ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊界法則で忘れてはいけないのは「霊界とは似たもの同士が集まるところ」という点です。

死んだ後、自分の肉体から離れて霊体の自分になった時には、自分が内心思っていた事柄に即した姿、すなわち自分の心の内面の通りの姿になります。肉体の衣で隠すことができなくなるからです。そして、想念の在り方が霊体の存在の在り方を直接決定することになるので、想いが似たもの同士で集まるようになります。こうしてそれぞれの霊界が出来上がるのです。

だから、生前、利己的で自分のことしか考えないような癖、自分中心に考えるような習慣を持っていた人は、そういう想いの塊なので、そういう霊ばかりが存在する世界に集まっていくことになります。これがおそらく地獄でしょう。

逆に、人のことを思いやって、温かい心で過ごしてきた人は死後そういう想念そのものの霊体となるので、そういう霊ばかりが集まっているところに合流することになります。

何がいいたいのかというと、実は現実のこの三次元の世界においても、自分の想念、即ち自分の内面の心の在り方が自分の出会う対象を決める、という法則があるのです。いわゆる引き寄せの法則ですね。

そして、この法則が結婚相手を選ぶ際にも大切になってくるんですね。

つまり、相手として自分の前に現れる人というのは、その時の自分に相応しい人が来るんだ、ということなんですね。

人は自分と同じレベルの人、自分と同じ霊層の人と結ばれる、という法則があるのです。

ですから、どんなに「素晴らしい相手と出会って結ばれたい」と思っていても、現実がその逆なら、それは自分の努力が足りないということ。例えば、自分の想念が低いのではないか、毎日の心掛けの何かが間違っているのではないか、ということですね。

運が良く素晴らしい人というのは、普通、明るく楽しく前向きで積極的で発展的な人の場合がほとんど。そして、当然、明るく楽しく前向きな人というのは引く手あまたでモテることが多いですよね。

そして、こちらにも相手について好き嫌いがあるように、相手にも好き嫌いがあるのですから、自分が素晴らしい相手から選ばれるような人に成長することが、実は素晴らしい相手を獲得するために一番良い方法なのです。

自分の持つ想念の世界を良くし霊層を上げることが、素晴らしい相手とのを結実させる方法の一つなんですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 想念 霊体

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生は「霊界とは映像の世界です」とよくおっしゃいます。

そして、人の運命とは面白いもので、自分の想い描いた通りにいつの間にか実現していくということがあるのです。

心で描いた世界が、霊界であり、霊界が出来てその後現実界で物事が実現するという宇宙の法則があるからなんですね。

自分に良いことが起きるのも悪いことが起きるのも、この自分が想い描く世界に大本が存在しているのです。だから、自分の想いの世界が明るいことが最も大切なことの一つなのです。

そしてもう一点、想い描く=霊界を作る時のコツとなることは、映像を具体化する想像力が強ければ強いほど、そうした人や物を強烈に引き寄せることになる、という法則があるのです。これを活用しようというわけです。

強く確信して疑うことなく、毎日毎日具体的に想い描いたら、確実に現実化する、ということなんですね。

だから具体的にできるだけ事細かに想い描いて、そういう理想の異性と出会うんだ、と強く確信する、というのが、結婚運を変えていく方法の一つなのです。

この、確信力=霊力、という点にまつわることで、実際に聞いたことがある話があります。

現在ワールドメイトの会員の、ある女性がいらっしゃいます。その女性は神社に通っていろいろとお祈りすることや、占いで見てもらうことが以前から好きで、出雲大社に行ってみたり、占い師に見てもらったり、と楽しんでいたそうです。

ある時、まだワールドメイトのことも、深見東州先生のことも知らない時に、○○という占い師に西洋占星術で見てもらったそうです。すると、「33歳で結婚相手が見つかり、その人と結婚することになるでしょう」と言われたそうです。その時は素直にそうなんだと思ったもののしかし特に何かするということもないまま過ごしていたところ、32歳でワールドメイトに御縁があって入会されたのです。そしてその同じ年に、ある地方で開かれた神事に参加してご奉仕をしていた時に、その神事の会場で今のご主人と出会って、結局結婚されたのです。この人は、手相にも33歳の時の大開運がはっきりと出ていて、占いの結果がずばりと具体的に出たケースですね。

この女性はものすごく素直な人で、「33歳ですよ」と言われた時に、「そうなんだ」とすぐ信じたということなのです。

疑うということをあまりしない人なので、この人に話を聞いてみると「私の場合、良いことはすぐ何でも現実になる傾向が強いんじゃないかしら」ということでした。

やはり、そうなると信じて確信することで、物事を現実化していくことができているようです。

ですから、理想の異性像を強く思い描いて、私も相手も幸せになれますように、と想いを抱くことで、やはり実際にそういう相手が現れやすくなるようです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 確信 異性 霊力

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生がおっしゃる、「男運がいい女性になるための鍵」、それが発展の妙気、でした。

1.明るい気
2.やる気
3.大きくする気
4.成長しようとする気
5.やすらかな気
6.包み込む気

「発展の妙気」を具体的に言うとこの6つになるということですけど、

女性がこういう雰囲気を醸し出すと、男性が物事を成し遂げていく成長力、発展力、といったものを発揮し始めるのですね。

女王蜂は、巣全体の中心にいて、働き蜂をコントロールしています。この女王蜂のように、知らず知らずのうちに男性を操れるような自分になればいいのです。とはいっても、自分にも良く、相手にも良く、という想いが根本にあることが前提ですけどね。

で、妻や彼女がそういう発展の妙気を醸し出すと、男性がどんどん仕事に取り組み仕事を成功させ、家庭の事柄についてもどんどん取り組んで家庭を発展させ、という具合に、女性の望むものを次々とゲットして作りだしていってくれるので、結局は女性も男性も、どちらも幸せになれるわけです。

ところで運の強い男性は何が違うのか、ということなんですが、つまるところ運の強い男性は、運の良い女性=発展の気を与えてくれる女性をいつのまにか選ぶものなのです。

自分に運気をくれて、自分も相手も幸せになれるような女性をいつのまにか選んでいる。これが運の強い男性なのです。

だから、なんか今いち素敵な男性とめぐり会えない、なんて感じている女性もいらっしゃるかと思いますが、それは結局その本人に相応しい相手が来ているのを満足できない、と言っているわけですから、自分のことを「満足できない」と言っているのと同じことです。自分に相応しい相手が来る、というのが霊界の法則ですからね。

だから、相手に満足できないのなら、自分のことは棚に上げておいて相手にばかり注文をつけていないで、やっぱりまず自分を磨いて高めていくところから始めるしかないですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 男運 運気

246発展の妙気

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生がおっしゃるには、結婚がかなう条件、というか、男運がいい女性になるための鍵がちゃんとあるそうなんですが、それを

「女性が発展の妙気を持っているかどうかで、男性が結婚して成功するかしないかが決まる」とおっしゃっていました。

ではその「発展の妙気」というのは何なのかというと、なんとなく女性から発散されるムードってあると思うんですが、

1.明るい気

2.やる気

3.大きくする気

4.成長しようとする気

5.やすらかな気

6.包み込む気

発展の妙気」を具体的に言うとこの6つくらいに分解できるそうです。

そして、この発展の妙気を持つ女性になることが、男運をつかみ、さらに発展させていくのに最も大切なことなんだそうです。

この発展の妙気が出ている、という女性になるには、毎日の心掛けが大切みたいですね。

女性の醸し出す気で、男性にやる気を出させること、これが一番肝心なところなんですね。

この発展の気が乏しい女性は、男性の才能とやる気をダメにしてしまって、男も、そして女性自身をも不幸にしてしまうことになります。あなたが本当に彼を愛しているなら、いろいろと理屈を言う前に、果たして自分は夫を出世させ、発展させていくことができる女性なのかどうか、この点を一度振り返ってみる必要があるかもしれませんね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 発展 男運

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

この土日、霊璽最終決済神事に行ってきました。昼間はものすごく暑かったのですが、久しぶりに深見東州先生のお取り次ぎを見させていただきました。素晴らしい神事でしたね。

神事会場でいつもの知り合いと話す機会があったのですが、その人はいろいろと顔が広くて、いろんな人とお付き合いがあるんですね。それで、今回もいろいろと紹介していただいて、いろんな人と新しくお友達になれて、いろんな話を聞くことができました。で、その時に、結婚運の良し悪しについての話題になったのです。

基本的には、「暗い、冷たい」という人が行き遅れるみたいですよね。でも、昔も今も勝負はやっぱり外見ですよね。そういう意味では「太っている」という人もやっぱり難しいみたいですね。

でも暗いとか冷たいというのは、すべて本人の想いですから、問題は本人のものの考え方、ものの受け取り方、ものの言い方、こういうことですよね。

つまり、そんな言い方をするのも、そんな考え方をするのも、全部本人が抱えている想いの世界=想念のあり方に根本的な原因があるわけですね。

それで、結婚運を改善する方法は何なのか、ということで話がいろいろと出たんですが、その話をちょっと書いてみたいと思います。

1.幸せな結婚をした人を見習う

やはり一番大事なことは、幸せな結婚生活を送っている人を参考にすることよね、という結論になりました。幸せな結婚をした人、タイミングよく結婚した人の性格・行動を真似するのがいいね、ということです。

当然ですが、「明るい、温かい」ということが基本ですね。

問題は、明るくない、温かくない、という人が、自分が明るくない人だ、自分は温かくない人だ、という自覚がないことがある時ですね。自分の問題点に気づいていない場合、改善なんかできるわけないので、やっぱり自分が人からどう思われているのか、これをしっかりとつかむことが大事ですよね。

深見東州先生がおっしゃるには、結婚がかなう条件、というか、男運がいい女性になるための鍵がちゃんとある、ということなんですが、それをどうおっしゃっているかというと

「女性が発展妙気を持っているかどうかで、男性が結婚して成功するかしないかが決まる」ということなんですね。

ではその「発展妙気」というのは何なのか、それは次回に。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 結婚 発展 妙気

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

昨日、籠神社の団体参拝がありました。そして、メルマガで、2001年5月の時の雌島雄島神事の際に出された御神示が紹介されていましたね。

その御神示の中では、「国家のことを祈らなくなったらこの仕組は終わる。」と始まっていたと思います。会員の一人ひとりに大切なのは、国家を思い国を支えて行こうという心を生涯忘れることなく、純正の誠を貫き通すことだ、という内容でしたね。

神様が望んでおられるのは、忠君、忠国、敬神の国民を育てて、守ることだという内容でしたね。人々の内に秘められている「神性」を、教育によって掘り出し、表に出てくるよう、お互いに導き合うこと。これが大切だということだったと思います。そして神の息吹きの本質とは「創造発展」に帰結するものなのですが、それよりも尊いのは、「私なき公心が極まったもの」すなわち、自分の御利益などから離れて、ひたすらに国を想い国民を想う心こそが、いっそう神様の御心にかなう、ということだったと思います。

また、同時に白隠さんの御神示もあったと思います。そこでは、尊い心を持っていても実行がついていかないのは、「教育、育成がなく、体験が足りないから」ということでしたね。「教育が行き届いて、体験が伴うようになれば、必ず実行が伴うようになり、神仏も動いて下さるようになる。焦ることなく、自らを育て、悟りが深くなっていくそのプロセスを楽しむように」それが「神業の醍醐味だ」ということでした。

ワールドメイトの会員というのは、毎日毎日こつこつと勉強を重ねていきながら、会員として長く続けていけばいくほど面白くなるようです。信心お稽古と一緒、という言葉があったと思いますが、全くその通りですね。

ところで、国を想い、国民を想うといった内容について言うと、こうしたことはどちらかというとお年寄りの方のほうに馴染みがある内容みたいですね。

最近、やや高齢の方とお話しする機会があって、「戦前はちゃんとそういうことを教育していたのよ。だから、こういうことを言っているというのは本物の証拠よ」と聞かされて、なるほどと思いました。

今の若者のほうが、大切なものとは何なのかとか、そしてどういう「価値観」を持つべきなのかといったことについて、きちんと教えられておらず、そういう意味で根無し草になっているのかもしれません。

支部などでの会員の集まりの際に、きちんと伝えていかなければならない点だと思います。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 白隠 忠君 参拝 信心 お稽古

 | ホーム |