ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

運が良い人というのはどういう人のことをいうのでしょうか。前回、一つのことを最後までやり遂げることができた人は運が良いという話しをしたのですが、今回は世の中との関係で考えてみます。

運が良い人というのは、社会運という視点から見たときにどうかというと、「いつも他人から引き立てられている」ということになるようです。人の引き立てを受けるのは、その人が過去人の信頼を裏切らなかったからです。つまり人の道に外れたことをしなかった、という人が他人様から引き立てを受けることができる人なんですね。頭ごなしに何かをしたり、恩のある人に対して後足で砂をかけるようなことは決してしないで、いつも相手のことを考えて思慮深く行動している人のことです。

相手の足跡を見て、全てが成就しているという人がいたら、そういう人というのは、多少の相性の悪さを差し引いても一緒に行動してその強運・好運の恩恵に預かるべき人なのです。

相性の良し悪しにとらわれないで、相手の強運な様子を踏まえて、その人の長所を学ばせてもらおうという考え方をしてお付き合いすべきなのです。そうすることで、自分もその人の強運に預かることができるのです。

つまり、相性の良し悪しという観点だけでお付き合いする相手を考えてしまうと、間違える場合が出てくる、ということなのです。どういう人とお付き合いすべきかを考えた時に、相性だけが大切だとは限らないのだ、ということです。

忘れてはいけないのは、欠点のない人など存在しないように、悪いところが生じない人間関係などあり得ないのです。どんなに相性の良さそうな相手でも、必ず不満や衝突、すれ違いが生まれる時期があるのです。しかしそうした人間関係の陰の面を、長い目で見ていくように心掛け、自分の糧として受けとめて乗り越えて行くからこそ、その人間関係の持ち味というものが出てくるような気がします。

ですから、ちょっと気に入らないことがあるとすぐに相性の良し悪しばかりを考えてしまうようでは、人とお付き合いすることの面白さはなかなかわからないかもしれません。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 人間関係

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

相性というのはどうやって決まるのでしょうか。人によって違うとは思いますが、中には、初めてあったその瞬間に、「この人とはウマが合うな」とか「この人とは友達にはなれないかも」とかってわかる人もいるみたいですね。相手の性格が悪いとは限らない場合でも、どうしてもウマが合わない人、なかなか好きになれない人なんかもいたりします。

いろんな占いがあって相性占いをしてもらえたりしますが、この相性を占う方法に関してもいつもの占いのお友達にちょっとお知恵を貸してもらったりして、教えてもらいました。西洋占星術と四柱推命では相性の違った面、それぞれに異なる角度から、相性について知ることができるみたいですね。いろいろと話を聞かせてもらって教えてもらってはみたのですが、西洋占星術での相性の良し悪しと、四柱推命での相性の良し悪しというのが視点が異なっていて、どちらも結局当たってはいるけれども、どちらもそれぞれに不十分のような感じもしたりして、結局なかなか納得の行く答えにはなりませんでしたね。また機会を改めてじっくり教えてもらおうかと思っています。

ところで、今世、生きているということは因果の法則の下で生きているわけですから、当然前世の影響というものがあるのです。人との相性にもこの前世の影響が現れるもので、例えば前世で敵同士の関係にあった場合は、今世で会った瞬間にゾッとしたりするみたいですね。で、そういう相手は、一緒にいてもケンカばかりになっちゃって、多くの場合、結局はうまく行かないんですね。反対に、前世で家族や近しい人だったとか、一緒に仕事をしていたという人の場合、何だか知らないけれども親近感が湧いてきたりして、ウマが合うな~って感じになるようです。

でも、人とお付き合いする時に何が大切なのか、改めて考えてみると、相性の良し悪しよりももっと大切なことが他にあるのです。それは相手の御魂が良い御魂か悪い御魂か、ということです。相手の御魂が素晴らしいものかどうか、という観点から相手のことを評価することのほうが、ずっと大切なことなのです。

そして、相手の魂の良し悪しを判断するためには、その人が送ってきた人生の足跡を見なければならないのです。過去、どういう生き方をしてきた人なのか、その点を見ていくことが大切なのですが、具体的にいうなら、一つのことをやり通してきたか、絶えず成功してきたか、志をまっとうできたかできなかったか、こういうところを見るのです。取り組んできた対象が何であっても、スポーツでもいいし、勉強でもいいし、仕事でもいいのですが、一つのことを最後までやり遂げた、物事をきちんとけじめをつけて終わらせたという人は、本当に運が良い人なんですね。(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 相性 前世

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは生ける神様に出会うことができるのですが、生きている、ということは、あちら様にもあちら様の好き嫌いとお考えがある、ということなんですね。秘法会がうまく行かない時は、参加者の打算や御利益信仰でダメになるか、祈り方が間違っていて神仏が降臨しない、というのがほとんどではないかと思います。

深見東州先生が自分の力やエネルギーを使用して、神々様や天使様達を、会場の会員の皆にくっつけるわけではないので、今回のようにすべての神様、すべての天使様達が降臨してくれないことには、お取り次ぎができないのですね。

お取り次ぎ、と一言で言いますが、要するに「神々様と会員の間にいて、会員の祈りを神様に伝え、神様の願いを会員に伝えること。また、そういう働きの人。」ということですから、深見東州先生は結局板挟みになってしまわれることが多いのです。

現地会場や衛星会場の祈りや雰囲気が凝結して、ある水準を超えて良いものになると、神々様があっという間に降臨することができて、深見東州先生もいくらでもお取り次ぎして下さることが可能になるのですが、待ち時間が辛いから、待つのがイヤだから、待つ間に用事を済ませることができるから、といって神々様に時間と手間暇を捧げるのを避けて手を抜くと、このように秘法会がうまく進まない結果になることが多いようです。今までもそうでした。

最初からずっと待っていた人、ずっとお祈りをしてを捧げていた人は、それを神々が見て受け取っておられますから、次回の秘法会の時にずっと大きな手応えを実感することができるでしょう。天地は平等ですから必ずそうなると思います。今回の秘法会が流れたからといって、費やした手間暇と時間と費用は何も無駄になったりはしないんですね。すべて神様に対する真心でしたことなら、必ずそれに報いて下さるのが神様です。

ですから、今回はいろいろと駆け引きをしてしまった人も、次回は、申し込みの締切の様子を気にしてみたり、会場にぎりぎりに来て自分だけ待つ時間を少なくしようなんて考えたりしないで覚悟を決めて最初から待つ修業、座る修業をしてみて下さい。

「この世的に忍耐し、何物かを犠牲にして祈り向かった分だけ、神は受け取り、それを何倍にもして返してくれる。そこを見て神に向かうこと、それがご神業に向かうです」というのは、そういうことだと思います。自分が神様に対してどこまでを尽くし、どれだけ真面目に、実に、礼を尽くしているのか、そこを神様が見ておられるのですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

第3段階神法伝授が終わりました。深見東州先生は、5時間以上も途切れることなくお取り次ぎをして下さいました。それから、土偶さんや九頭龍遠隔法施などのお取り次ぎもされていたみたいでした。深見東州先生、本当にありがとうございました。

でも、自分で勝手に遅刻したり、早退したり、出戻ってまた帰ってくるなど、神霊界の法則を何も理解しないまま普通の講習会か何かのように考えている会員が結構いたかもしれません。神事ではなく伝授の会なので、やはり自分でいろいろと考えて、計算して参加したのではいけなかったのでしょう。今回は、お釈迦様が現れたんですね。そして、「執着を捨てること」「執着とは思惑」ということを教えて下さって、自分の思い通りに行かないから不平不満が出る、がっかりしてしまうのだ、だから自分の計算を捨てることが大切だ、と悟ることができました。

深見東州先生は、「○○教団のKOさんや、SK教のMOさん、×L×のSTさんなど、それぞれに修養の厚みが違っており、その分、神様のお取り次ぎをしてもその厚みの違いが出る」ということをおっしゃっていました。深見東州先生は、十代の頃から散々学び続けて、現在も修養を続けていらっしゃるからこそ、最高の神様と神人合一して、奥深い神霊界のお取り次ぎができるのでしょう。そして、そんな深見東州先生の元に集って学ぶことができる、それ自体が本当に幸せであるということ、このことを強く実感いたしました。深見東州先生から直接教えてもらうこの機会がどれだけ尊いものなのか、ということですよね。

この先は、深見東州先生に国家レベルでのお仕事の依頼が増え、もうあと数年で今のようなご神業は出来なくなるということでした。今回のような濃い~ご神業ができるのも、あと数年なんでしょうね。

第2段階に続いて第3段階もなんとか受けさせていただくことができました。本当にありがとうございました。まだ、深見先生から直接お話しを聞くことができるこの時に、あの人にもあの人にも会員になってもらって、ぜひ深見先生のお話しを直接聞いてもらいたいなーと思いました。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

大元帥明王地震よけ修法が終わりましたね~。よろしくお願いいたします~といって大元帥明王様の煙をいっぱい頭とか剣とかバッグとかお菓子とか財布とかにすり込んできました。

今回は最初の井桁の周りをぐるぐる回るところから深見東州先生が直接ご指導下さったのですが、一つ一つのお話しが解りやすくて、納得しながら取り組むことができたのが本当に良かったです。

その後携帯イスを取りに行った時にお喋りをしていた方が神様に叱られたという話がありましたけど、やっぱり神様が降りてきている時は、おしゃべりはだめなんですよね。私もおしゃべりなので、注意しないと、と思いました。

その後、深見東州先生のお取り次ぎが始まって、お祈りをされると、いろいろと大元帥明王様から御神示があったんですね。2012年は想像もできないようなことが次々と起きるけど、それは大きな災いを小さく振り替えているのだから、一喜一憂しないでね、ということでした。やっぱりいろいろとあるんですね…そして、このままだと金融恐慌は5月頃から一斉に始まるらしいのですが、これを救うことができるのは唯一、白山へ行って皆で祈ること、そうすれば新たな別の道が開いて回避できるのだ、ということでした。

食糧危機がやってくるがこの時こそが日本が活躍する時で、世界の食糧危機がやってきたときこそ日本が日の目を見る輝かしい働きをすることができるということなんですが、何か新しい技術が開発されるのでしょうか。世界に食糧危機が訪れた時に日本の真価が問われるということでした。そして、その食糧危機がやってくるという時まで、この日本を守るのが私たち会員の使命なんですね。

常に誠を結集し神を動かす仕組みの斎庭がある限り、日本が滅ぶことはなく、三等国に落ちることもない、ということでしたから、会員のみんなでこの先も結集して神事をやっていくことが大切なのですね。

「悪を善に振り替え、困難と困窮を大慈大悲の大御心で救っていく。これこそが神仕組みの本質である。これこそが神の大御心である。」とおっしゃったのを聞いて、改めて納得し、これからも神様のために結集し、お祈りしたいと思いました。みんなで結集する限り、大丈夫だということが今回もよくわかりましたからね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 大元帥明王 修法 日本

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

なんだかすごい話になってしまいましたね。深見東州先生が月曜日のお昼間に登場されてお話しされたんですが、来年の日本国が空中○解に近い形になる、ということですからね。

その原因はEUギリシャのデフォルト(=債務不履行)から起きるということで…

来年の日本は、今年の30倍大変になるということでしたが、それが、実は2012年にEU発の、というかギリシャ発の世界恐慌が起きる、ということだったのですね。

ギリシャの国債が紙くずになると、ギリシャの国債を購入していたEUの銀行が潰れることになり、それが原因となって金融恐慌が起きてくるということなんですね。2012年の世界恐慌、これが今年の30倍大変、ということの本当の意味だったということですね。

このまま何もしないでいると、日本の大企業の半分は倒産する。ワールドメイトも支部のお家賃が払えなくなる。2012年の3月くらいから具体的に恐慌が始まる。そして、5月・6月から滅茶苦茶になっていく。始まりは3月だから、それまでの間になんとか神様の守護が顕現するよう、神事を行わないといけないんですね。

日本は貿易立国ですから、輸出がダメになるとどうなるかというと、輸出に頼っている会社が潰れていく。日本から輸出した工業製品を買ってくれているEUの国が購買力をなくしてしまうわけですから、製品が売れなくなって、日本の大企業は半分が潰れてしまうということになるんですね…

リーマンショックの40倍くらいの危機が世界中に蔓延し、このままいくと、3年後に○○○が倒産する。△△も潰れて、□□だけはなんとか細々と生き残る。○○車産業がみんな潰れてしまって、輸出産業が全部だめになってしまう。どうすればこういう事態になるのが避けられるのか、解決策の鍵を、今後の神事でぜひ神様から教えていただかないといけないのですね。このままでは5年後(2016年)に日本も破綻するようなので。

今後、持続可能な経済社会、持続可能な地球国家へと試行錯誤しながら移行していくのですが、その過程で起きてくる、様々な悲劇や困窮、悲しみや不幸を、どれだけ救うのかが私たち会員の行う神仕組みの大きな役割なのだということですから、今後ますます信仰というものが大切になっていくのでしょう。

立て替え立て直しの働きを表す神々が深見東州先生を通して顕現している今とこの先だけが、こういうことが起きる時間なのでしょうが、そういう時にわざわざ生まれ合わせているのはなぜか、その理由を何度も思い返していくことになるのでしょう。

2020年まであと8年なのですが、ここからいよいよ大きな変動期に入るということなのでしょう。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 EU ギリシャ 恐慌

 | ホーム |