ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今、銀座の「セントラルミュージアム銀座(東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館5F)」で深見東州先生の「第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015」が開催されています(期間:2015年10月12日から10月18日まで)。

詳細はこちら→ 第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線の東銀座駅かな、この駅が一番近いと思いますけど。

初日に早速行って参りました。

今回の絵画展の特徴は、何といっても深見先生の画の一枚一枚に、丁寧で素敵な解説がついている、という点ですね。それに毎年3月にある書画展のように、初日に人がものすごく集中してやってきている、ということもなかったので、ゆっくりと落ち着いて鑑賞することができた、ということでしょうか。

今回は私は2時間程度いさせてもらって、じっくりと何回も観覧させてもらいました。解説を読んでは色づかいを確かめて、また解説を読んでは構図について納得したり、といった感じで、とにかくじっくりと落ち着いて楽しむことができました。

普段から絵画にいつも接していたりするわけでもなく、絵画についての理論などに詳しいわけでもないので、見ればわかるという鑑賞眼があるわけでは全くありませんので、今回のこの「選りすぐり絵画展」のように解説が掲げられていてそれを読みながら絵画を味わう、という体験はとても楽しいものでした(それに深見先生の作品ですから、なんとなく胸がすっとするような感じにもなったりしますしね)。

何度も同じ絵を見て、解説を読んで納得して次の絵を見て、どんどん見ていってまた一番最初の絵に戻ってきてまた解説を読んで、といった具合に何回も絵を見ては感動を新たにして、時間があっという間に過ぎてしまいました。立ち去り難い気持ちを抑えつつ、帰ってきましたが、本当にいつまでも眺めていたい、そんな気持ちになりました。

会場では作品とその解説がセットになった図録も発売されています(税込み1,300円)。



表紙はこんな感じ。

図録表紙



表紙の原画はこれ。

コウノトリ



中身の解説はこんな感じ。

富士山大鳴動



一番大きな作品は実はこれでした。

太平洋




この図録で一つ一つ作品を確認すると、もちろん原画の迫力には劣りますけど、それでも何度でも見直すことができるからとってもいいですよ。めちゃ気に入っています。

今回選ばれた絵画は、選者の方がある意図のもとに選出されたようです。図録の最後に掲載されている「あとがき」から、少しだけ内容を紹介してみたいと思います。

「無茶ぶりを発揮した魅力ある絵をならべたいところだが、お行儀がいい斯界の嘱目(※関心や期待をもって見守ること。注目すること)に値する絵を展示することにしたのだ。私なりの考えで60点を選ぶ。(…中略…)作品は作る人と見る人の共同作業で成り立つといわれている。だから絵の魅力を引き出す解説を心がける。見る人がわからなければそれっきりである。(…中略…)関係各位の強っての要請もないところで発表する展覧会なのである。何かを提起できればいいと思っている。」

ということでした。この言葉通り、どの「解説」も本当に素敵でしたよ。みなさんもぜひ、足を運んでみて下さい。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 半田晴久 絵画

深見東州先生の「こってんと転ぶ、古典的な雪の上の個展」が開かれています。

深見東州先生、お誕生日おめでとうございます。今年で62歳におなりになるということですが、お若くてそうは全然見えませんね~開会式でつけておられたネクタイ、いい感じでしたね。

今年2013年の深見東州先生の個展は、六本木の「ラフォーレミュージアム六本木」で3月18日から24日まで、開催されています。

今回も新作がすごかったですね~あれだけいろんな種類の絵を、一気に作成されたということですから、やっぱりとても人間技とは思えないですね。

新作だと思うんですが、私は、「星をはき出すヌト」とか、「ゲブのはき出すマグマ」とかが、印象に残っています。タッチがなんだかすごい迫力だったと思いました。

懐かしい作品もちゃんと展示されていましたね。「鹿嶋の森」とか、ずいぶん前の絵なので、いろんなところで見かけますけど、やっぱりいいなあと思います。

でも「ジブラルタル海峡」なんかもいいですよね-。あの淡い夜明け前の色合いがなんとも好みです。それに、「プリンスホテルから見た富士山」なんかも、あとから思い出して印象的だったりしますね。

なんだかいつまでも見ていたい気持ちがして、ほんとに立ち去り難い気持ちになってしまいましたね。

それにしても、毎度そうですが、今年もいろんな方がゲストでお見えになっていて、にぎやかな開会式でしたね~

Hさんを始め政治家のみなさんも人間技じゃないってやっぱりおっしゃっていましたね。エジプトの方の一生懸命な挨拶を聞いて、深見先生のことをとても大切に思われているんだな~って伝わってきましたし。カンボジアの方の時もすごく一生懸命で、通訳はどうするのかなって思っていたら、途中で通訳さんが入ってこられましたけど。ちょっとユニークな挨拶でした。

そしてさらに、今年はとうとうオペラ歌手のみなさんを中心に「ハッピーバースデートゥユー」が歌われましたね。すてきなサプライズでしたね。

Kさんのよくわからない歌も、迫力がありましたね~ちょっと私には理解不能な趣きでしたが…

とにかく盛大なにぎわいで開会をお祝いした深見先生の今年の絵画展、作品がますます充実してきて、本当に素晴らしい展示内容だと思います。深見先生のことをお知らせしたいという方をぜひ連れていってさしあげると良いかと思います。絵心があったり、書道を勉強していらっしゃるという方なら、絶対何かを感じて深見先生に興味を持っていただけるのではないでしょうか。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 お誕生日

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生のお話で、立春の朝に神様が降りてきて、「健康長生きが何よりも大切」と言われた、というお話がありましたね。

例えば神事の際に、深見東州先生が御祈願のためにお籠もりになると、歩くとか、トレーニングをするとか、ということが全くなくなってしまうこともあるみたいで、脚を動かすことが一切ない、という毎日もけっこうあるような、そんな日々を過ごされるみたいですね。

それで神様から「健康長生き」、こう言われて、深見先生も10日に一回はゴルフをすることにして、さらにはランニングも始めて、さらには筋トレもして、ということで、全身運動を定期的に取り入れて、体の調整を怠らないようにされるのでしょうね。

神様の仕組みをやり遂げるためには、「健康長生きが何よりも大切」なんだから、当然のことなんでしょうね。

ゴルフのことを贅沢な遊びみたいに勘違いしている人もいるみたいですが、大手の企業では接待ゴルフは普通にやっていますからね、ゴルフ場でいろんな約束が決まったり、内々に人事異動がまとまったり、商談の見通しが立ったりするみたいですから、やっている人にしてみれば、ごくごく普通のことでしかありません。(私の弟も、ある時期に、集中して接待ゴルフに毎週行っていました。その時は某上場企業の営業に関係のある部署に所属していたのです。)

会員としては、深見東州先生がお元気で健康に過ごされるなら、それに越したことはありませんから。

深見東州先生のご健康があっての、ご神業であり、お取り次ぎであり、神事であり、ワールドメイトの活動ですから。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 健康 長生き ゴルフ 接待

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生は、果てしなく、際限なく、終わりがくることなく、これでいいということもなく、いろいろな分野にわたって、くり返しくり返し、精進努力しておられます。

皆さんも、ある時には、そうした精進努力の成果を絵画展でご覧になったことがあるでしょうし、あるいは、神事の最中に、神様と一体となられてお取り次ぎをされている有り様に見いだされることがあったりしたと思います。神気の入ったお米をまいていらっしゃったり、私達が良く知っているハードロックを歌ったりされることもありますよね。

どうしてこんなに精進努力し続けることができるのかというと、それは、「精進努力すること自体をしんでいるから」なのだそうです。すごいですね。

私もそんなふうに努力できたらいいなっていつも思っているのですが、この、「精進努力」にまつわる御神示で、自分が好きだなって思うものがいくつかあるのです。

一つは、これ。原文をここに書くことはできないのですが、「御神示全集」の331ページにあるものです。内容は、

精進努力を最後までやり遂げることを可能にするものは何かというと、それは本人の覚悟ではなく、天地の導き、即ち神様の導きです。この神様の導きこそが全てです。自力で精進努力してやり遂げる人は、真ん中より下の神人ぽい人であって、本当の神人ではないのだ、ということを知りましょう」

という感じでしょうか。

また、277ページにはこんなのもあります。

「人というものは、きわめてつらい修行をしたり、しい修行を積んだりしたぶんだけが、自分の宝物、自分の技量、自分の能力となるのです。しい目に遭うことをいやがらないで、しいことに立ち向かっていくなら、が晴れてよみがえり、が幸せになって、正しい道に合った生き方になるのです。

しいことに取り組むのをいやがる心こそが、正しくないこと、正しい道から外れることのきっかけとなります。

は、自然に、どちらに偏ることもなく調和がとれた状態になるものです。だから、ばかりが続くこともないし、なことばかりに恵まれることもありません。

なことが続いて欲しいなあ、をしたいなあ、と思う人が多いでしょうが、とりあえずは苦しいことを目標にして努力してみましょう。

なこと、そして幸せは、あなたが苦しんだぶんの絶対量、一生懸命努力したあなたの誠意の量に対して、天から、恵みを合わせて与えられるのです。

こうした法則をよくわきまえて、一日一日を大切に過ごしましょう。」

という感じでしょうか。

実は、「御神示全集」の中から自分が好きなものをいくつか抜き出して、壁に貼ってあって、時々ながめるようにしているのです。自分の考え方のずれを正すのに役に立つかなって思って。

また、家の中の部屋毎に1冊ずつこの「御神示全集」を置いてあって、なんとなく手に取ってはパラパラとめくって、気になったものを読むようにしています。できれば、そのうちに全部覚えられたらいいかな~なんて考えています。

皆さんもぜひ、「御神示全集」、読んでみて下さいね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 精進 努力

灯籠流しが終わった後、直会がありましたね。スイカボルシチをいただきましたが、その時の深見東州先生のお話しが微に入り細を穿つものでしたね。深見東州先生の知識の詳しさと研究の熱心さに舌を巻いてしまいました。

もともとこの直会の時には桃が出されることになっていたようですが、何だか手違いがあって桃は食べられないことになったんですね。スタッフの方が桃を買ってきて下さったのですが、手違いで食べられないことになったみたいで…人から聞いたところではその桃をどうするか決めるのに深見先生がわざわざ試食されたみたいですね。それで会員に出すにはちょっとまだ固いという話になったみたいです。人任せにしないで、ご自身で手間暇をかけられるところがやっぱりすごいですよね。

それで代わりにスイカが出てきたのですが、それだけではなく、ボルシチも出して下さったのですね。

先にスイカを食べてそれからボルシチを順に受け取って、みんなでいただいたのですが、神戸のバラライカのボルシチに負けないくらいおいしいボルシチ、というお話しでした。神戸のそのお店はまだいったことがないんですけど、一度は行ってみたいですね。墓参りに行った時に食べると99%先祖に吸い取られるなんておっしゃってましたけど、先祖霊たちは食べ物の霊気を吸うので、実体としては目の前にあるんですけど、おいしさだけが消えていく感じなんでしょうね。

業者に対する指示の出し方なんかも深見先生の経験から編み出された交渉の仕方があるみたいでしたね。その辺の詳しい話は菱研のCDやセミナーでお話しされていると思いますけど。

だけど、お肉が自分が指定した量より4割も減らされているとか、普通なかなか分からないことだと思うんですが…他にそういう感じでチェックされているのはセブンイレブンの鈴木社長くらいでしょうか。

日本のお料理の水準が高い、というお話しも興味深く聞かせていただきました。日本の和牛にかなうお肉なんて世界にないとか、日本の和牛の種をもらってオーストラリアやアメリカでも牛肉を作っているとか、全然知りませんでした。

とにかくお話しされる時も、細やかに言葉を足してどんどんお話しになりますから、本当に聞いていて楽しいし参考になると思いました。

でもああやって深見東州先生と一緒に食事ができるなんて、いつまでできることでしょうか。今回も本当に楽しい灯籠流しになって本当に有り難いことだと思います。

深見東州先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 灯籠流し 和牛 ボルシチ スイカ

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生のお取り次ぎによる、大救霊、特別大救霊、守護霊早め交替のお取り次ぎが無事終わりましたね。深見東州先生、本当にありがとうございます。

お取り次ぎは5時間以上に及び、今回、約46万体が救われ、その内祟り霊が26万体、加えて水子霊が2500体、井戸霊が4800体、木霊が78000体救済されたということでした。深見先生は毎回、お取り次ぎのたびに激痛や苦しみを経験していらっしゃるわけですが、それでもやっぱり毎回お取り次ぎしていただいて、最後まで言霊の力で霊の心を救ってくれているのですから、本当に大変なのに私達には有り難いことだと思います。苦しくて辛いお取り次ぎに体を張って取り組んでいらっしゃる様子を見て、私達も見習わないといけないなーと改めて思いました。

今回は守護霊交替もありましたね。5年ぶりだったのですが、あの守護霊の和歌が始まるとついつい懐かしくなって浮き浮きと奏上してしまいました。本当に久しぶりでしたからねー。

私のお友達は今回の守護霊交替が初めてだったのですが、終わった後に支部で会ったら顔がちょっとキリッとした感じになっていました。ちょっと顔が変わりましたよね。今後、いろいろな人、いろいろな事柄、いろいろな書物と出会うことで、いっそう進歩していくことでしょうから、どんどん前向きに発願して毎日を積極的に生きていって欲しいなあって思いました。

それにしても、深見東州先生と同じ時を生きているからこそ、このような素晴らしい秘儀を受けることが出来るわけで、本当に感謝でいっぱいです。

タイミングを逃さず一人でも多くの人に深見東州先生の生き方を知ってもらえるよう、また自分にできることは何でも挑戦して自分の引き出しを増やしていけるよう、これからも守護霊団の皆様とともに、とにかく前進して行きたいと思います。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊 水子

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。