ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

結婚できない人の癖をいろいろと調べたり考えてみたりしたのですが、だいたい次のようになると思います。

それは、

1.結婚しなければならないという切迫感、緊張感、これに欠けている。なので、相手の真剣さを受け止められない。真剣さに欠けていると思われて結婚できない。

2.現実を冷静に、あるいは謙虚に受け止めて、今の自分や相手が実現できることとできないことがあるのを区別する、これができない。だから相手を精神的に圧迫し結局ふられてしまう。だから結婚できない。

3.相手の気持ちを考えて、言っていいことといけないことをTPOから的確に判断して、行動に表す、これができない。人の神経を逆なでする振る舞いに走るため、嫌われる。だから結婚できない。

2は女性に多く、3は男性がやや多いかもしれません。

男性は中年期以降、急激に共感する能力が低下するようです。

人の気持ちが分からなくなってくるし、相手に気持ちを伝えようとしても何をどういっていいのか分からなくなるので、女性が魅力を感じにくくなるのかもしれませんね。

なぜ男性の共感能力が急速に衰えるのでしょうか。

男性の中にも共感能力が低下する人と、共感能力を維持している人がいて、共感能力が維持できている人というのは、相手の要求や願望を確実に受け止め、解決してあげたい、力になってあげたいという気持ちを持っている男性である場合が多いようです。当然こういう人は、女性との縁ができることが多く、たいてい、結婚しています。

ところが、男性で人の話を聞けない人は、あるいは聞かない人でも同じですが、そういう男性は相手の話を聞く心理的な余裕がどうやら無いみたいなのです。仕事から来る劣等感や焦り、本来持っている劣等感が、他人におおらかに心を開いて、相手の話をきちんと聞くということをできなくさせているような気がします。だから、仕事はできないままで、したがって女性からは無神経な人だと思われて、敬遠されることになるのでしょう。

女性でも基本的には同じだと思いますが、共感能力について言うなら、女性のほうがやはり相手の気持ちに敏感に反応できる人が多く、女性同士でいつもお喋りしていることもあって、意思疎通能力が低い女性というのは特別な存在になるような気がします。

ともかく、「現実を冷静に受け入れることができない」「人の気持ちが分からない」という人と一緒に暮らすのは、やっぱりしんどいでしょうね。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 結婚 共感能力

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊界とは、想念と映像によってできあがるもの。

だから、「あの人の顔を思い浮かべて、あの人への好意をもう一度確認するの…」という女性がいるとすると、その女性に想われている男性のところへは確実にその女性の生霊が飛んでいっているわけです。

そして、この女性の想い(=生霊)が相手の男性の心に影響を与え、いつのまにかその男性が、当の女性に関心を持つようになるのです。

こうして両思いになっていくわけですが、それも男性が素朴な人の場合ならうまく行きはするものの、男性が女性の扱いに長けた人の場合、逆につけこまれてもてあそばれてしまうことにもなりかねません。

それは、「この女は俺に好意をもっているな」と気がついて、「それならこの女としばらくは楽しく過ごすことにするか、俺に好意があるなら、誘っても断らないはず」と女性側が想いを向けていることを逆手に取って利用しようとするからです。

すると女性の側は、最初に自分が好意を向けたことがきっかけで始まったやりとりなのに、やっぱり受け身に立つことになるのです。

男性が振り向いてくれたら、そこですかさず男性の誠意、男性の人間性をうまく把握して欲しいものです。自分が誘った人なのに、結局泣くことになるような結果に終わってしまったなんて、いやですもんね。

男性の善し悪しの見極め方について、深見東州先生は

1.言葉を大事に扱っているか
2.他人の悪口を言わず、聞く人を不快にさせない
3.語尾の発音が明瞭か
4.否定的なものの言い方より、肯定的、発展的な言葉遣いをしているか

といったところで分かりますよ、とおっしゃっていましたね。

あとは、その男性が何か一芸に秀でているかどうか、それも大切な見極めポイントになるようです。というのも、何か一芸で他人よりうまくなろうと思ったなら、10年くらいは普通かかるはずで、10年間一つの趣味や習い事を継続できる、ということが、その人が忍耐力があり継続力がある、ということの証拠になるからです。そういう男性なら、ちょっとくらい結婚生活に飽きたからといって、すぐよそに女性を探しに行ったりはしないでしょうから。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

雑誌なんかに「星座の運勢」っていう占いコーナーがありますよね。誕生日だけでどこまでわかるのか占いに詳しいお友達何人かにきいてきました。

まず、「星座占い」というのは誕生日から星座を決めているわけですが、自分が生まれたその日付の太陽の位置、この太陽の位置から星座を決めているということみたいです。

誕生日から星座が決まるのは、太陽が毎年同じ周期で同じ星座のところに巡ってくるからだと。これが誕生日だけで占いをする「星座占い」です。

ところが、詳しい星占い(=ホロスコープ占星術)では、太陽以外に普通は9個の星を使い、9個の星が太陽といろいろ関わったり関わらなかったりします(アスペクトというそうです)。また「ハウス」といって、個人の運命のどの部分に、どんな影響が出てくるのかを知る方法があるそうです。で、この「ハウス」は「生まれた時間」をもとにして計算するので、結局、「誕生日だけでは正確に判断出来ない」ということだそうです。

「じゃあ何を中心に判断しているの?」と尋ねたら、ある人は「アスペクト」だと言い、もう一人は「ハウス」が大事、と言うことなので、とりあえずはじゃあアスペクトのことを聞いてみることにしました。

けっこう、難しい話が多かったのですが、中には面白い話もあったりしたので。

ちょっとご紹介してみます。

深見東州先生がおっしゃるには、「やはりにあわせて、自分の因縁に合わせて、生まれてくる家とタイミングを選んでいるので、誕生日や、生家というものには意味がありますよ」ということなんですね。

で、自分の生まれた誕生日、誕生時間、誕生場所にもとづいて描いたホロスコープ因縁というか、とが表されていると言えなくもないようです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 ホロスコープ 因縁

195生霊の種類

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊といっても生きている人が出す「想い」は、実は全て生霊なのです。

でも、その中にも、例えば

愛情が奥にあってそこから来る生霊
…ほのぼのと相手の幸せを祈っている
…競技会に出場している友人・知人を応援している
…行方の分からない息子・娘が家に戻ることを秘めやかに祈っている
…しみじみと感謝の思いを抱いて、お礼の気持ちを手紙に書いている

こういうのは、いい生霊ですね。害をなそうという悪意がないのです。

こうした生霊は、実は男神・女神の顔になって後ろに憑いて守ったりしてくれます。

善なる想念の生霊は、私たちを守ってくれます。こういう善なる想念の場合は、普通は生霊とは言いません。

ところが、

妬み・そねみ・うらやみが奥にあって来る生霊
…私より先に彼ができるなんて
…あの子の彼があんなにイケメンだったなんて
…私の彼より収入も顔もいいなんて
…みんなの憧れのあの男と結婚するなんて
…あんなに倍率の高いオーディションに合格するなんて
…私はまだ独身なのに、あんなにかわいい息子を産んでいたなんて

こうした想いというのは、以前お話しした餓鬼霊そのものです。人が持っているものを「欲しい欲しい」とじめじめじくじくうずうず、想い浮かべてうらやましがるわけです。

自分の顔を想い浮かべて、誰かが自分のことをうらやましがると、それでこうした餓鬼霊がどんどん飛んできて自分の顔にべっちょりと憑いているわけです。そしてこの餓鬼霊が幸運を食べるから、運が落ちる、運気が下がるのです。だから、無闇に人に自分のことをうらやましがらせないほうがいいのです。

さらに、異性の顔を想い浮かべて「恋しい恋しい」と思っている状態、つまり恋の慕情、性的欲求の想念、これらも生霊となって飛んでいきます。蛇となって相手の異性に巻きつくのです。男性が女性のことを思い出して、ベッドの上での行為を想像したりすると、実際に夜な夜な男性の生霊が飛んできて、女性を押さえつけて金縛りに遭わせる、といったことも起きます。自分の性欲に突き動かされて暴走しているんですね。

もっとひどくなると、嫉妬・怒り・憎しみ・怨み、となってきて、これは完全に「嫉妬の蛇」「怒りの鬼」「憎しみの蛇」「怨みの蛇」という形で怨む相手の霊体に巻きついて取り憑く、ということになってきます。

こういう生霊に憑かれた場合は、程度がそんなにひどくないうちはまだしも、ひどくなってくると、取り憑かれた側は「いらいらして癇癪を起こしやすくなる」「安眠できない」「頭痛が止まない」「肩こりが異常に激しい」「夜金縛りに何度もあう」「目がしばしばする」「手首が痛い」「腰が痛い」という症状に悩まされるようになります。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊は、自分が出すこともあるし、人からもらうこともあるし、とにかくこの世に生きる限り、一番やっかいなことの一つです。自分ではできるだけ生霊を出さないようにしているつもりですけど。

特別なプロジェクトの担当者に抜擢(ばってき)されたり、みんなの前で社長から一人だけ誉められたり、オフィスで一番の美男美女を恋の相手に射止めたり、三人くらいの男性と付き合っていてその中の一人と婚約したんだけど、他の男性は二股三股をぜんぜん知らなくて、めちゃショックだった、とかっていうことがあると、当然関係者や周囲の人たちは、露骨に態度には見せなくても、うらやましいなーと思っているでしょうね。なかには、何でも自分が一番じゃないといやだなんて勘違いしている人がいて、くそーと思っていたりするかもしれません。

深見東州先生から教わったのは、この「うらやましい」という念が、実は餓鬼霊となってねたまれている本人にべたべたと憑くっていうことなのです。餓鬼霊というのは、霊界で食事がもらえなくて、おなかがすいたよーとうろうろしているあのお腹が飛び出した、鬼のことです。

ところが、人のことを羨ましがって、「いいなー」という念が出ると、これがうらやみの念、つまり生霊なんですけど、この生霊餓鬼霊となって憑くわけです。

良いものも悪いものも、人の想念から出てくるわけですが、この「うらやみの生霊」が実は人の幸運の運気を食べてしまうのです。人の幸運を食べる鬼、というのが霊界の視点から見たら、ちゃんと存在しているのです。

発展気運、さわやかな幸運というものが食べられてしまうのです。

すると、つまりこういう生霊が憑いているとなんとなく冴えない、いまいち、という感じの運になってくるのです。運気が落ちてくることがあるわけです。

それを巻き返すには、外からつけられる以上に自分が良いものを呼び込めばいいのです。邪念や邪気を投げつけられる以上に、良いものを自分に引っ張り込むしかないのです。

泥水をかけられたら、今度はきれいな水が自分に降ってくるような場所に行くとかして、改めて自分をきれいにするしかないわけです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 餓鬼霊 霊界

193怨み霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトの救霊、これを体験するとホントにちがうんですよね。

霊とは想いの塊です。想念の凝り固まったものが「霊」なんですね。「特定のある傾向を持った想いを持ち続けていて、その結果、ある種のプラスやマイナスのエネルギーを発散している想念体」なんだということですね。

家を代々怨んできた霊=先祖に殺されたとか、個人の輪廻転生(りんねてんせい=生まれ変わり)の過程でいろいろあって怨むようになって、今も怨み続けている霊とか、そういう怨み霊たちが誰にでも憑いているわけですが、救霊を受けるとこういう憑いていた霊を救うことになるので、結局自分も救われることになるわけです。

怨んでいる=自分に対してひどいことをした人に怒りを抱いている、ということなので、怨み霊が憑いていると、本当は苦しいし重たいのです。

想いの世界も明るくて軽い、というのと、暗くて重い、というのと、両方ありますよね。自分が暗い想いに沈み込んでしまった時に、気持ちが軽い、と感じる人はいないと想いますけど、明るい想いは軽く、暗い想いは重いのです。そして、怨む想いは当然、重い。だから、怨み霊が憑いている、ということは、「重たくて暗い想念が取り巻いている」ということなのです。

また、霊とは想いそのものなので、怨み霊=暗い想念の霊が自分に憑いていると自分の考え方や振る舞い方も暗くなってくるのです(本当です)。

そして、世の中、実は似た者同士が引き合うという法則があるので、暗い人は、暗いところ、暗い相手、暗いものに御縁ができやすいわけです。

これでは運はなかなかよくならないのですね。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 怨み霊 想念 輪廻転生

192霊障

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

人間は肉体霊体神魂の三層構造でできていると深見東州先生はおっしゃっています(まるで大きな箱の中に中くらいの箱が入っていて、さらにその箱を開けると小さな箱が入っているというあれみたいな)。

霊とは、別の言い方をすれば、「念」のことで、今あなたが思ったりすることも念なのですが、死んだ後も「念、つまり想い」がこの世に残ってしまうと浮遊霊、なんていったりするわけです。

霊障とは、例えば、霊の中でも人間の日常生活の支障となる存在、人の幸福を妨げたり、人を不幸に陥れるような存在全般をさす、と言うことができるでしょう。

霊に関する正しい知識があれば、自分自身や、自分の家族、また友人や恋人を不幸からある程度守れるようになります。

また、日常生活で本当に危険なことは何なのか、そういうことも分かるようになるのです。

自分一人について、徳と劫を考えた時にも(徳と劫についてはこちらをクリック→189徳と劫)個人の生まれ変わりからくるもの、そして家代々に伝わるものと少なくとも二種類があるんですね。

同じように、霊障についても、自分の生まれ変わりが原因となるものと、家代々に伝わる霊障とに、大きく分けることができます。

しかし、霊界とは人の想念が作りだした世界であり、それ故霊界は無限であって、千変万化なため、霊障の種類をすべて分類して説明することはおそらくできません。

そこで、深見東州先生がお話しになっているものの中でも代表的なものについて、しばらくの間、説明してみたいと思います。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 霊障 肉体 霊体 神魂

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

第一回ハットハットソサエティ大会がありましたね。

今回のためにドレス、帽子、靴などを新調したので、懐具合がちょっと痛かったんですが、やっぱり参加して本当に良かったです。

受付やスタッフの方、着替え室の女性スタッフの方、イケメン男性スタッフの方、どうもお世話になりました。ありがとうございました。

私が一番嬉しかったのは、久しぶりに深見東州先生と同じ室内にいさせてもらうことができたということですね。

スタートは少し遅くなりましたが、始まってからは深見東州先生の美声は聞けるし、すぐそばで深見先生のお顔を見させていただくことができて、大満足。本当に楽しい時間を過ごすことができました。

お食事もとっても豪華でしたよね。こちらもとっても美味しくて感動しました。オークラだとやっぱり違いますね。

こうした費用、時間、労力を私たちのために使って下さって、本当に深見先生に頭が下がります。今回の大会に参加することで、私も含め、みなさんで改めて情熱を確認し合うことができましたね。

みんな、「深見東州先生のことをどんどん伝えていきたい」って言ってましたから、深見東州先生の情熱と心遣いはちゃんと分かってもらえたと思います。

良い御縁の輪がますます広がっていきますように。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 御縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

どんな人にも前世があり、したがって前世での生き方の良し悪しが原因となってその人なりのの持ち分、の持ち分というのがあって、今世、この世に生まれてきます。

そして、物事に臨む機会は均等に平等に与えられてはいるのですが、同じことをやってもうまく行く人となかなかうまく行かない人がいるし、同じ女の子で生まれてきてもクラス一番の美人でどうやっても絶対勝てないっていう子もいれば、男の子は誰も振り向いてくれないっていう子もいるわけですね。

深見東州先生が審神(さにわ=霊的な背景や物事の奥、心の奥を見通して、正体や本来の性質を見定めること)したところでは、今世スーパーモデルで生まれてきている人は、前世でお医者さんをしていて2,000人助けたとか、看護婦をしていて3,000人の政治犯を救ったとか、そういう人が多かったと思います。

また、深見東州先生がおっしゃるには、前世で定まった一人の個人の運命は、今世の人生の8割程度をほぼ決めてしまっているのだそうです。すなわち、生まれた時の生年月日と時間によって、ほぼ人生のコースが決まっている、ということなんです。そして自分の意志と想念で自由に改変できるのは2割くらいです、ということでした。

でも、将軍様と乞食が同じ日付の同じような時間に、おなじ江戸市中に生まれたとかっていう話もありそうですけど、その場合はどうなるんでしょうか?

これはつまり先祖が違うということ、すなわち、「生まれた家の」が違う、ということになるんですね。

ですから、運勢の節目が来て、いよいよ実力が発揮されるべき時が来た、というときに、同じ運勢の生まれなのに、将軍の跡継ぎのほうには次期将軍への準備として副将軍に指名されるということが起き、もう一方の乞食のほうは、いよいよ乞食の頭目となって、他の乞食の上がりからピンハネできる立場になって「不労所得が増えた(?)」くらいのことがようやく起きる、といった違いになったりするかもしれません。

個人の生まれ変わりから来るに加えて、自分の生まれた家の、すなわち先祖が積んだというものがあるんですね。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 審神 前世

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

とは「び」のことなんです。別の言い方をすると、「巡り」とか「巡り合わせ」ということになるでしょうか。

で、その人のの良し悪しは、を良くする要素とを悪くする要素とがあって、そのバランスがどちらに傾いているかで決まってきます。

を良くする要素を「(とく)」といい、運が悪くなる要素を「(ごう)」といいます。

自分の今の持ち点、というのが実はあって、の持ち点が多い人は運が良い。

の持ち点が多い人は運が悪い。

そして、もどちらも多く抱えている人は、運気の上下の変化が激しい。

も少ない人は、生命力が小さい、と言えるかもしれません。

そして、人の運の良さを計る尺度があって、

A…好きではない仕事をやるしかない …少し因縁が重い

B…(A)に加えて、人間関係で苦しむ、どうしても人ともめる
…やや因縁が重い

C…(A)(B)加えて、病気で苦しむ、なかなか健康になれない
…なかなか因縁が重い

D…(A)(B)(C)に加えて、貧乏で苦しむ、お金で苦労する
…かなり因縁が重い

E…(A)(B)(C)(D)に加えて、一族親戚が殺される、事故死する、病死する
…最も因縁が重い

この中のどれに自分や周囲の人たちが当てはまるかを観察してみれば、だいたいその人の因縁の軽重が分かります。

ばかりでが少ない人だと、程度の軽い重いはありますが、毎日毎日、もう30年も病気の治療で苦しんでいます、とか、どの職場に行っても同僚ともめて、鼻つまみものになっている、とか、どんなに頑張っても自分がやりたい仕事に就けないで、気がつくと60歳になろうとしていた、といった具合になってきます。

がもともと少なくて、運が良くてお金持ちの家に生まれてきて、という人だと、ちょっとだけ(A)かな、でも特に不満はありません、という感じになったりします。

でも、(A)~(E)のすべてが当てはまる人はあまり見かけないかもしれません。普通は、(A)だけ当てはまる、とか、(A)(B)の二つは当てはまる、とか(A)はないけど(B)だけが当てはまる、とかっていう人が多いと思います。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

先の週末に、久しぶりに氷見神事会場に行ってきました。

お友達と一緒に車で行ったんですが、行く途中、行けば行くほど吹雪になるので本当に着けるのかなーって心配しちゃったんです。

でも現地に到着したら、あたり一面きれいな雪景色で、しかもあんまり寒くないんです。

砂浜がまっ白で、海と風と…少し曇っているけど気持ちいい!

氷見初日

嬉しくなっちゃって受付を済ませたらすぐ海岸に出ていっぱいお祈りしました。

先祖のこと、自分のこと、お友達のこと、自分の発願のこと、今年の目標のこと、新しい支部のこと…書き出すときりがないんですけど、どんどんお祈りしちゃって。

菊理姫様がいくらでも聞いてあげるわ、とおっしゃっているのに、お祈りしない手はないですよね。

気がつくと2時間ぐらい祈りっぱなしになってしまいました。入門篇のお祈りでずっとお祈りを続けていると、気持ちよくなるからどんどん祈りたくなるんですね(まだ受けていない人は早く受けて下さいね)。

青山塾の皆さんの御神業が夜中にあって…私も一緒に見させていただきました。皆さん気合が入ってましたね。

翌日は、お風呂と「きときと寿司」のセットで、またまたいい気分。ここのお寿司、以前に比べると少し味は落ちましたが、それでもまだまだいけますね。

会場に戻ってくると遠くに立山連峰が見えて、またまた気持ちいい!それから命ごい形代を書いて、お祈りして、帰ってきました。

氷見二日目

上映されたビデオも素晴らしかったし、深見先生のお話しも聞けて。

久しぶりに楽しくまた充実した週末になりました。ありがとうございました。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 先祖 菊理姫

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

長々と話してきましたが、もう一度簡単にまとめると、次のようになります。

家代々に伝わる病気、兄弟姉妹の奇病、家の姉妹全員がまったく結婚できない等、特定の悪因縁と思われる傾向が自分の家族に見られる場合、地獄に落ちた先祖霊が影響を与えている場合が実は多い。

私たち子孫が徳を積むことによって、そういう先祖と自分たちと、両方を救うことができる。

そのためには、開運につながる「徳積み」とは何かを正しく知って、それを実践すればよい。

そのためには、徳積みの本質=真髄を体得することが大切。

真髄とは、到達するものではなくて、私たちが感動したり楽しんだりして何かに没入している時に、自分自身の中に活き活きと存在するもの。そうした真髄を知るには、頭で知的に理解しようとしないで、体得すればよい、体で覚えればよい。だから、真髄を体験し体得するためは、体を動かして目前の事柄に打ち込めばよい。

ところで、形あるものに心を奪われると、執着心が生まれそれが妄念妄想となり、結局はそれが地獄へ落ちるきっかけとなる。

一方、無形の宝を積み続けていると、ある時から有形の、つまり形ある宝となって現れて出てくる、という法則(=化する働き)がある。

だから、有形の宝にとらわれることなく、無形の宝を積み、神様からのご褒美=功侯をいただくことに心を向けることで、地獄へ落ちることも避けられるし、やがて無形の宝が有形の宝となって身に備わるため有形の世界も整えることができる。

結局、有形の宝に執着せず、無形の宝=徳を積んでいくことが正しくできるようになれば、すなわち打算なく無心に体施・物施・法施を楽しみながら続けていくことができれば、人の役に立つことで結局は自分を救い、自分の家も救い、ついには有形の世界でも自分を幸せにできることになる。

「無心に楽しみながら体施・物施・法施を続けていく」これこそが本当の開運につながる徳積みのあり方なのです。

無心に楽しみながら徳積みをしていくことは、天地自然の法則にかない、神霊界の法則にかなっているので、おのずから信仰の本質を体得することになるのです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 徳積み 有形 無形

186智恵と証覚

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

徳積みを実践していくことで神様からいただく功侯とは、実は本人だけが授かるものではないのです。私たちを守護している守護霊にも功侯が授けられるんですね。
 
私たちの頑張り度合いに応じて守護霊も数が増えて守護霊団になったり、私たちの目標に応じて守護霊団が入れ替わったりするのですが、どうして守護霊たちが私たちを守り続けているのでしょうか。それは、愛と誠なんですが、守護霊もまた、徳を積んで功侯を授かろうとしているのです。つまり、守護霊として活躍することで、徳を積む修業をしているんですね。そして、その修業に合わせた形で功侯が授かり、神霊世界でのランクも上がっていくようです。
 
私たちが徳を積んで、功侯を授かることは、同時に守護霊もまた功侯を授かることになるわけです。
 
それから、徳を積み、功侯を授かり、さらに徳を積んでまた功侯を授かって、さらに積んでさらに授かって…と続けていくと、あるレベルまで来たら、ひとつの悟りの境地に至ることが可能になります。
 
ものごとをより大所高所から見ていくことができるように御魂が進歩発展するんですね。
 
これを御魂に智恵と証覚が備わるといいます。
 
そして、ここからさらに大善を積んでいくと、より一層大きな徳と、功侯を積むことができるようになるわけです。

続きを読む→ここをクリック 

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

独善偽善小善のおそれは確かにあるんですけど、善を行う時、人に益することを行う時は、あまりくよくよしなくてもいいみたいです。

日本神霊界では、神様は親の親の、そのまた親をさかのぼっていったその元の親、つまり神様とは私たちの先祖であり、私たちはその神様の子孫だということになっていますので、神様との関係も礼節をふまえつつも親しみ深く、というか親しみ深く神様にお願いしつつも礼節も忘れないで、という感じで、「どうか神様、間違っていたら許して下さい。考え方が浅かったら勘弁して下さい。知恵が足りないなら正しい方向を教えて下さい」と祈ればいいみたいですね。素直にそのまま祈ることが大事みたいです。

善行を為そうとする際に一番大切なのは、自分の心が真心ひとすじかどうかということですから、自分の誠をその時その時に確認しながら、どんどん人に益する努力をしていけばいいんですね。

そして、をどんどん積んでいくと、そのが極まってきます。が極まった結果、「功侯」、つまり神様のほうから見た「功(いさおし)」が立って、無形の「候(こう=きざし・兆候のこと)」となります。つまり、を積んだという実績を神様に認めていただいて、その証(あかし)をいただくのです。これが「神様から功侯を授かる」、ということなのだそうです。

功侯についてもう少し具体的に言うと、天界における爵位であり、神様から見たご褒美にあたるものであり、手柄を立てた功績の度数という言い方もできる、と深見東州先生がおっしゃっていました。

平たく言うと、真心で為した布施行の誠を神様に受け取っていただいたので、その結果として霊的な名誉とご褒美をいただいたということですね。

そして、神霊界にも階位があり階層があって、地位・名誉・位(くらい)といったものもちゃんと存在するそうです。だから決してだれでも平等に扱われるわけではないそうです。平等に不平等にすることが本当の平等なのだ、ということなんですね。

絶対的尺度のまやかしのない基準に基づいて、各自の功績によって平等に神様から評価していただくわけです。だから、100パーセント確実に報われるのです。その結果外見上の不平等が現れるのだということです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 偽善 小善 独善

 | ホーム |