ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2011/02 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

人間には、食欲、名誉欲、性欲など様々な欲があります。欲とは、言い換えるなら煩悩のことですが、煩悩があるから苦があり、苦があるからこそ修業が進むのだ、ということなんです。

そして、苦を乗り越えるとは、欲を抑える、すなわち節欲であるとも言えます。

ですから、人の持つ煩悩を全て否定するのではなく、自分に対しても他人に対しても煩悩というものをよく理解して、上手にコントロールすることが肝要であり、それによって人間理解が深まっていくのですね。

煩悩を全て否定し、節欲が過ぎると反動が来ます。

例えば、ダイエットをすると一時的に痩せはするものの、そのあと反動で食べ過ぎてしまってかえって太ったという話がよくありますね。

中途半端に宗教をかじった人の中には、かくあるべき、という理想や倫理観にとらわれてしまって、その基準を絶対視してしまう人が時々いますね。そして、その基準から何でも善悪を判断しようとして、現実社会の中で軋轢(あつれき)が生じてしまうことも少なくありません。

理念的観念的な理想像で生身の人間の良し悪しが判断されたらたまったものではありませんからね。支部長もコミッティもスタッフのみなさんも、そして深見東州先生も、みんな生身の人間です。ですから長所もあれば短所もあって、理想的な人物ではないのは当たり前。(それでも深見東州先生はスーパーマンだと思いたいですけど)

それでも、会員で、発願して神法を受けて、救霊師や九頭龍師になって活動したり、コミッティやエンゼル会員として神業奉仕の日々を送っている人は、そうでない一般の会員よりは素晴らしい生き方をしているのではないかと思うのです。自分のためではない時間の使い方をしているのですから。そして救霊師もコミッティもエンゼル会も全てボランティアで無償で活動しているのですから。

ご奉仕をはじめ、全ては「神様と自分」ですから、それに取り組むのは自分の御魂の進歩向上の糧としていくという前向きな姿勢があるからであって、人間関係のために行うのではないのです。ですから、支部で出会う人を見て腹を立てたり、やる気がなくなるというのは基本的な人間理解が欠けているということです。この世の全ては相対的なものでしかなく、全ては比較級だという原点に立ち戻ると、全ての人を許し、どんな葛藤や障害でも越えていける自分を作ることができます。
このように考えると、ほとんどの苦は、自分か、あるいは自分の想念が作りだした「妄想」だと言えるでしょう。どのようにして苦から縄抜けしたらいいのかわからないのは、自分に知恵と経験が足りないからです。つまるところ自分が物知らずなだけなのです。

深見東州先生も、腹立たしいことは次から次と尽きることなく起きてくるものだとおっしゃっていました。しかしどんな事でも、ものごとは相対的なもの、辛い・苦しいと自分がいくら感じても「あの時ほどではないなー」と思い出せば、何でもいつも前向きに取り組むことができ、より深い愛とより大きな愛が発揮出来るということでした。

こうした修業を、深見東州先生は十五歳で神様の道に発願されてから、四十五年間も貫いてこられたのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 宗教 煩悩

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

愛と真心で祈るだけでは本当のご守護はなかなかいただけないそうです。

肉体的な苦の他に、家庭や職場の人間関係で葛藤するなど、何らかの苦と立て替えた分だけ、自分を越えた能力が出てくるんだそうです。これが本当の超能力なんですね。

ところが現代の都会ではエアコンが完備され、暑さ寒さに悩まされることもほとんどありません。そして、環境が快適になった分だけ、昔に比べて驚くような人物が出てくることも少なくなったということです。

束縛がありながら束縛を越えていく訓練をしている人は、神霊界からの守護を受け、神仏や背後霊と一体となることができ、その人の言葉を聞いていると何だかわからないけど感動させられる、というような魅力ある人物になっていくのです。逆に言うと、魅力ある人物や傑出した人物は、一見してそのように見えなくても、必ずどこかで苦を越えた歴史を持っている人なんですよ、ということでした。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 都会 エアコン 人間関係

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ある御神業の時に深見東州先生がおっしゃったのは、「厳しいとか苦しいとか辛いといったことは、考えてみれば全て相対的な問題です」ということがありました。

「そもそもこの世には皆さん修業をしに来られたわけですから、この世にいて、苦というものが全くないということはあり得ません」

「例えば今日の御神業も、皆さんが会場に連れてきて下さった浮遊霊の重みや、皆さんの因縁の重みなどで大変苦しいのですが、それでも血統転換大神徳祈祷の前ほどの辛さではないし、やせる神徳祈祷の前の、脂肪の塊につぶされそうな言葉で表せないような気持ちの悪さほどではない。また、お能でシテを演じる本番ほどの緊迫でもないですね」

とおっしゃるのです。

「しかし、そうは言うけれども、無理矢理に何でも感謝、感謝と感謝しさえすればいいというものでもないのです。まず、より楽しかった時やより苦しかった時と比較してみます。すると、今は辛いけれども、あの時ほど苦しくはないのだから、と自然に感謝の心が湧いてきて、今が幸せなものに思えてくる。こういう方法で想念を工夫することが修業なのです。そして精神的・肉体的に劣悪な環境の中で苦を乗り越えていくのに応じてしか、神様や背後霊のご守護はいただけないのです。苦と立て替える分だけしか、本当のご守護はいただけないのです。」

「体力的、精神的、金銭的、時間的といった、あらゆる苦の中で、死ぬほど絶叫している状態の自分を大切にしていると、いつも背後霊に守られ、その分だけ、霊力、体力、集中力が授かり、言霊の稜威(みいず)も磨かれていくのです」

「そして、神仏に対するこうした絶叫こそが、背後霊を呼ぶ秘伝の一厘でもあるのです」

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 言霊 修業

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

平安時代、○○家一門を繁栄させ、そして最後には滅亡させたのはこの○○神社の神様だということでした。また、広島に原爆を呼び、太平洋戦争を終戦に導いたのもこの神様だったそうです。

この○○の神様は、なぜそのような「滅ぼす」力を発揮されるのでしょうか?

深見東州先生は、「神様の働きというのは鬼神である」と深見東州先生はお話しになったことがあります。(正確には「鬼」の頭の点がない文字なんですが。)

物事が成長し繁栄していくのが「神」の働きであり、滅び枯れていくのが「鬼」の働きです。

私たちは、滅びることを悪いことのように思ってしまいがちですが、そうではないみたいです。

新しい芽は、古いものが枯れないと出てこないのです。枯れることは悪いことではなく、新しい生み出しのために必要なことなのです。

人間は歳を取り老化していきますが、それを嘆くのはおかしいということです。歳を取ることも神様の「鬼」の働きそのものだからです。私たちは死んだら、また次に新しく生まれ変わってくることができる。だから、歳を取っても悔やむことなく、明るく元気に、気力に満ちて人生に立ち向かっていく、というのが本当の信仰心を持つ人の生き方なんですよ、ということでした。

老いゆくことや死ぬことに心を囚われてしまうことなく、永遠の魂を見つめ、明るく前向きに生きていこうという覚悟の決まった人生観。私たちはそのような人生観を持てば、本当の魂の息吹きがあふれ出て、心から豊かな幸せを感じることができる。

そういう人生観や物の考え方をしっかりと持っている人が、この○○の神様に心からの祈りを捧げれば、本当のご神力を授けていただけるのだそうです。

人生観が確立していない人に○○の神様の滅ぼす力が及んでしまった場合には、その人はただただ、うろたえてしまって、神様やご神徳の尊さを理解できないまま立ち去ってしまうことでしょう。ところが、永遠の魂を見つめていく人生観が確立できている人なら、たとえ何が滅んだとしても、「次に生まれ変わるぞ!」と言って、積極果敢に生きていくことができるのです。そしてそういう人にこそ○○の神様は功徳を授けるのですよ、というお話しでした。

滅び枯れていくものに囚われることなく、積極的に生きていく。「自分のいいところを見て、そこを伸ばしていけばいいんだ」と言い聞かせて、情熱を燃やしていく。そうすると、この神様はその「いいところ」に絶大なるパワーを与えて下さるのだということです。

「あれも、これも」と欲張るのではなく、物事を吹っ切って捨てるべきは捨てていくという生き方をする人に、冥王星の蘇りの力と木星の発展力が授かるのだそうです。

「△△の、滅ぼすべきものは滅ぼしていただき、残すべきは残し、大いに発展させていただきますように。ずるずると引きずったまま解決できない問題点をすぱっと切っていただき、新しい脱皮の力を与えていただきますように」

と祈るとよいそうです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 神社 冥王星 木星

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

いよいよ出雲神業が始まります。出雲大社って結びの神様と言われていますよね。

、と思いながらいろいろ見ていたら、ちょっと面白い記事がありましたのでご紹介したいと思います。

2011/02/10のNarinari.com編集部の記事からお借りしました。

→メッセージボトルの返事は今の恋人からだった。

目には見えない運命の赤い糸を、信じるか信じないかは人それぞれ。しかし時には本当に、神様がちょっとしたいたずらを仕掛ける場合があるのかもしれない。英国で暮らす44歳の女性は、先日しまってあった思い出の品を整理していたところ、30年前にもらったポストカードに目が止まった。なぜなら、差出人が今となってはよく知る名前だったから。実はこのポストカード、現在のボーイフレンドが6歳の頃、まだ2人が知り合うよりもずっと以前に書いたものだったのだ。

英紙サンによると、英中部バーバリーで幸せな生活を送っている44歳のマンディー・イングリッシュさんは先日、溜まっていた思い出の品々の整理をしていた。そこには1,981枚もポストカードがあり、何気なくそれらを見て懐かしんでいたそう。すると中学生の頃にもらった一枚に、子どもの字で書かれた「リチャード・モーウッド」の名前を見つける。それは昨年6月から交際を始めた現在のボーイフレンドと全く同じ名前だった。


1979 年、バーバリーの学校に通う13歳の女子学生だったイングリッシュさんは、学校行事でスコットランドへ旅行。その際に訪れたアラン島で、彼女は自分の名前や住所を書いたメモをボトルに入れ海に流したという。そして彼女のメモが入った瓶は2年の歳月をかけてゆらゆらと北へ向かい、対岸のスキップネスという街の海岸へ。これをちょうど休みを利用して海岸付近の街に遊びに来ていた当時6歳のモーウッド少年が発見した。

中のメモを見たモーウッド少年は、早速遠く離れたイングリッシュさんに手紙をしたためる。文章はボトルを見つけた場所と、自分が6歳と紹介する程度の短いものだったが、そこには必死に考えてペンを握っていたであろう、たどたどしい子どもの字が並んでいた。そして宛名の下には、欧米の手紙の〆によく使われる表現で「Love Richard」と添え、ポストカードは無事に彼女のもとへ。ところが受け取ったイングリッシュさんは、送り主が想定外に年の離れた男の子だったことに加え、「ポストカードを集めたいだけだった」との理由で彼に返事はしなかったという。こうして2人の交流は幕を閉じたのだが、今となればそれは長い“中断” に過ぎなかった。

それから20年あまり経った2003年、大人になったモーウッドさんは地元を離れ、イングリッシュさんの住むバーバリーにほど近い街ハルにやって来る。まるで運命に導かれるように物理的な距離が縮まった2人はいつしか出会い、昨年6月から交際をスタートさせた。

そして先日、30年前のポストカードを見つけたイングリッシュさんは、差出人が彼本人なのかをたずねることに。すると彼からは「漠然とだけど、メッセージボトルを見つけて、母親に『返事を書くように』と言われた記憶がある」との答えが返ってきた。こうして2人は、互いに子どもだった30年前に繋がりがあったという事実を知ったそうだ。

ボーイフレンドがあの時の少年と分かったイングリッシュさんは「気絶するかと思うくらい衝撃を受けたわ」と、その驚きは相当なものだったようで、一方のモーウッドさんもこの発見は「信じられない」と語っている。  

また、モーウッドさんは最も驚いたこととして、当時のポストカードに添えた「Love Richard」の言葉を挙げ、「今は本当に彼女を愛しているよ」とも。意味合いは違っても、「Love」の言葉で結ばれた2人の関係にただならぬを感じているようだ。運命的な手紙を見つけ、愛を深めた2人。これからもきっと、一緒に幸せな時間を過ごしていくことだろう。←


ということなんですが、これって、やっぱり深見東州先生に教えていただいたことなんかを思い出してみると、お互いの守護霊さんのお導きなんじゃないかって思いますね。

いろいろと出会いはあるけれど、どれも神様の守護があってこそ。

これからもどんな人とごができるか、楽しみです。


次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 出雲大社 守護霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ある時、ある神社の社頭で深見東州先生がお話しになったことがあります。

その神社の神様は、例えば、比喩で言うと、「生かすべきものは生かし、殺すべきものは殺す」という働きをするのだそうです。

そして、そのような生死を司る神様は、太陽系という枠組みで考えた時、冥王星の神様であり、その○○神社の元の神様は実は冥王星の神様だということだったのです。

また、○○神社の神様は、冥王星の働きだけではなく、同時に木星の発展力も持っていらっしゃるということなのです。その神社の境内には趣きのある回廊があるのですが、これが、実は木星の宮殿に大変よく似ているということです。

この○○神社の神様は、潰すべきは潰すという厳しい力と、残すべきは残し、甦らせて、どんどんと繁栄させていく力と、この両方を持っているということでした。

こういう神社が実際にあるんですね。

それにしてもなぜ、「滅ぼす」という働きを神社の神様がなさるのでしょうか?

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 神社 冥王星 木星

 | ホーム |