ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お百度参り398

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

最近、久しぶりというか、まあ、先月にも一度やったんですが、今月も、ということでお百度をしたんですね。某神社まで出掛けていってお祈りしてきました。

私は足袋をはいてやらせてもらいましたけど、一緒にやったお友達のご主人は素足でしたからね~石畳が冷たいのに頑張っていらっしゃいましたよ。

みんなで一緒に居たので、時間としてはちょっと遅めで当然まっ暗ではあったのですが、恐くはなかったのです(一人きりで夜にお参りするのは止めましょう!)。

それで、一回ごとに、お祈りに想いを込めていくと、なんだが途中から清々しくなってきて楽しくなってきますよね。途中からトリップするというか別世界に入っていくような感じがして、とにかく楽しくなってきました。要は没入していってたんですね。

今回は自分のことは全然祈っていないので、悲壮感も出ないし、力み過ぎることもなくて、とにかくしみじみとお祈りすることだけを心掛けてやっていたのですが、お祈りする内容と自分が一体になったような感じで、あっという間に終わったような印象があります。

お祈りに限りませんが、何でもいやいやしていることはなかなか終わらない感じがするし、好きなことに集中しているとあっという間に終わってしまうのは誰でも同じですよね。

お祈りに集中できる時は、自分の調子がいい時だってわかっているので、ますます祈りたくなってきます。ところが祈り込むことがなかなかできずに、あれやこれやと雑念や妄念が湧いてくる時は、やっぱり調子が良くないみたいですよね。どうしようもなくなってきたら、もう救霊を受けるしかないわねって感じですけど。

自分の想念のコンディションから、自分の状態を判断することができる、というお話しを思い出して、今回は結構調子良かったかも、なんて嬉しく感じながら、夜道を帰っていった、そんなお百度参りでした。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 お百度 神社

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

自分がどういう親のもとに生まれてくるのか、もっというなら、自分がどんな家、どんな環境のもとに生まれてくるのか、それは、たまたま決まったものではないということですね。

そういう両親のもとに生まれてくるのには、あるいは、そういう環境のもとに生まれてくるのには、すべて必ず理由があるのです。

そして、そのわけはというと、自分でわざわざ神様に発願して(=願い出て)そうなっている場合と、自分が生まれ変わっていくのに、前世の劫があるために、ここまでしか希望をかなえてもらえない、ということで、制限付きで生まれてきている場合と、大きくわけるとこの二通りにわけられると思います。

両親は前世自分の家来だったり、あるいは前世自分の弟子だったり、または、自分の兄弟姉妹だったりすることも結構あるみたいで、とにかく今世で親子とか兄弟姉妹とか、あるいは夫だったり妻だったりするわけですから、浅からぬ縁があるのは間違いないみたいですね。

「人は、誰でも、自分の前世のカルマ、すなわち劫に従う形で、それぞれの家に生まれてくる」という法則がある、ということでしたから、今世で家族として一緒に生まれてきている、ということは、「家の徳」と「家の劫」を共有しているわけですね。自分の生まれた家に何か強く縁があるのは間違いないわけです。そういう集まりが「家族」なわけですから、家代々の怨み霊を、あなたが救霊(=除霊)を受けて救うなら、家族全員が運が好転していくことになるのですね。

しかし、同時に、ひとりひとりに固有の、個人の生まれ変わり死に変わりの徳と劫というものもありますので、その違いが、お姉ちゃんは幸せに結婚したのに、私だけいまだに独身とかいう違いになってくるのかもしれませんね。

そしてさらには、今世で積んだ徳と劫というのも今の運命に関係してきますよね。10年前から一生懸命勉強して資格や免許を6年前に取得した、なんていう場合だと、その6年前の免許のおかげで今の収入が得られている、ということになったりしますよね。結局、10年前に一念発起して内修の徳を積んだことが自分の才能の開花につながり、10年後の今の運命に良い影響を与えたわけですからね。

今世だけでなく、前世、前々世、さらにはその前の前世から、今に至るまで、何か自分が志したこと、意義を見いだしたことといったものが積み重なって、今の自分を作り上げている、ということですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 家族 前世 自分 生まれ変わり

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。