FC2ブログ

ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生が最初のほうで、「かけまくもかしこき氷見に鎮まり給える黄金の金神、守り給え幸はえ給え…氷見の海原に鎮まり給える龍宮神界をつかさどり給える姫金神、また78体の姫金神、龍神、青龍、白龍、金龍、××龍王、紫雲龍王、アルゴル星の主宰神にます△△ューサの神…」といった感じで祝詞をあげておられましたが、なんだか氷見の海には(メルマガにも書いてありますけど)、ものすごくいっぱい神様が鎮もっておられるみたいですね。氷見の海岸でお祈りを捧げて、証しが出る人のが多いのも納得できますよね。

「白山本宮菊理姫之大神天祥地瑞之大金神之龍王のアギトに秘め置かれし玉」ともおっしゃっていました。このお名前は以前、白山に登った時に唱えたお名前ですよね。

どんなふうに神事をするのかしら、って思っていたら、あっさりと次々と進んでいくもんですから、ちょっと拍子抜けしたような感じもしましたけど、まず最初は、楕円形の×××を作って、上から××が降りてくるのを受け止めたんですね。

すべての会員に授かりまた日本国民すべてに授かる、ということで、とにかくすべての人が玉を授かったみたいですが、玉を授かることで、「自分が壁を越えていく度量によって本物の××の力が授かる」ということでした。でも、「個人のこともさることながら、自分の周囲の支部、家族、会社、コミュニティ、青山塾、学校、自分を取り巻く人達みんなに与えてこそ、本当の澄みきった神の御稜が現れる」ともおっしゃっていましたので、やっぱり利他のお祈りで活用するのが本当なんでしょうね。

その後、今度は白山の頂上を作ってお取り次ぎをされていましたが「焦った念で作らないで下さい」と何度かおっしゃっていましたよね。人の念が神様から来る神気の邪魔になってしまうんですね。

ここでの祝詞も徹底して何から何まで全部を織り込んでお祈りして下さっていました。「願わくばワールドメイトの全ての支部の隅々くまなく、エリア本部の隅々くまなく、家庭の隅々くまなく、みなみなの会社の隅々くまなく」とか、「神様の道が広がりますように、神の御心が広がりますように、神の縁が広がりますように、神の恵みが広がりますように」とか、「衰退の運と不運の運と、停滞の運と災いの一切をピタリと止めて、一切の悪しき物事をピタリと止めて、善に向かいますように、進展に向かいますように、繁栄に向かいますように、幸運に向かいますように、一切が善転し、一切が好転し、一切が向上し、一切が進化し、一切が恵まれ、一切が繁栄し、一切が整いますように、一切が正しき方向を与えられて歪みを正されますように」といった感じで圧倒的な表現でした。

それで、いろんな地域、地方から集まってきた会員の皆さんが、深見先生のお取り次ぎの後、また自宅に戻って、それで日本の隅々くまなく、神様の息吹きが二重三重に行き渡るのかな~なんて思ったりしました。

とにかく目の前で深見先生が圧倒的な祝詞でどんどんお取り次ぎをされて、私達はみんなで一緒にお祈りを捧げつつ神なるものを受け取って、ということで、毎回思うことではあるんですが、素晴らしくそして一度きりで二度とはない、という経験を、今回も経験したのでした。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 氷見

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

氷見での御神業が終わりました。3%残ったんですね。けれども、最後の追い上げで見事に100クールを達成したのは本当に素晴らしかったですね。本当に感動してしまいました。みなさん素晴らしいですね。

深見東州先生は、祝詞では、「何度もメルマガを出して、何度も天の声でお話して、みんなの祈りの誠があって、経済的条件を乗り越え、時間的条件を乗り越え、社会的条件を乗り越え、家族的・家庭的条件を乗り越え、肉体的条件を乗り越え、霊的困難を乗り越え、様々な現実社会における障害を修行の糧として受け止めて、この世の義理や約束を修行の糧として受け止めて、それらの障害を乗り越えようと神事会場や衛星会場にやってきたみなさんの御魂の輝きは、守護霊や神々の導きによってなし遂げられたもの…」なんておっしゃっていたと思います。

「日本の長所を表に出し、日本の特技を表に出し、日本国の文明・文化と日本国民の力の長所が世に現れて、C国の傍若無人なる覇権主義を止めて、KC国の核兵器を差し止めて、K国との問題もこれを平和の内に解決し、R国との○○領土の問題もこれを見事に解決し乗り越えて、外交と国際政治の中において、白山の大神、氷見の神様、メデューサの神様の働き・抑止力の働きによって、日本国をお守りいただき、日本国民をお守りいただき、安倍内閣をお守りいただき、与党の関係者も野党の関係者もお守りいただいて、バランス良く日本国の経済、外交、教育を立て替え立て直していただけますように。」といった内容と言葉遣いでお祈りして下さっていたかと思います。

すみからすみまで言葉が足りていて、私達みんな、会員のみんな、日本国民のみんな、さらには人類全体のことを祈って下さっていることがよくわかりますよね。

中でも、会員の私達は、一番に深見先生をお支えしているわけですが、深見先生も祝詞の中で「わけてもすべての会員、家族会員、準会員、また全ての会員の友人知人親戚縁者親兄弟、縁(えにし)あるものたち、一柱も漏れ落つることなく御神徳が行き渡りますように」と祈って下さっていました。

自分が会員になった後に、家族や友人に証が出たことがある方も多いのではないでしょうか。

最後のほうで、玉串に込められた誠もお受取り下さい、ともおっしゃっていたと思います。あんなふうに充分すぎるくらいに言葉が足りているから、何から何まで物事が成就しやすくなるんでしょうね。同じセリフを何度か繰り返しておっしゃっていた部分もありましたよね。

いつも何度聞いてもそう思うのですが、とにかくありとあらゆること一切のことを丁寧にきっちりとお祈りに入れていくのが本当に大切なんだって実感します。

この後は、8月にまた「つづき」とでもいうのか、「仕上げ」というべきなのか、富士山に関わる神事があるのでしょうが、この神事に向けて、言葉が足りていて、ますます霊力が発揮されるようなお祈りをしていきたいと思いました。

(続きは次回に)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

昨日の夜、戻ってきました~

                    氷見の夕暮れ

久しぶりの氷見だったけど、やっぱりいつ行っても気持ちいいですよね~

昨日は特にいい天気でしたから。

                    昼間の良い天気


ご奉仕もいろいろとさせていただいて本当に有り難かったです。天候にも恵まれて、気持ち良く過ごすことができました。

でも、深見東州先生のお話は、自分の信仰というものについて、本当に考えさせられるものでしたねー。

…………党のビデオは以前に見たことがあるので、基本的な内容は知っていたのですが、久しぶりにお話を聞いて、改めて自分の価値観について見つめ直してみようという気持ちになりました。前に聞いた時はみんな独身でしたが、今は甥っ子も姪っ子もいて、やっぱりいろいろと自分の中での響き方も前とは違ったみたいです。

「これからはその足跡が良かった、という生き方になるようしていくしかないんですよ。元には戻れないんだから、その足跡を残してきて良かった、という人生に、この先がなるようにしていくのが一番いいですよ。」

「守護霊・守護神はこれまでのあなたの努力を見ておられるから、必ずこれからの人生で報いてくれますよ。あなたの御魂もあなたの心が真実であることをちゃんと知っていますからね。」

というお話に心を打たれました。

今日はこれから支部にうかがって、深見先生の新しいお話を聞かせていただきます。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

皆様~お疲れ様でした~

今回の大元帥明王様の教え、大変耳が痛いところもありましたね。

型通りにお祈りして型通りに動作をしても、神様が来るわけではないんですよね。

義の心が乏しいから邪霊に憑かれる。自分の好き嫌い、自分の興味の有無、自分が楽しいかどうか、自分が意義があると感じるか否か、自分のやる気の有無、これらを超越して、嫌いであってもする、興味がなくてもする、楽しくなくてもする、意義を見出せなくてもする、自分にやる気が無くてもする、という時に、神様に対する本当の忠心、が発揮される、ということなんですね。

ねばならないことを、自分の主観的な感じ方や考え方を乗り越えてやり遂げていくところに、初めて神様の後押しがある。そしてそういう生き方をして初めて、信仰心を貫いたことになる。こうしたことを改めて知ることができました。

義の心がない人というのは、つまりは功利主義一辺倒で、結局自分の利害損得にしか興味がないという、ほとんど利己的な人なわけですね。

(神様のことに興味がない、やり手のビジネスマンに多いタイプ、みたいな気もしますけど…)

そして、御神業に対する喜びと感謝。それから、日々心掛けをもって、精進努力を喜びとして生きる。

こうしたことを一日も忘れてはいけないんだ、ということでした。

改めて、自分の日々の姿勢というか、毎日の心構えを振り返るきっかけになりました。

もう一度初心に帰って、自分の毎日の想念とか、言葉遣いとか、何気なく繰り返している習慣とか、見直してみようかと思いました。

やっぱり、自分の考え方の癖、言葉の癖、行動の癖、こうした癖の中に、今の自分の短所が凝縮されているんじゃないかと思っていたのですが、やっぱりそうなんだわーって改めて思いました。

それでも、やっぱり前向きに頑張っていくわけですけど。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

いよいよ、箱根神業の季節、なんて思っていたら、とうとうお知らせが出ましたね。

まず、10月12日から14日にかけて、富士箱根パース神業の〈前期〉日程で、井戸前旅館に集まって、大元帥明王修法と神伝密教師の大護摩修法があるんですね。

思い出しますね~、去年(=2011年)の大元帥明王修法のときのこと。

でっかく大元帥明王様に包まれて、静かにして言葉を交わさないで下さいね、っていうことでトイレに行っていた時に、深見東州先生がおしゃべりしていた会員に出会って、それでものすごく怒ってしまわれたっていうことがありましたよね。

とにかく生ける神様や仏様が実際に降臨して下さる「斎庭」ができあがるのは、深見東州先生がお取り次ぎをして下さって、通り点になって下さるからなんですけどね。

ワールドメイトにいたら普通のことで、あっさりと過ぎていくものだから、その尊さを忘れてしまいそうになるんですが、よそではこういうことは本当に起きないことなんですよね。

あの時の燃えさかっていた炎が、「今後2年間の厄を祓ってくれる」っていう話だったんですが、みなさんには何か証みたいなことはあったでしょうか。

私のご近所さんの中には、あの時現地参加していた九頭龍師さんがいます。その人は、今から一年前くらいの時には夫婦関係で悩んでいて、そのままいったら離婚するしかないはずっていうところだったんですが、去年の修法あと、年が変わって今年の1月に入ってから、あることがきっかけになってもうそういう心配がなくなったって喜んで話をしてくれました。その人は、箱根で修法に参加できたことで、自分達の運命が少し変わったんだと思うって言っています。

今年の御神業は、わが国と中国や韓国との関係がずいぶん悪化した状態にある中で行われます。

まず一番に、日本国と日本国民にとって最善の結果となりますように。そのうえで、中国、韓国にとっても良い結果となりますように、ということで祈っていきたいところですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 箱根 富士

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

とうとうヨーロッパの西の果てで黄金の林檎をいただいたんですね~

黄金の林檎なんて、ちょっとすごいですね。この林檎が「恵みと知恵を与える働き」をしてくれるんですね~

すなわち、一、困難を越える知恵と力、二、争いをなくす知恵と力、三、喜びと幸せを生む知恵と力、という三つの徳なんですね。

この林檎が、三体の○○様の合体だなんて、初めて聞かされた時には本当に不思議な気持ちになりましたが、それが木星の□□神界から降りてきたということですから、本当にすごい話だと思います。

一晩風にびゅうびゅう吹かれてしまいましたが、なんとか無事にまた自分の部屋でパソコンに向き合うことができています。

そして、ギリシャ神話のアトラースが、国常立之尊の幸魂だったということですから、こちらもなんだか不思議な感じがするのですが、先日のお話しの中にもあったように、彼岸から見たら化け物でも此岸から見たら仏様なわけですから、共感できる方が共感なさればいいかと思います。

最近、忙しい毎日の合間を縫って語学とかいろいろ、勉強をしていたんですね。それでスペインのこともいろいろ調べてみたり教えてもらったりしたんですが、スペインって、

カルタゴ→ローマ帝国→ゲルマン人が侵入→西ゴート王国→ウマイヤ朝→イスパニア王国→スペイン・ハプスブルグ朝→ブルボン家……

と続いていくんですが、この中の「ウマイヤ朝」の部分、つまり、イスラム教徒がイベリア半島を支配していた時に、イスラムの学者たちによってスペインに知識が蓄積され、それが後の「12世紀ルネッサンス」「12世紀のラテン語への翻訳」につながっていった、ということがあったみたいですね。つまり古典の文化がイスラム・ビザンツの文化を経由してヨーロッパに伝えられて、後の14世紀から始まるルネッサンスにつながっていく、ということになるみたいです。錬金術や占星術もこの12世紀にラテン語への翻訳が行われた結果としてアラブ世界からヨーロッパに伝わったようです。

今回のジブラルタル海峡開き神業ではそんなことも思い出したりして、この、地中海やジブラルタル海峡を、人や物が行き来したんだろうな~なんて思ったりしたのでした。

神話に秘められた謎を解く旅……素敵ですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 ジブラルタル スペイン

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霧島神業は素晴らしいご神業となりましたね。深見東州先生、誠にありがとございました。スタッフの皆様にもずいぶんお世話になりました。お疲れ様でございました。

深見東州先生は、今回のご神業でも不眠不休で魔と戦いながら、本当に七転八倒するような大変なお取り次ぎをされたとお聞きしました。本当に本当に、ありがとうございます。

考えてみれば、深見東州先生はこうした毎日を、二十五歳からずっと今日まで続けてきていらっしゃるわけで、だからこそ神々様が深見東州先生を守護し続けてくれているのですね。そして、深見東州先生のそういう姿勢と積み重ねがあるからこそ、ご神業そのものもこうして続いてきているのです。このように考えを進めてみると、神々様に対しても深見先生に対しても感謝が足りなかったなあと反省することしきりです。今回の秘鍵開示会の内容を知らされてみて、改めて神々様と深見先生に感謝しなければいけないと深く思ったのです。

ところで、神事会場となった生駒高原は大変さわやかな、素晴らしい場所でした。毎回、ご神業に適した神事会場を、必ず探してこられるスタッフの方々のお働きに、驚くと同時に感謝いたします。誠にありがとうございます。

目の前には大きな夷守岳がそびえていますし、韓国岳も視界の範囲にあって、会場としては絶好の場所でした。会員のみんなも霧島の神様に見守られている感じがして、お祈りの時の没入感も大きかったと思います。

今回はまだ6割ということで残りは4月の際の御神業でいよいよ明かされるということですから、今から楽しみというか畏れ多いというか、神々の未知なるお働きがさらに知らされるなんて、本当に素晴らしいことでありもったいないことだと思います。4月の御神業はいっそう素晴らしいものとなるようお祈りしております。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霧島

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

「人間は生まれてから死ぬまでに困難を何回越えてきたか、それがその人の値打ちなのです。そしてそれは、その人が何を成し遂げたのかよりも大切な課題なのです。」という意味の言葉で始まる熊野の大神様の御神示。熊野本宮大社に集合してお祈りし、熊野川のほとりでもまたお祈りした、私達の祈りの至らない点を熊野の大神様が教えて下さったのですね。そして、その熊野の大神様のメッセージを、深見東州先生がお取り次ぎ下さって明快に説明して下さったのです。

自分達が祈ったことに対して、ご神霊がどのように受けとめて下さっているのか、それをリアルタイムに知ることができるのですから、本当に有り難いことですね。私達は、深見東州先生という大先達のおかげで、生ける神々を実感することができて、そしてお蔭信仰ではない正しい信仰というものを知ることができ、かつそれを実践することもできるのです。

「困難を悩みや苦悩、不幸や不運と受け取らないで、自分達の成長の糧だとして受け取りなさい。信仰が本物になるための一生の宝なんですよ。」

ということですから、目先の困難や苦労に気持ちがとらわれたりしばられたりすることなく、神様を動かせる人となるよう、神様に動いていただける人となるよう、頑張りなさい、ということなのですね。自分自身でどこまで実践できているのか見直してみて、至らないところは改めていきたいものだと思いました。

先日、支部に初めてお越しになった方で、○○会というところで23年間信仰してこられたという人がありました。そしてこの人は、自分が幸せになれたという実感が全然持てなくて、今回入会され、私達の支部に来られたのです。そして、この方が支部にお見えになる時にはいつも、支部のご神前でご自分のお蔭のお祈りばかりされていたのだということが、この前ご本人と話しをして初めてわかったのです。20年以上も信心されてきたのに、お蔭信仰ではない、生ける神々に動いていただけるように祈る方法をまだご存じなかったのですね。それに比べて私達は、ワールドメイトに入会してすぐに、そして何度もくり返しその方法を教えていただけるのですから、やっぱり本当に幸せなんだなと思いました。

神様とやりとりして、神様からお答えをいただけること、これが、やっぱりワールドメイトの会員としての醍醐味の一つではないかな~と改めて思いました。

一人でも多くの方と一緒に、この素晴らしさを分かち合いたいですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 熊野 信仰

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今回は11月11日11時11分から集合して、さらに夜の23時11分からはみんなで一斉に御祈願して始まりましたが、本当に素晴らしい御神業になりましたね。最終的に9万2000点でしたね。

深見東州先生のお取り次ぎは怒濤の勢いで約11時間くらい続いたでしょうか。本当に毎回見るたびに思うことなのですが、すごい集中力ですよね~

神事が始まる前ですが、名古屋エリア本部の移動のお話しがありましたね。中部エリア本部は伊勢に置く、という話ですね。神様はもともと名古屋にはエリア本部を作るな、とおっしゃっていたということなのですが、いろいろあって何だかいつの間にか名古屋エリア本部ができていたということでしたね。

名古屋エリアって、白川インターのそばの前の栄ビルのほうも、今の久屋大通駅のそばのビルも、両方とも行ったことがありますけど、特に今のエリア本部は結構いいところだと思っていたんですけどね~、移転してしまうんでしょうか?

伊勢神宮のお話しが出てきて、伊勢に行きたいな~って考えていたところ、内宮の神様が顕現されて、「一日千秋の想いで待っていた」ということでしたから、前から神様にはこういうふうに中部エリア本部が移転することがわかっておられたんですね。

まだまだいろんなことが秘められているのではないかと思ったりするのですが、政治の場面では、この氷見での御神業と同時進行で11日午後にはTPPの交渉に、野田首相が参加表明をしていたりということがあったんですね。氷見で神仏が顕現しているわけですから、当然こうした政治家達一人ひとりに神がかって導いていたはずです。

3300の諸仏・諸聖賢が降臨されたので、日本国だけでなく、おそらく今後のワールドメイトの進む方向についても、いろいろと指針が出されたりして、さらにはその他必要な事柄全てに、尽きることなくお答えがあったんじゃないかと思います。今回の締めくくりのお話しで、その一部をお話しになっていました。「安全化志向の人生を送っているからだ」ということでした。挑戦しなければならない時には真正面からぶつかっていくこと。主流に正面から挑戦していくという気概と度胸がないとダメだと。「人は、想い描いた夢を追求して、素直に考え、小細工のない生き方・選択をして、真正面からまっすぐ挑戦していくなら、そしてその夢を達成するのに相応しい努力のしかたを研究し、追求していくなら、そうした夢や目標に相応しいだけの意識ができあがり、技術も身について、体力も維持され、運が開いていくものだ」というところが印象に残りましたね。

どうせやるなら、絶対にトップを目指すこと、必ずトップ争いに加わるような競技をすること、これが自分が向上し続けていくためのコツなんだ、ということでした。まっすぐに的の中心を狙うような度胸と根性が大切なんだ、というお話しでしたね。まったくおっしゃる通りだな~と思わず聞き入ってしまいました。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 氷見

大元帥明王地震よけ修法が終わりましたね~。よろしくお願いいたします~といって大元帥明王様の煙をいっぱい頭とか剣とかバッグとかお菓子とか財布とかにすり込んできました。

今回は最初の井桁の周りをぐるぐる回るところから深見東州先生が直接ご指導下さったのですが、一つ一つのお話しが解りやすくて、納得しながら取り組むことができたのが本当に良かったです。

その後携帯イスを取りに行った時にお喋りをしていた方が神様に叱られたという話がありましたけど、やっぱり神様が降りてきている時は、おしゃべりはだめなんですよね。私もおしゃべりなので、注意しないと、と思いました。

その後、深見東州先生のお取り次ぎが始まって、お祈りをされると、いろいろと大元帥明王様から御神示があったんですね。2012年は想像もできないようなことが次々と起きるけど、それは大きな災いを小さく振り替えているのだから、一喜一憂しないでね、ということでした。やっぱりいろいろとあるんですね…そして、このままだと金融恐慌は5月頃から一斉に始まるらしいのですが、これを救うことができるのは唯一、白山へ行って皆で祈ること、そうすれば新たな別の道が開いて回避できるのだ、ということでした。

食糧危機がやってくるがこの時こそが日本が活躍する時で、世界の食糧危機がやってきたときこそ日本が日の目を見る輝かしい働きをすることができるということなんですが、何か新しい技術が開発されるのでしょうか。世界に食糧危機が訪れた時に日本の真価が問われるということでした。そして、その食糧危機がやってくるという時まで、この日本を守るのが私たち会員の使命なんですね。

常に誠を結集し神を動かす仕組みの斎庭がある限り、日本が滅ぶことはなく、三等国に落ちることもない、ということでしたから、会員のみんなでこの先も結集して神事をやっていくことが大切なのですね。

「悪を善に振り替え、困難と困窮を大慈大悲の大御心で救っていく。これこそが神仕組みの本質である。これこそが神の大御心である。」とおっしゃったのを聞いて、改めて納得し、これからも神様のために結集し、お祈りしたいと思いました。みんなで結集する限り、大丈夫だということが今回もよくわかりましたからね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 大元帥明王 修法 日本

««前のページ  | ホーム |