ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

私の妹は、夫ともに夫婦でワールドメイトの会員です。それなりに長い間会員でいるのですが、そうすると、やっぱりそれなりにいろいろと証を経験してきたのです。

今回はその中の一つ、北極免因超修法の証を書いてみたいと思います。

妹の旦那さんの勤務先は、それなりに大きな会社で、実はある分野で世界シェアナンバーワンとなっている会社です。それで、転勤で海外に異動となることもあったりして、会社自体は次々と買収や進出、あるいは業務改善を行ったりして、どんどん発展しています。

そういう勤務先なのですが、ここのところやはり円高、そしてデフレの影響でその会社の業績にもかげりが出てきたらしいのです。

以前から、妹夫婦は、その会社の黒豆木を書いたり、社長の豆木の代筆をやったり、あるいは霊璽を書いてみたりしていたのですが、去年(2011年)、いよいよ会社の北極免因超修法を申し込むことにしたのです。

会社の業績がきちんと改善され、会社の運気が良くなって、社長以下、全ての従業員・社員がことごとく幸せに仕事ができますように。会社がより良い仕事に恵まれて、会社として徳を積むことができますように。その結果すべての従業員とその家族が一人ももれおつることなく幸せとなりますように…

(本当はまだまだ続きますが、)だいたいこんな感じで丁寧に祈り込んで、少しでも会社のことが良くなれば…と考えて申し込んだのです。

寄付お玉串は、△△万円を寄付させていただいたのですが、その後深見東州先生のお取り次ぎが終わってみると、予想通りというかやっぱりというか、本当にその勤務先の業績がが改善され、全社員に臨時ボーナスが出ることが決定したのです。素晴らしいですよね~

夫婦でよかったねーといって喜んでいたらしいのですが、なんと臨時ボーナスの金額が、あの時奉納させていただいた額とぴったり同じ△△万円だったのでした。

妹夫婦は、これまでに何度も大きな奇跡も小さな恵みもどちらも経験してきているのですが、それでもやっぱりこうしてみんなでボーナスをもらえたことがとっても嬉しかったといっていました。

新しい会員の中には、本当に神徳が申し込んだ人たちすべてに行き届いているのだろうか、とか、証なんてあるのかな、なんて不安に思っている人もいるかもしれませんが、絶対に神徳は降り注いでいますよ~。

正しい心で真心を捧げて、正しくお祈りをしたならば、必ず神様に届いていると思います。そして、正しいお祈りが神様に届いているなら、必ず神います証があるはずです。人により、証の大きさも証が出る時期も確かに違いはあるのですが、でも証は必ず出ますよ。

焦ることなく体施・法施・物施をして、陰徳を積んでいき、真心のお祈りを積み重ねていきましょう!

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今年もとうとう先天差し替え神徳祈祷会が終わってしまいましたねー。

すいか、おいしかったですね。私はあれで十分お腹いっぱいになりましたけど。

深見東州先生は今年もお取り次ぎを実際に始められるまでにずいぶんお祈りして下さったみたいですから、本当にありがたいですね。先天運を形作っているとのつながりを焼き切って、その上新たに良いとつなぎ直すなんて、世界中で他に誰ができるというのでしょうか!このお取り次ぎだけは本当に本当にすごいと思います。

先天の、というのは「先天後天」の先天で、国語辞書を見てみると、「生まれつき身にそなわっていること」とありました。ここでいう「先天」というのは、その人が産まれた時に持って生まれたの巡り、といったところでしょうか。

でも、深見東州先生は「せんのせん」「せんのこう」「こうのせん」「こうのこう」と途中でおっしゃっていました。前から、こうした言葉は何なのかなーって思っていたんですが、ある時人から教えてもらってわかったのです。これらの「せんのせん」「せんのこう」「こうのせん」「こうのこう」というのは、それぞれ「先の先」「先の後」「後の先」「後の後」ということであり、先天世界の中の先天と後天後天世界の中の先天と後天のことで、この四段階を経て、人の運命が北極神界から降りてきて具体化する、ということだったんですね。

先天世界の中の先天と後天というのは基本的に人間がこの三次元の世界で感知することはできない世界ですね。

後天世界の中の先天と後天というのは、お母さんのお腹の中に宿って三次元のこの世界に生まれ出てくる前までが後天の先天、そして産まれてきて産声を上げて肺呼吸になってからが後天の後天という部分ですね。

だから、ホロスコープにせよ四柱推命にせよ、「命術」というのは後天の世界(後の後)から先天の世界(後の先)を「垣間見る」ものだ、ということになるみたいですね。

そういうことで、どんなに占いで見ていっても、先天の世界を垣間見るだけなら、診察だけして解決策を見出せない医者と同じようなもので、何も運命上の問題は解決しないのです。

普通は、造命するとか、後天運を作る、などといって、施しを行って徳積みをし、同時に徳積みの過程での苦労やかけた手間暇で業払いをして、それで運が良くなっていく、開運していく、つまり出会いの質が改善されていくわけですが、そのプロセスを深見東州先生の超能力で一気に乗り越えてしまおうという、この三次元の世界では困難・辛苦として顕現するの影響力を切り離してしまおうという発想なのですから、本当にすごいアイデアだし、実際にそれを現実のものとして行ってしまうというのが本当に信じられないところなのです。

人によって、あるいは自分の家によって、徳の大きさ、業の深さ、因縁の軽重が十人十色、人それぞれですから、基本的な神徳の内容は同じでも、証が具体化するまでの時間と証の規模も人それぞれになるわけですが、ほとんどの場合は、ある時突然、証が実感できるーという出来事が起きますからね。

証が早速あった人も、なかなか証が出ない人も、星は必ず差しかえられたと確信して、お祈りとご奉仕、続けていきましょうね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 先天 後天

ワールドメイト会員の娘さんで、子供の頃から親が御神業に申し込んだりして、ご両親の愛情をずいぶん受けて良い子に育ったという、そういうお嬢さんがいらっしゃいます(女子高生なんですが)。

今はまだ、自分でいろいろとお祈りすることはあんまり覚えていらっしゃらないようで、主にお母様がご本人になりかわっていろいろとお祈りしていらっしゃるみたいです。

でも、このお嬢さんが、最近少し情緒不安定気味で、家でお母様に八つ当たりしたり、お父様と口論になったりして、いろいろと大変なことが多かったのです。

この前、お母様から詳しく話しを聞いたのですが、私なりにこのお嬢さんの情緒不安定の理由の目星をつけてみました。

このお嬢さんが情緒不安定になっているのには理由が二つ(もしくは三つ)あるのではないかと思ったのですが、その中で、前回話に出ていた「相手がいいなと思う感覚を自分にはね返らせることの大切さ」に関連する理由として挙げることができるのは…

それは、この子に、言いたいことをはっきりと言ってしまうという癖が小さい時からあって、相手の気持ちを考えないでついつい余計な一言を口にしてしまうということが積み重なって、女の子の友達や、塾で会っている友達の反感を買ってしまい、それが生霊となって本人に憑いているのではないか、ということです。

つまり、相手からはね返ってきていたのは、「いいな」と思う感覚ではなく、「いやだな」と思う感覚だったのではないかと考えたのです。

これではやはり運が下降してもしょうがありません。とにかくものの言い方を改めるよう、優しく言い聞かせることが大切だと、伝えました。

あとは、やはり恋愛がらみの生霊が情緒不安定の原因ではないかということを考えたのです。二つめの理由として考えたのは、このお嬢さんが背が高くて美人で、その上学業の成績も良いので、次々と男子が言い寄ってきて、「つき合って欲しい、つき合って欲しい」って告白されるということ、これです。同級生の男子の恋愛慕情の念が、ベタベタとこのお嬢さんに貼り付いているのではないかと思ったのです。

そしてさらに、よくよく話を聞いてみると、もちろん全員ではないのですが、目立つ男子の人気を一身に集めてしまった結果、同級生の女子から結構妬まれているらしいということに思い当たったのです。

このお嬢さんの場合、自分は大人しくしているのに勝手に男子のほうから言い寄ってこられて生霊をつけられ、それが原因でさらに女子からも生霊をもらってしまうことになったのですから、なんだか割りに合わないという感じがしないでもないですね。美人は本当に大変だなってつくづく思います。

生霊ネタが続いていますが、それだけ毎日の生活で影響が大きいということかもしれません。原因について筋道を立てて考えていけば、だいたい当たりがつくのも生霊ならでは、と言えるのではないでしょうか。私たちは深見先生みたいに霊能力があるわけではないので、筋道を立てて考えを進めて、人の気持ちを考えていけば、自ずから答えが出るという感じですけどね。

人間が妬み・そねみ・ひがみの想いを出す時には必ず一定の条件が伴いますから、まずは、生霊を受けるような言動を控え、次には生霊をつけっぱなしにせず定期的に払っていく、といったやり方を取って、生霊に振り回されるのは最小限に抑えたいものです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 生霊

深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。また、ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。

2回目の霧島神業が終わりました。深見東州先生が本当に言葉では言い表せないほどの大変意義のある事柄を明らかにされたのですね。本当にお疲れになったことかと思います。深見東州先生誠にありがとうございました。

今回深見東州先生が明らかにして下さった内容はあまりに壮大で、ちょっと普通の想像力の範囲を越えているという感じがしますが、いろいろと教わって「何事もより良く動かしていく」という心掛けとお祈りと行動、これらが本当に大事になるのかなーっていう印象を持ちました。ますます日頃の想念の状態に注意しないといけないと思いました。

ところで、神事会場でいろんなお友達と話している時に、やっぱり支部の場所って大事、それから自分の家とか部屋の場所って大事、いい加減にできないよねーっていう話になったのです。

さっき帰ってきたのですが、一休みしてから改めて深見東州先生の「大除霊」を久しぶりに読んでいたら、こんな文章がありました。

大除霊20120506A02


「…直感、概念、認識という順で、人の人生観が決まってしまう…すべての原因が『ふとした感覚』にあるのだから」

そして、続きに

「では、この良き『ふとした感覚』を生むためにはどうしたらいいのだろうか。明るく発展的な感覚にし、自分自身のご本霊を発動させるためにはどうしたらいいのだろうか。」

「まず第一が、少しでもいい土地に住むことである。」
「第二に少しでもいい人間とつきあうことである。」
「第三に少しでもいい自然の景色と気にふれることである。」
「第四に少しでもいい神気にふれることである。」
「第五に、少しでも人生を明るく前向きにする言霊の宿る、いい本を読むことである。」
「第六に少しでも美意識を高める芸術にふれることである。」
「第七に少しでもいい心と感覚を呼び起こす、色彩とムードのあるインテリアを選ぶことである。」
「第八に少しでも明るく前向きですがすがしい感覚になれるファッションを選ぶことである。」
「第九に少しでも日あたりのいい家と部屋に住むことである。」
「第十に少しでもいい念と感覚が出てくるよう、いい思いを湧かせる祈りを習慣化させることである。」
「第十一に少しでもいい感覚を人に与えるような態度、言霊、礼を行い、相手がそう思う感覚を自分にはね返らせることである。」

「このようにして自分を豊かに明るくし、意欲的で、発展的で、美しく、すばらしい世界を大切にしている人間は、ますますいい感覚といい人、いい認識、いい運気に恵まれるようになるのである。」

とあって、やはり「どこに住むのか、それが一番大切だ」と書いてあったのです。

これまでも、支部を新しく選ぶ際に、何度も場所選びの大切さを痛感してきたのですが、改めて土地の因縁というものについて考えさせられました。

引っ越しをしてから何となく落ち着かないとか、怪我が増えたとか、もめごとが続いているような気がするとか、とにかくいろいろあるなあ、なんて感じる人は、もう一度引っ越し直すほうがいいかもしれませんね。でもその時には、本当に慎重に方位と場所を選ぶようにして下さいね。

それからもう一つ、軽々しく考えてはいけないと思ったのは、この中の十一番目、一番最後ですが、

「第十一に少しでもいい感覚を人に与えるような態度、言霊、礼を行い、相手がそう思う感覚を自分にはね返らせることである。」

というものです。

実は相手の出す念、周囲からもたらされる念で、かなりの程度、運気を左右されているのではないかと思わされることがあったのです。

詳しくは次回に書きたいと思います。


次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

 | ホーム |