものであるという点だ。この、霊媒に霊を宿して口を切らせるというやり方、恐山のイタコの『口よせ』が有名だ。しかし、『口よせ』で出てくる霊は両親かおじいさんか、近い親戚などの粗く低い次元の霊であり、決して、高級霊や、正神界の神々たちが来たることはない。

 第二のところでも話したが、そもそも高級霊や本当の高貴なご神霊が、ペラペラ人について霊言を発したりはしない。内的に深い部分へ、短く、ポイントを示されるだけだ。あとは、その人と一体となり、その人の一部として黙って活動をしておられるのだ。ところで、たとえばもし仮に、少しましな霊がついて短い霊言を口から発したとしよう。そういう場合でも、次の瞬間、まったく別な霊が出てきて妖言、過言、暴言をペラペラと発するようになるのである。お稲荷さんが化かしていわせることも多い。ちょっとましな内容かなと思っていたら、冷静に全体を何度も調べていたら、頭がゴチャゴチャして何だかよくわからなくなる。『愛だ、光明だ、新しい時代がやってくる……』などという言葉に、決して翻弄されてはならない。皆、ちょっと賢い低級霊のいたずらであるからだ。」

 あの頃、学校の帰りに本屋に行くと、『△△の霊言』シリーズがものすごく流行っていたと思うんですけど、どんなのかなーって恐る恐る立ち読みしたりしていたんですよね。

 ところが、深見東州先生のこの大除霊の一節に出会って、「そうなんだ」ってものすごく納得したことを覚えています。そんなものは全く本物ではないとはっきり教えていただいたわけですから、お小遣いをムダにしなくてよかったーって思いましたよね。

で、深見東州先生の本が出るのをますます楽しみにして待つようになったんですね。

今でもこの大除霊は折りにふれて読むようにしていますが、やっぱり深見先生の言霊は素晴らしいですね。この機会に改めて読み通すつもりです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 除霊 霊言

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

これは、ちょっと前に聞いた話なので、もうどこの支部でもご存じの方が多いかもしれません。

以前、支部に来てもらえる人をもっと増やしていこう!というので、「御縁のある方が、どんどん支部にお越しになって、入会していただき、神様のことを知っていただいて、幸せになっていただけますように」というお祈りを、バンバンやった、という話をある支部の方から聞いたことがあるのです。

それはそれは、素晴らしいお祈りですね、ということで、そのあとどうなったのか教えてもらいました。

すると、御縁のある方だなーと感じることができる人が、確かにどんどん来られた見たいですが、同時に、そういう新しい方が原因で起きるトラブルに悩まされることが多くなったそうです。(大変だー、結構つらいかも…)

そこで、コミッティのみんなで話し合いをして、なんでこういうことになったのかなーって原因を突き詰めていくと、どうも祈り方がちょっと違っているんじゃないか、ということになったそうです。

御縁のある方が来て下さいますように」と祈るのは、確かに間違いではないみたいですが、単に「ご縁」ということだけしか言わなかったそうで、それで「悪縁」のある方も来られたのではないかと。

そして、その点をきちんと言うことが足りなかった…と反省されて、その後からは、次のように祈り直しをされて、お祈りを新しくされたそうです。

「私達の支部に御縁のある方で、良き御縁の方に来ていただくことができますように。」

「その人が来てくれて、その人と出会うことで、良きものが開き、前向きなるものが開き、すばらしいものが開くような、そんな良き御縁と良き可能性を秘めた、発展力と成長の可能性を秘めた、良ききっかけをもたらしてくれる良き御縁の人をどうか私達の支部に与えて下さいますように。」

「その人が来て下さることで、その人も、以前から支部にいる人も、新しい人も古い人も、皆ことごとく幸せになれますように。」

こういうふうにお祈りのしかたを工夫されたそうですが、そうするとどうなったかというと、まさにお祈りの通りに、本当に良い方が来てくれるようになって、どんどん発展したそうですよ。あんまり具体的に言うこともできないので、とりあえず、悪縁良縁を区別することが大事なんだなーということで。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 祈り 御縁 悪縁 良縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生のお話で、立春の朝に神様が降りてきて、「健康長生きが何よりも大切」と言われた、というお話がありましたね。

例えば神事の際に、深見東州先生が御祈願のためにお籠もりになると、歩くとか、トレーニングをするとか、ということが全くなくなってしまうこともあるみたいで、脚を動かすことが一切ない、という毎日もけっこうあるような、そんな日々を過ごされるみたいですね。

それで神様から「健康長生き」、こう言われて、深見先生も10日に一回はゴルフをすることにして、さらにはランニングも始めて、さらには筋トレもして、ということで、全身運動を定期的に取り入れて、体の調整を怠らないようにされるのでしょうね。

神様の仕組みをやり遂げるためには、「健康長生きが何よりも大切」なんだから、当然のことなんでしょうね。

ゴルフのことを贅沢な遊びみたいに勘違いしている人もいるみたいですが、大手の企業では接待ゴルフは普通にやっていますからね、ゴルフ場でいろんな約束が決まったり、内々に人事異動がまとまったり、商談の見通しが立ったりするみたいですから、やっている人にしてみれば、ごくごく普通のことでしかありません。(私の弟も、ある時期に、集中して接待ゴルフに毎週行っていました。その時は某上場企業の営業に関係のある部署に所属していたのです。)

会員としては、深見東州先生がお元気で健康に過ごされるなら、それに越したことはありませんから。

深見東州先生のご健康があっての、ご神業であり、お取り次ぎであり、神事であり、ワールドメイトの活動ですから。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 健康 長生き ゴルフ 接待

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生のお話で、印象的だったものの中に、情熱を捨ててはいけない、というお話がありました。

何事を追究するにせよ、自分なりの呼吸を大切にすることが肝心だ、ということを仰っていたことがあったと思います。どんなことであれ、向上心というか、工夫する心というか、より良いものにしていきたい、と思うなら、どうしたらいいかな~ってついつい考えてしまいますよね。

信仰心を持ち続ける時にも、支部に定期的に通ってご奉仕の役割りを果たす時にも、結局は自分の心を自分で運んでいく「技術」というものがあるんですね。しんどい時にしんどいなーって思う、めんどくさい時にめんどくさいーって思う、これだけなら誰でもやっていることなので、そこを切り返して自分に言い聞かせて、「それでも支部に行こうかな」って自分の気持ちを持っていく、それが自分の心をうまく持っていく技術だと思います。

そして、こういう技術には自分なりの呼吸があると思うんですね。その自分なりの呼吸をまず大切にしないといけないと思います。義務感のみで無理矢理続けていくと必ず反動が来て、硬直してしまって身動きが取れなくなってしまうので、無理をし過ぎない。でも、自分を鍛えたいし、ちょっと劫祓いにもなって欲しかったりするので、ちょっとだけ無理をしてみる。そこで、自分の気持ちをもう一度振り返ったりして、自分なりの呼吸というものを見つけていけばいいんじゃないかと思います。

で、結局、何でも続けていこうとすると、必ず壁に突き当たることになりますよね。

深見東州先生のお話で聞いたことがあるのは、「壁を越えていくのに必要なものは、情熱です」ということでした。この情熱、つまり激しく燃え上がる感情、熱情、熱烈な思いってことですね。この情熱が薄れると、技術、向上心、道心(ここでは一つのことを投げ出さずに追究していく姿勢のもとになる心持ち、くらいの意味)が失われてしまう。自分をより高めたい、とか、支部をより良くしていきたい、なんていう時に必要なのはこの情熱ですよね。

この情熱を保ち続けていれば、必ず、時期の早い遅いはあっても、壁を越えていくことができるんですね。

それではこの情熱をどうやって保っていくのかというと、それは向上心を絶対に捨てないこと、そして、精進努力の方法をどうか教えて下さい、と神様に祈り続けること、が鍵になってくるようです。

開き直って向上心を捨ててしまうと、途端に情熱も一気になくなってしまいます。中には、開き直ってしまって、今まで自分が歩んできた足跡、積み上げてきた徳、こうしたものが一気に色褪せて見えている人もいるかもしれません。でも、信仰をしてきて、自分の過去を否定するようなことをしてはいけません。だから、諦めてはいけないのです。

ですから、ちょっとペースを落として休憩するのはいいと思うんですけど、絶対投げ出してはダメです。今までの努力と足跡は必ず神々様がご覧になっている、つまり、努力したぶん、功徳があって徳積みになっているはずですから、もう一度考え直して粘り強く「私の精進努力の道を教えて下さい」って祈るのがいいと思います。

絶対に情熱を捨てない、工夫を怠らない、向上心を捨てない、そして道心を忘れない、こうした点を確固としたものにしていけば、必ず壁を越えられる時が来ますよ。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 情熱 呼吸 信仰心 向上心

 | ホーム |