ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今回のお話は、私の知人-やっぱりワールドメイトの会員です-から聞いたものです。

ある会員のご夫婦のお話なのですが、そのご夫婦は、今年の秋で結婚して丸三年になります。しかし、この三年間、毎日毎日夫婦げんかが絶えなくて、ご主人のほうが、いくらなんでもちょっとおかしいんじゃないかと感じていたということなのです。

そして、今年の6月に入って夫婦ともに救霊を受けられました。すると、その時に、救霊師さんとご主人との間で、なんとなく生霊が憑いているのかもしれないね、という話になったと。見えるとか聞こえるということではなかったのですが、救霊を受ける前に、「生霊で思い当たる人はいませんか」という質問をスルーしたまま救霊を受けてしまって、最後に生霊の救霊をしてもらったところ、救霊師さんがそこのところで思いっきり咳き込んでしまい、ご主人も救霊師さんも「これはおかしい」という話になったそうです。

ひと通り救霊が終わったのち、そのご主人と救霊師さんとで話をしていたところ、もしかしたら恋の慕情の生霊-今回は男性が相手なので-女性の慕情の生霊がご主人の体に憑いていて、その生霊の嫉妬の想いで、夫婦が仲良く暮らすのを妨げられてきたのかもしれない、という話になったらしいのです。すると、この話をしていたまさにその時に、そのご主人は、同じ社内のある女性のことが急に思い出されてきて、「そうだったのか」と自覚した瞬間に体から抜けていったのがわかったということなのです。

そして、最初はどうしてその女性がご主人に慕情を抱くのか理解できなかったそうなのですが、よくよく思い出してみると、どうもご主人がまだ結婚する前に、ごくごく気軽に、勤務先の自分の所属するサークルに入るようにとその女性を誘ったことがあって、それ以来、いそいそとそのサークルの活動にやってくるようになったそうなのです。つまり、どうやらこのサークルに誘われた時に、その女性が「この人は私に好意があるのかも…」と勝手に思い込んだのではないかと考えられるというわけです。

ところが、そのご主人はというと、その、自分が誘った女性には一切構うことなく、今奥さんになっている女性のほうと出会って付き合いだして、そしてまもなく結婚してしまった、ということなのです。

今回、救霊を受けた後、その「サークルに誘った女性」がどうしているのかいろいろと確かめたところ、男性が結婚したということを聞いて以来、ずっーとずーっと「別れればいいのに」と周囲の人に繰り返しもらしていた、ということだったのです。

それで、そのご主人は改めて件の女性を食事にお誘いして、とりあえず丁寧にお詫びされて、話し合いをした、ということでした。

三年間続いてきた夫婦げんかの原因は、おそらくこの女性の嫉妬だろうと考えて、話し合いをしたということなのですが、すると、その後は、実際に夫婦げんかがぐっと少なくなったということでした。

このご主人の場合、何も計算や思惑はなくて、気軽にサークルに誘っただけだったのですが、相手の女性がその行動を誤解して受け取ってしまったことがトラブルの発端となったわけですね。

独身の方を何かにお誘いする時は、誘い方に気をつけたほうがいいのかな、と思うと同時に、やっぱり揉め事の陰に生霊あり、と再認識させられた一件でした。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 夫婦

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

女の子なら、「これが運命の出会いってやつかな?」って思いたいし、実際の出会いがドラマチックであればあるほど、そう思う人が多いはず。

世間の多くの男女は、次のような場面で「運命」だと感じることが多いみたいですね。

例1.好きな人のことを思い出しながら買い物をしていたら、偶然その人にばったり会った。それも、地元ではなくて、たまたま東京に遊びにきていた時に。

例2.好きな人にメールを送ろうと携帯で打っていたら、相手からメールが届いた。別々の場所で、同じ時にお互いのことを想っているというのがよく考えたら奇跡的。

例3.別れた彼女と『10年後の今日、お互いに独身だったならこの場所でもう一度会おう』と約束したその当日になって、ふとその記憶がよみがえってきたものだからその場所に行ってみた。すると元カノも来ていて、10年間の思い出話でけっこう盛り上がってしまった。同時に、昔の感情もよみがえってきて、もう一度つきあうことになった。

どれもけっこう劇的で、なんかいいですよね。

で、これを霊的な側面から考えたらどうなるかな~って考えていたところ、次のような話を聞いたことがあったのを思い出しました。

深見東州先生のお話しで思い出したのは、男女の好みは基本的には「性的な好み」だということでした。遺伝子上で自分に欠けているものを相手に求めたりする場合もそうで、「においが好き」とか、背が低い女性が「背が高い男性がいい」っていうのとか、とにかく理屈抜きに生理的に好き、というパターンがこれではないでしょうか。

しかし、感覚的にものすごく好みだ、という場合は、因縁という観点から見ると、良い場合もあるのですが、同じくらいに悪い因縁に振り回されてしまうことも多いみたいですね。もしその御縁が悪因縁や腐れ縁だった場合は、相手にものすごく振り回されたり、逆に相手を振り回してしまったりして、結果的に二人とも不幸になってしまうこともあるようです。

次に相手から生霊をもらって霊線が結ばれ、それが段々と濃くなっていって、相手に心惹かれるようになる場合です。片方が相手のことを想って想っていると、生霊が飛ぶんですね。そうして想う相手に憑霊するのですが、憑かれたほうは、今度はその想って想っている人のことばかりが意識に浮かんでくるようになります。それで、想われたほうが「どんな人なのかな~」と最初に投げ掛けたほうに投げ返すことになるのです。こうしてお互いに生霊を交流させる結果、最初は特に性的に好みなわけでもなく、何ともなかったのに、段々と好きになっていくのです。相手からくる生霊によって、相手のときめていている感覚が伝わってくるわけですね。お互いに生理的に嫌いだ、ということでないなら、好きになっていくようです。神様が結婚相手を見つけて下さる時にも、こういうことが起きる場合があるようです。

最初の例1、2、3、は、いずれもこの生霊を飛ばされて、あるいは生霊を飛ばし合って、ということに当てはまりますね。例1は、好きな人のことをとにかく思い浮かべて行動している。ということは、結局、自分の分魂を相手にくっつけて、それに引かれて動いていった、ということですから、自分の生霊の引っ張る力だとも言えるし、こちらから出した生霊に相手が反応して、相手が出した生霊が、こちらを引き寄せたと言えるかもしれません。例2は、お互いに生霊を飛ばしあっている段階にもうとっくに突入していて、こちらから出した生霊に相手が反応してメールをくれたのでしょう。例3は別れた彼女から生霊が飛んできたのにこちらが反応して昔の約束を思い出した、ということだと思います。

例1、2、3、は、生霊の影響によって恋愛が成立するケースの典型例でしょうね。

上記の、「性的好み」「生霊の飛ばし合い」、これら二つの場合の他には、性的な好みにも当てはまらず、相手から生霊をもらってもいないのに、突然ひらめきがあったり、本当に普通ではあり得ないようなことが続いてご縁だと自覚させられるような場合があるようです。そういう場合は、前世でご縁があったということが多く、中には敵同士だったケースもあるそうです。あるいは守護神様、守護霊様、産土の神様がかかって急に好きになったりすることもあるそうです。守護神様、守護霊様、産土の神様の働きかけで直観的に感じる場合が多いみたいです。守護霊同士が一緒に働いて、電撃結婚として結ばれることもあるそうですよ。

というわけで、誰であっても大なり小なりご守護をいただいているわけですから、できれば最後の守護神・守護霊・産土神の皆様に導いていただいて、良いご縁の人と出会うというのが一番いいのではないかと個人的には思ったりするのですが…

好みにはどうしても因縁が出てくるみたいですからね。

そして、どなた様かのお導きかと思いつつも、その人の親兄弟の結婚運を冷静に観察してみたり、または相手の性格が明るい人かどうかを見極めたり、さらにはその人が物事を粘り強く、最後までやり遂げる忍耐力・意志力を持っているかどうかなどを確認すれば、結婚運が良くて、カルマが軽くて、物事を途中で投げ出さない、結婚に良い相手だということがわかるんですよね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 因縁 憑霊 守護霊

ワールドメイト会員の娘さんで、子供の頃から親が御神業に申し込んだりして、ご両親の愛情をずいぶん受けて良い子に育ったという、そういうお嬢さんがいらっしゃいます(女子高生なんですが)。

今はまだ、自分でいろいろとお祈りすることはあんまり覚えていらっしゃらないようで、主にお母様がご本人になりかわっていろいろとお祈りしていらっしゃるみたいです。

でも、このお嬢さんが、最近少し情緒不安定気味で、家でお母様に八つ当たりしたり、お父様と口論になったりして、いろいろと大変なことが多かったのです。

この前、お母様から詳しく話しを聞いたのですが、私なりにこのお嬢さんの情緒不安定の理由の目星をつけてみました。

このお嬢さんが情緒不安定になっているのには理由が二つ(もしくは三つ)あるのではないかと思ったのですが、その中で、前回話に出ていた「相手がいいなと思う感覚を自分にはね返らせることの大切さ」に関連する理由として挙げることができるのは…

それは、この子に、言いたいことをはっきりと言ってしまうという癖が小さい時からあって、相手の気持ちを考えないでついつい余計な一言を口にしてしまうということが積み重なって、女の子の友達や、塾で会っている友達の反感を買ってしまい、それが生霊となって本人に憑いているのではないか、ということです。

つまり、相手からはね返ってきていたのは、「いいな」と思う感覚ではなく、「いやだな」と思う感覚だったのではないかと考えたのです。

これではやはり運が下降してもしょうがありません。とにかくものの言い方を改めるよう、優しく言い聞かせることが大切だと、伝えました。

あとは、やはり恋愛がらみの生霊が情緒不安定の原因ではないかということを考えたのです。二つめの理由として考えたのは、このお嬢さんが背が高くて美人で、その上学業の成績も良いので、次々と男子が言い寄ってきて、「つき合って欲しい、つき合って欲しい」って告白されるということ、これです。同級生の男子の恋愛慕情の念が、ベタベタとこのお嬢さんに貼り付いているのではないかと思ったのです。

そしてさらに、よくよく話を聞いてみると、もちろん全員ではないのですが、目立つ男子の人気を一身に集めてしまった結果、同級生の女子から結構妬まれているらしいということに思い当たったのです。

このお嬢さんの場合、自分は大人しくしているのに勝手に男子のほうから言い寄ってこられて生霊をつけられ、それが原因でさらに女子からも生霊をもらってしまうことになったのですから、なんだか割りに合わないという感じがしないでもないですね。美人は本当に大変だなってつくづく思います。

生霊ネタが続いていますが、それだけ毎日の生活で影響が大きいということかもしれません。原因について筋道を立てて考えていけば、だいたい当たりがつくのも生霊ならでは、と言えるのではないでしょうか。私たちは深見先生みたいに霊能力があるわけではないので、筋道を立てて考えを進めて、人の気持ちを考えていけば、自ずから答えが出るという感じですけどね。

人間が妬み・そねみ・ひがみの想いを出す時には必ず一定の条件が伴いますから、まずは、生霊を受けるような言動を控え、次には生霊をつけっぱなしにせず定期的に払っていく、といったやり方を取って、生霊に振り回されるのは最小限に抑えたいものです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 生霊

今回は、自分で書いて生霊を払うことができる御札、天仙生き霊封じ秘寿符(てんせんいきりょうふうじひじゅふ)というものを紹介したいと思います。

生霊符01B

どんな人でも生霊をつけられっぱなしのままでいると、だんだん具合が悪くなってきます。その生霊を封じ込めるのに役に立つのが、このお札です。

夫婦の仲違いが絶えない。恋愛関係がもつれて、もめている。誰かから、「好きだー」という強烈な慕情をもらっている。こいつはなかなか人のいうことを聞き入れないヤツだ、本当に思い通りにならないヤツだなーなどと腹立たしく想われている。

これらは結局は執着心なのです。このマイナスの波動を持つ執着心が当人から独立して、思い描く相手に憑いて生霊と化するわけです。

このような生霊をもらっている人に書いてみてもらいたいのが、この天仙生き霊封じ秘寿符です。

生霊符02B

封筒の中には三枚御札が入っているのですが、それだけではなく、御札に何を書くのか、どのように書くのかといったことが書いてあるマニュアルも入っています。

マニュアル通りに御札を書いて、いろいろと手続きを踏んだ後、最後にはこの御札をある方法で捨てるのですが、捨てた時に本当に御札の効き目が現れて、生霊が祓われるのがわかりますよ。ものすごくすっきりするんです。

興味のない異性から、しつこくそして熱烈に言い寄られているとか、以前から仲違いをしている相手がいて恨まれているのでは、なんていう人にはぜったいオススメです。

そこらへんでは売っていないので、ぜひ問いあわせてみて下さい。最寄りの「エリア本部」というところですぐ手に入ります。

お問い合わせはこちらまで→天仙生き霊封じ秘寿符の入手先

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

先日の霧島秘鍵開示会で深見東州先生がおっしゃっていましたが、男の生霊は肝臓に憑き、女の生霊は腎臓に憑く、そして目下の人物の生霊は喉に憑く、ということでしたね。

今回、生霊のもたらす影響がどんなものなのか、改めて考えてみたいと思ったのですが、まず、一番わかりやすい例としては、特に夫婦の仲違いに生霊が関与する場合だ、ということでした。これが一番多いみたいですね。

生霊っていうのは、死んだ人間・亡くなった人の霊ではなくて、現在生きてこの世に存在している人の恨み、怒り、あるいは慕情などの念が霊となっている状態のことですね。文字通り、生きている人間の霊なわけです。

生霊が問題になる時に、最もありがちな状況というのは、恋愛関係がもつれている、というものです。一番よくある例であると同時に、最も強烈な悪影響を受けることになる場合が多いのです。

生霊のことを、「何か悪事を働いた結果として、人から恨まれて憑くもの」と考えている人が多いのですが、結論からいうとそうとばかりは限りません。恨みの想いだけではなく、「好きなんだー」という強烈でやりきれない慕情も、思い通りにならないなーという腹立たしい想いも、つまるところは執着心なのです。このマイナスの波動を持つ執着心が当人から独立して生霊と化している、っていうのが本当のところなんですね。

生霊がもたらす悪影響は他にどんなものがあるのかというと、男女関係だけにとどまらず、人間関係一般がうまく運ばなくなってくる、ということですから、例えば、勤務先での上下関係にしこりができる、取引先との折り合いがうまく行かなくなる、親友との仲が突然気まずくなる、さらには、自分の仕事や勉強でやる気が起こらない、集中できない、トラブルが増える、こうした現象になって現れてくるようです。要するに結果としてはやっぱり運が下がってしまうわけですね。

例えば縁談などでも、いいお話が来てもちょっとしたことで破談になってしまったりするようです。普段ならそんなことは絶対に起きるはずがないのに、といったことが起きたりするみたいですね。

そして、生霊に憑かれた人のそばにいると、わけもなくイライラする、腹が立つ、といったことが見受けられるようになります。生霊の持つマイナス波動が、その人全体をおおっているからですね。

肉体面ではどうなるかというと、まず考えられるのが、腎臓の具合が悪くなることです。女性から来る生霊は腎臓に憑くと深見東州先生がおっしゃっていましたね。男性から来る生霊は、肝臓に憑くということです。ですので、長く恨まれた場合、こうした臓器の不具合にまつわる症状が出てくるようです。肝臓は「やる気・前向きな気持ち」を保つためにはとても重要な臓器なので、生霊にやられてある程度の時間がたつと、やる気がだんだんとなくなってきて、何をするのも面倒な気持ちになってきたりします。

それから、肩がこる、神経がピリピリする、背中が張る、こうした自覚症状が出ることが多いみたいです。ちょっとしたことで疲れやすくなって、手や肘が動かなくなることもあるようですね。

恨みの生霊が憑いた場合、同じように体が悪くなります。しかし恨みの生霊の場合は、肉体的な症状に加えて、事故に遭いやすくなるといったことが起きてきます。男性から強烈に恨まれている女性が妊娠した場合は、流産することが多くなるのです。

(次回に続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今回は、ワールドメイトの人形形代の中の一つ、「生霊を祓う霊力を発揮する『セト黒龍王と菊理姫が邪気をボロクソに払い、生霊をこてんこてんに封じ込める形代!』」というものを紹介したいと思います。

人形形代は、「にんぎょうけいだい」と読むのではなく、「ひとがた・かたしろ」と読みます。人の形を型どった紙を「ひとがた」というのですが、その紙に、自分や家族、友人、知人などの名前と住所を書いて、海に流したりお焚き上げする(=お祭りの最中に炎にくべて燃やす)ことで、1年間の罪穢れを祓い、開運の道が開けることを祈願するというものです。

実は、人形・形代は、伝統的な神社神道に古来からあるものなのです。もちろんそれは今なお続いていて、一般の神社では、一年の中で夏至の頃、そして冬至の頃に、この人形のお焚きあげが行われるのが普通です。4~5人の神主によってお焚き上げが行われることが多いようです。

ワールドメイトでは、毎年、年末から正月にかけて、「伊勢(いせ)神事」を行ないます。その際に、同時に人形・形代のお焚き上げも行われるのです。ワールドメイトで人形のお焚き上げをする際には、真髄を得た救霊師(きゅうれいし)約千人と、一万数千人を越える人達がお取り次ぎとして参加し、人形をお書きになった方々の幸せを夜を徹して祈願します。一番のポイントは、なんといっても、お祭りの先達(せんだつ=儀式の進行役にあたる)を、教祖である深見東州先生が直々に務められる点です。

人形に祈りを込めて申し込みをして、お焚きあげが済んだ後には、多くの人が、病気が快方に向かったり、願っていた人や事柄との出会いを体験したり、あきらめていた志望校に合格したり、取引先との関係・人間関係が急に改善したり、予期せぬ入金があったり、といった奇跡を体験しています。

ワールドメイトの人形にはいろいろな種類があるのですが、その中の一つとしてこの「生霊を祓う霊力を発揮する『セト黒龍王と菊理姫が邪気をボロクソに払い、生霊をこてんこてんに封じ込める形代!』」があるのです。

これは生霊なんじゃないかな、ともしあなたが感じることがあるなら、ぜひ、この「生霊を祓う『生霊をこてんこてんに封じ込める形代!』」を試してみて欲しいのです。

いろいろとある人形の中でもこの人形を書くとどうなるかというと、「一切の邪法、魔法、呪法を破る働きをするセト黒龍王」という神様が、生霊を封じ込めるという働きを現して下さるということなのです。

するとどうなるかというと、今まであなたを取り巻いていた生霊が抑えられ、正しい判断力と的確な行動力が蘇り、やる気が戻ってきて、前向きに物事に取り組めるようになるみたいですよ。

首が痛い、頭のてっぺんがずきずきする、手首が痛む、肩が異常にこる、腰がずきずきと痛む、こうした症状は、生霊によってもたらされる場合も多いようです(必ず生霊のしわざだと100%断定できるとは限らないけど)。

最近人と激しい言い争いをしたとか、今裁判で争っているところでとか、激しく恨まれているんじやないかと思うとか、思い当たる節がある人が上記のような体の痛みを感じている場合、一度この「セト黒龍王と菊理姫が邪気をボロクソに払い、生霊をこてんこてんに封じ込める形代!」を書いてみて下さい。ご自身の体でモロに違いを感じることができると思います。

普通、人形・形代は、その表側に自分の住所と名前を、そして余白に自分の願いごとを書くといったやり方で祈願をするのですが、その際に、言葉とイメージで自分の気持ちを高めつつ書くようにするとより強い霊力を発揮するようですよ。

そして願い事を書く時の注意として、書き込むセリフは、ただ単に「△△さんが幸せになりますように」と書くだけでなく、もっと踏み込んで「□□さんに素晴らしい人生が開けますように」「私の未来が希望にみちみちたものとなりますように」「友人の△△さんが、あたたかな愛に包まれた毎日を過ごせるようになりますように」という具合に、突っ込んだ言い方をするといいと思います。

言葉は、それ自体がエネルギーを持っているので、前向きな様子を言い表すセリフを御祈願の時にできる限り使うことが大切なのです。そして、言葉を言うのと同時に、自分が笑顔になっているイメージ、幸せを祈ってあげる相手の方の笑顔のイメージ、これをしっかりと想い描くようにすることもまた非常に重要です。

人形・形代で証があったという方のほとんどは、イメージづくり=幸せな様子の想い描き方が本当に上手です。自分の願い事をできる限り具体的な言葉で人形に書き込んで、「もうこの願いは叶ったんだ!」とさらにイメージしている方が次々と証(あかし=祈願の結果として神様からもたらされる奇跡)を体験されているみたいですね。

友人、知人のために人形を書いてあげる場合は、その人が健やかで幸せに暮らしていて、喜びに溢れている様子をなるべく具体的にイメージすると良いみたいです。ちょっと苦手な人のことを祈る時にも、相手がニコニコした顔を思い浮かべながら人形を書くと、より証が出やすくなると思いますよ。


人形形代は、各地域のワールドメイトの「エリア本部」というところで入手できます。エリア本部一覧はここをクリック

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

金縛りの原因「生霊篇その1」です。

金縛りの原因として、浮遊霊についで二番目に多いのが、「異性から熱烈にされて、その結果その異性の生霊がこちらへ飛んできている場合」なんだそうです。

簡単にいうとこうです。ある人が、誰かのことを想い描いてしいしいと思い出すと、その念が生霊となって相手のところに飛んでいき相手に憑くのです。そこで憑かれたほうの相手は、金縛りにあう、こうなるみたいです。

一日が終わって夜になると、心を抱いている人というのは強弱の差はあれども、相手のことを想い描いてい焦がれるのが普通ですよね。昼間は仕事や家事などに没入していて忙しいため異性のことを思い出す余裕などないのですが、夜になるとついつい片思いの相手を思い出したりすることになるのです。

異性のことを思い出すその念力は生霊となるのですが、霊体は時間と空間を越えて移動する、つまり、思うとくっつくという霊界法則がありますから、相手のことを思った途端にその相手のところへ生霊が飛んでいって憑霊しているのです。

そして、異性の上にのっかって、両手首を押さえて、あちこちにキスしているそうです。あるいは、体のあちこちをさわっているのだそうです。胸が苦しいなんていう時は、実は胸を生霊が触っている時だったりするみたいですよ。

たいてい、生霊は両方の手首をつかむんだそうです。それが生霊の特徴だそうです。

寝ている間ですら、好きな異性のことを思い出して、というか自分の意識の中で自然に思ってしまって生霊を飛ばしている場合があるそうです。

モテ過ぎるのもちょっと困りものかもしれませんね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

そういうことなら、いやなことはそれこそ何でもかんでもどんどんバンバンしゃべってしまって離してしまったらいいんじゃないの?とお考えの方もいらっしゃるかと思いますけど。

これも女性の場合なら、間違いなく彼やご主人と二人きりになった時に、とどまることなく愚痴不平不満をこぼしまくってしまう人、多いですよね?

ところが、このおしゃべりは、悪くすると二人とも運を落とすんじゃないかと私は思うんですね。

どういうことかと言いますと、「話して」「離そう」としているわけですが、要するに明るく楽しく前向きな内容ではないことを話すわけですから、その場の霊界も暗くなるし、聞かされる相手もある程度経験がないと、その暗い霊界を引き受けてしまうことになるんじゃないかと思うのです。

そうすると、しゃべりまくって彼女は気持ちが軽くなるかもしれませんが、聞かされた彼のほうは重い気分になってしまって、実際に霊層が下がるんじゃないかと思いますけどね。

だから、大切な相手には、やっぱりいやなこと、愚痴不平は絶対に言わないほうがいいと思うんです。やっぱり自分に起きた良いことや嬉しかったことを、二人で分かち合いたいって感じで前向きなことだけを話すのがいいと思います。

結局、「悪い話は誰にも話してはいけない、前向きな話は大切な相手とだけ話す」ということになるみたいです。

運命についての詳しい考え方を知りたい方は、究極の運命論を読んでみて下さい。

除霊についてお考えの方、ワールドメイトでは「救霊(きゅうれい)」と言いますが、救霊を受けようとお考えの方は、ぜひ次のコーナーの記事を読んでみて下さい。

深見東州の神霊界

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 霊層 愚痴 不平 不満

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

何でもかんでもどんどんバンバンしゃべってしまう人がいますよね。女性の場合、まず間違いなく彼やご主人と二人きりになったりしたら、とどまることなくしゃべりまくってしまう人も多いと思いますけど。

ところが、このおしゃべりも、悪く出ると自分のを落とすことがあるんですね。

というのは、どういうことかと言いますと、「話す」ということは実は「離す」に通じている部分があるのです。だから、自分に起きた良いことや嬉しかったことを得意げにどんどんしゃべってしまうと、自分にせっかくやってきた上昇気を離してしまうことになるのです。

そしてもう一つ。おしゃべりな人は、しゃべって言葉で音に出して言うことが快感だと感じているので、とにかく何でもかんでも口に出して言ってしまう人が多いのですが、他人が「うらやましい」と思うことをしばしば言っているものです。その「うらやましい」という想いが、実は生霊なのです。皆、宝くじが当たった、異性から告白されて両思いになった、給料が上がった、新しい車を買った、等と聞かされたら、多かれ少なかれ「うらやましい…」と思うものです。実は、この「ねたみ、そねみ、嫉妬の想い」こそが生霊となって話している人に食らいついて、幸を食べるのです。

ですから、「いい話は絶対人に話してはいけない、うらやましく思う可能性がある人には大切なことを相談してはいけない」のです。

命についての詳しい考え方を知りたい方は、究極の命論を読んでみて下さい。

除霊についてお考えの方、ワールドメイトでは「救霊(きゅうれい)」と言いますが、救霊を受けようとお考えの方は、ぜひ次のコーナーの記事を読んでみて下さい。

深見東州の神霊界

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 おしゃべり 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊界とは、想念と映像によってできあがるもの。

だから、「あの人の顔を思い浮かべて、あの人への好意をもう一度確認するの…」という女性がいるとすると、その女性に想われている男性のところへは確実にその女性の生霊が飛んでいっているわけです。

そして、この女性の想い(=生霊)が相手の男性の心に影響を与え、いつのまにかその男性が、当の女性に関心を持つようになるのです。

こうして両思いになっていくわけですが、それも男性が素朴な人の場合ならうまく行きはするものの、男性が女性の扱いに長けた人の場合、逆につけこまれてもてあそばれてしまうことにもなりかねません。

それは、「この女は俺に好意をもっているな」と気がついて、「それならこの女としばらくは楽しく過ごすことにするか、俺に好意があるなら、誘っても断らないはず」と女性側が想いを向けていることを逆手に取って利用しようとするからです。

すると女性の側は、最初に自分が好意を向けたことがきっかけで始まったやりとりなのに、やっぱり受け身に立つことになるのです。

男性が振り向いてくれたら、そこですかさず男性の誠意、男性の人間性をうまく把握して欲しいものです。自分が誘った人なのに、結局泣くことになるような結果に終わってしまったなんて、いやですもんね。

男性の善し悪しの見極め方について、深見東州先生は

1.言葉を大事に扱っているか
2.他人の悪口を言わず、聞く人を不快にさせない
3.語尾の発音が明瞭か
4.否定的なものの言い方より、肯定的、発展的な言葉遣いをしているか

といったところで分かりますよ、とおっしゃっていましたね。

あとは、その男性が何か一芸に秀でているかどうか、それも大切な見極めポイントになるようです。というのも、何か一芸で他人よりうまくなろうと思ったなら、10年くらいは普通かかるはずで、10年間一つの趣味や習い事を継続できる、ということが、その人が忍耐力があり継続力がある、ということの証拠になるからです。そういう男性なら、ちょっとくらい結婚生活に飽きたからといって、すぐよそに女性を探しに行ったりはしないでしょうから。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 生霊

195生霊の種類

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊といっても生きている人が出す「想い」は、実は全て生霊なのです。

でも、その中にも、例えば

愛情が奥にあってそこから来る生霊
…ほのぼのと相手の幸せを祈っている
…競技会に出場している友人・知人を応援している
…行方の分からない息子・娘が家に戻ることを秘めやかに祈っている
…しみじみと感謝の思いを抱いて、お礼の気持ちを手紙に書いている

こういうのは、いい生霊ですね。害をなそうという悪意がないのです。

こうした生霊は、実は男神・女神の顔になって後ろに憑いて守ったりしてくれます。

善なる想念の生霊は、私たちを守ってくれます。こういう善なる想念の場合は、普通は生霊とは言いません。

ところが、

妬み・そねみ・うらやみが奥にあって来る生霊
…私より先に彼ができるなんて
…あの子の彼があんなにイケメンだったなんて
…私の彼より収入も顔もいいなんて
…みんなの憧れのあの男と結婚するなんて
…あんなに倍率の高いオーディションに合格するなんて
…私はまだ独身なのに、あんなにかわいい息子を産んでいたなんて

こうした想いというのは、以前お話しした餓鬼霊そのものです。人が持っているものを「欲しい欲しい」とじめじめじくじくうずうず、想い浮かべてうらやましがるわけです。

自分の顔を想い浮かべて、誰かが自分のことをうらやましがると、それでこうした餓鬼霊がどんどん飛んできて自分の顔にべっちょりと憑いているわけです。そしてこの餓鬼霊が幸運を食べるから、運が落ちる、運気が下がるのです。だから、無闇に人に自分のことをうらやましがらせないほうがいいのです。

さらに、異性の顔を想い浮かべて「恋しい恋しい」と思っている状態、つまり恋の慕情、性的欲求の想念、これらも生霊となって飛んでいきます。蛇となって相手の異性に巻きつくのです。男性が女性のことを思い出して、ベッドの上での行為を想像したりすると、実際に夜な夜な男性の生霊が飛んできて、女性を押さえつけて金縛りに遭わせる、といったことも起きます。自分の性欲に突き動かされて暴走しているんですね。

もっとひどくなると、嫉妬・怒り・憎しみ・怨み、となってきて、これは完全に「嫉妬の蛇」「怒りの鬼」「憎しみの蛇」「怨みの蛇」という形で怨む相手の霊体に巻きついて取り憑く、ということになってきます。

こういう生霊に憑かれた場合は、程度がそんなにひどくないうちはまだしも、ひどくなってくると、取り憑かれた側は「いらいらして癇癪を起こしやすくなる」「安眠できない」「頭痛が止まない」「肩こりが異常に激しい」「夜金縛りに何度もあう」「目がしばしばする」「手首が痛い」「腰が痛い」という症状に悩まされるようになります。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊は、自分が出すこともあるし、人からもらうこともあるし、とにかくこの世に生きる限り、一番やっかいなことの一つです。自分ではできるだけ生霊を出さないようにしているつもりですけど。

特別なプロジェクトの担当者に抜擢(ばってき)されたり、みんなの前で社長から一人だけ誉められたり、オフィスで一番の美男美女を恋の相手に射止めたり、三人くらいの男性と付き合っていてその中の一人と婚約したんだけど、他の男性は二股三股をぜんぜん知らなくて、めちゃショックだった、とかっていうことがあると、当然関係者や周囲の人たちは、露骨に態度には見せなくても、うらやましいなーと思っているでしょうね。なかには、何でも自分が一番じゃないといやだなんて勘違いしている人がいて、くそーと思っていたりするかもしれません。

深見東州先生から教わったのは、この「うらやましい」という念が、実は餓鬼霊となってねたまれている本人にべたべたと憑くっていうことなのです。餓鬼霊というのは、霊界で食事がもらえなくて、おなかがすいたよーとうろうろしているあのお腹が飛び出した、鬼のことです。

ところが、人のことを羨ましがって、「いいなー」という念が出ると、これがうらやみの念、つまり生霊なんですけど、この生霊餓鬼霊となって憑くわけです。

良いものも悪いものも、人の想念から出てくるわけですが、この「うらやみの生霊」が実は人の幸運の運気を食べてしまうのです。人の幸運を食べる鬼、というのが霊界の視点から見たら、ちゃんと存在しているのです。

発展気運、さわやかな幸運というものが食べられてしまうのです。

すると、つまりこういう生霊が憑いているとなんとなく冴えない、いまいち、という感じの運になってくるのです。運気が落ちてくることがあるわけです。

それを巻き返すには、外からつけられる以上に自分が良いものを呼び込めばいいのです。邪念や邪気を投げつけられる以上に、良いものを自分に引っ張り込むしかないのです。

泥水をかけられたら、今度はきれいな水が自分に降ってくるような場所に行くとかして、改めて自分をきれいにするしかないわけです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 餓鬼霊 霊界

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊を出している人はどうなるのでしょうか。

まず言えることは、性格が荒々しく怒りっぽくなって、いろいろあっても結局は生活がすさんだものになってしまうみたいですね。それは激しく怒っている自分の姿を想像してみればすぐにわかると思います。ずーっとずーっと激しい感情を持ち続けると、自分の霊体までが鬼のような姿になってしまうんですね。

次に言えることは、集中力がなくなり、ボーッとしてしまう、ということなんです。よく、心ここにあらず、といった風情の失恋女性を見かけますが、これなんかは生霊を出してしまって自分の御魂の一部が欠けている状態そのものです。

とにかく生霊を出すと自分の御魂を傷つけ、曇らせてしまうのです。霊層も当然下がってしまいます。だから、人を恨んだり呪ったりしてはいけないんですね。

昔から、「人を呪わば穴二つ」と言いますが、これは、人を呪うときは、相手を入れる墓穴と、結局は自分が入る墓穴の二つが必要になってしまうぞ、つまり、自分までも墓穴に入ってしまうぞ、という意味なんです。だから、どんなに憎いと思っても、許して忘れてしまうしかありません。人を許すのは人のためではなく、自分のためなんですね。「情けは人のためならず」です。

でもこれも時と場合によります。時には、断固として対応しなければいけない時もありますよね。つまり、客観的、常識的に考えて、あまりにも悪が強く人や社会に害毒をもたらす人や事柄に対しては、何があっても毅然とした姿勢で法的処置を取らないといけない場合もあると思います。大所高所から見た時にはそれがいっそうの善となることもあると思いますから。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 御魂 霊層 霊体

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生は、「生霊を出された場合には、できる限りの誠意と愛念で対応して、最後は大愛でしめくくることが大切です」とおっしゃっているのですが、これがなかなか、言うは易し行うは難し、というところでしょうか。

それでも厳しく言うべきときは厳しく言わないといけないし、優しく思いやるべきときにはそうすべきだし、自分の感情を離れて、大きな愛情で人に接するようにしていけば、より適切な選択をしていけるのではないでしょうか。

深見東州先生は私心を離れて大慈大悲の心で振る舞えば、例えば「観音経」に見ることができる観世音菩薩なんかと同じ心に到達しているとおっしゃっていることもありました。

また、生霊で忘れてはいけないのは、生霊を出す当人に人霊が化身している狐やが憑いている場合ですね。こうした場合には、稲荷狐や生霊と合体して、呪っている相手に強い祟りを引き起こすことがあるそうです。

犬神の祟りがある人、あるいはまたヒステリーな狐憑きの人に怨まれて、生活が異常に変化するという例があるそうです。

こういう場合には、生霊を除霊しただけでは解決できないので、生霊救霊と動物霊を祓うのと、さらには動物化した人霊を救うということの三つを同時にやらないと、完全に生霊を解決したことにはならないそうです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 稲荷 犬神

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ですから、人に怨まれるような悪事を働いたり、異性を苦しめるようなことは、なるべく行わないようにしたいものですね。普段から、人として誠意を尽くし、相手の気持ちを考えるよう努力を惜しまないことが大切だと思います。

しかし、この世の中では、ときには怨みを買うとわかっていても、物事の道理を曲げられない時があるし、自分が善だと信じたことをやり抜かないといけない時があるのも本当です。特に、若い人の上司になったり、後輩に仕事のやり方を教えなければならないときなんかにそういう場面に出会うことがあると思います。

生霊の実体や、人間の想念エネルギーについて、知れば知るほど、対人関係に神経を使わなければならなくなってきます。生霊を気にしすぎたら、思い切ったことや本当になすべきことができなくなってきますよね。でも、無視しすぎたら、ことごとく物事がうまくいかなくなって、何も達成できなくなってしまいます。怨みを買っても絶対やるしかない、と思うか、それともみんなとの関係を優先して、やりたいことをできないまま我慢するか、考えちゃいますよね。

深見東州先生がおっしゃるには、

「例えば織田信長などを考えてみると、彼がいちいち生霊を気にしていては、戦国の動乱期に、戦をすることも、城を守ったりすることもできなかったでしょう。しかし信長は、人の怨みを買うことをあまりに無視しすぎて傲慢だったので、みずからの性格に異常性・凶暴性をきたし、陪臣に裏切られるはめになったのです。大量の生霊と死霊の軍団が、彼を異常な行動に走らせたのでしょう。しかし、この信長の異常な行動も、すべて神様が背後にいてやらせていたことなのです。つまり戦国時代を平定して、次の時代の世の中に移っていくために、信長にすべての悪役を引き受けさせて、秀吉や家康に手柄を与えたのです。」

ということでした。

こういう話を聞くと、人の念の作用というものをどのようにとらえ、どう接するかは、一人ひとりが自分で決めていくしかないんだなあと思いますね。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 織田信長 信長

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊は、約三ヶ月から一年くらい強烈に想い続けると、想念が完全に本人から独立して、相手に憑くようになるみたいです。

また、今は想っていなくても、過去、強烈に想ったことがあれば、生霊となって憑いていることが多いのです。

ですから、高校生の時なんかに、強烈に誰かのことを好きになったことがあるとか、誰かから強烈に想われて、でも自分はその気持ちに応えてあげられなかった…なんていう場合は、要注意。自分が生霊を出した場合については後でお話ししますが、誰かから強烈に想いを向けられた場合についてお話ししておきますと、三〇代、四〇代になっても異性との関係がうまく行かない場合、御本人が誠実に付き合おうとしているのにうまく行かない場合は、やはりそういう若い時にもらった生霊の可能性を考えることも必要かもしれませんね。強烈な恋愛をして泣く泣く別れたとか、ストーカーされたことがあるとか、執着心が強い人とかかわりがあった場合には、一度生霊の除霊をしたほうがいいでしょう。

この生霊の除霊は、ワールドメイトでもそんなにいつもはやっていないのです。というか、一年に一度で、それも深見東州先生の直接のお取り次ぎ(=神霊の御働きや意志を仲介して、現実世界に具体的に表現して下さること)しかないのですが、タイミングがよければ、受けられますからね。一年に一度、年末にしかないので、ぜひ総本部(0558-76-1060)に問い合わせてみて下さい。

この生霊のせいで、皆さん本当に運が落ちていることを考えると、深見東州先生のお取り次ぎは本当に貴重なものだと言えますね。

さて、話を元に戻しますが、「あの人が好きで好きで一時も忘れられない」とか「恋しい恋しい」とか、「コノヤロー!」「絶対に許さないからな!」という想念が独立して生霊と化しているわけです。こういう場合、想っている当人が、相手のことを本当に真心から幸せになりますように、と祈っているなら、その生霊は女神、男神の姿となって相手を守るんですね。

反対に、捨てられたり心情的にしこりを残すような別れ方をした場合、あるいは激しく怨んでいる場合には、先の例のように邪悪な蛇の姿になって、相手を不幸に陥れるんですね。

つまり、生霊には、良い生霊と悪い生霊の二通りがあるんです。みんなから感謝されている人の運勢がますます良くなっていって、たくさんの敵を作っている人の運勢がどんどん衰えていくのは、生霊の働きによるんだ、という見方もあながち外れではないわけです。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 想念

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

その男性に詳しく聞くと、若い頃は女性関係が相当派手で、特に二四歳の時につきあった女性とは深い関係になり、その女性の部屋で同棲を始めたそうです。

ところがこの男性は元来移り気だったため、だんだんまた別の女性に心を奪われ始めました。

そしてある日突然、彼女に何も告げないで、新しい女性のもとへ走ってしまったそうです。

この男性が、しばらく空にしていた自分のアパートの部屋代を支払うために、大家さんのところを訪れた際に、「若い女性が、毎日毎日、○○さんはどこにいるか知りませんかと訪ねて来ていたのよ。」と知らされたそうです。

その女の人の心が納得することもできず、落ち着くこともないまま、男性のもとに飛んできていたのですね。生霊となったその想いが取り憑いて、男性を情緒不安定にしていたのです。

異性を手玉に取って遍歴を重ねることで得意になっている人がいますが、考え違いもいいところなんですね。

そんなことをしていると、相手を傷つけるばかりでなく、自分自身の御魂をも傷つけてしまうことになるんですね。

この男性の場合は、生霊を除霊した後、急に勤務意欲が湧いてきて、奥様とも仲直りできたということです。

自分の「感情」とか「心」は、実は霊的な影響に簡単に左右されるものだとも言えるでしょうね。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 御魂 仲直り

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

磁石にずっとくっついていた釘がまるで磁石のように変化するのと同じく、生霊のマイナス波動を受け続けると、本人もカッとしやすくなったり、怒ると前後の見境がなくなって手が出てしまったりする人がいます。

そういう人が以前、深見東州先生のところに相談に来られたことがあったそうです。

四十歳くらいの男性が相談に来られて、

「実は、妻が別れてくれと言うんです。もうこれ以上辛抱できないって言うんです。どうしたらいいんでしょうか」

ということだったのです。

話を聞いてみると、普段は心から感謝しているのにもかかわらず、何かあるとすぐ頭に血が上って激しくなじったり、ときには目茶苦茶に殴ったりしてしまうのだということ。

そしてもう一つ。仕事が何をやっても長続きせず、すぐに飽きてしまう。自分ではまじめに働かないといけないと思っていても、どういうわけか続かない。

この二つが主な原因で、夫婦別れになりそうだということだったのです。

そこで深見東州先生が審神(=霊的な背景や原因を見破ること)したところ、三人の女性の生霊が憑いているのが見えたそうです。

「○○さん、あなたは奥さんと結婚される前、そう、十八歳の時と二四歳の時と二六歳の時、三人の女性とかなり親しくおつきあいされていたのではないですか?」

深見東州先生がこう質問されたところ、「はい確かにそうです。」という返事。

その三人の女性の生霊怨念蛇となって憑いていたのです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 怨念 審神 夫婦別れ

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生は、一連のやりとり全部を見聞きしておられたので、「こんな勝手なことが許されるはずがない。何か悪いことがなければいいのだが…」と心配されたそうです。

すると、その年の冬、スキーに行ったその彼は、立ち木に正面衝突して膝を骨折、四ヶ月も入院するはめになったのです。

「これくらいで済んでよかった…」と深見東州先生が安心していたところ、次の夏、親戚の子供たちと海水浴を楽しんでいた彼は、溺れそうになった親戚の子を助けようとして自分が溺れ、死んでしまったのです。

この話は、かなり強烈な生霊が憑いたケースですが、原因はやはり男の人の身勝手さにあると言えるでしょう。この男性に生霊の知識があったなら、もう少し別なやり方があったのではないかと思えてきますね。

怨み生霊で、命を落としてしまうことになった男性のお話でした。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 怨み 生霊 正面衝突

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生の学生時代の友人の話です。

その人は、郷里の高校を卒業後、慶應大学へ進学しました。それまで女性とおつきあいしたことなどなかったので、慶應大学へ進学した後、東京で出会った女性と激しい恋に落ちたそうです。

その女性は当時、クラブの歌手をしていて、彼より二、三歳年上で美人な方だったそうです。彼にとっては生まれて初めての女性であり、また大人の世界にいる人でした。日ごとに熱をあげていって、仲間と会うたびに自慢していたそうです。

彼は大学四年になり、ある大手の損害保険会社に就職が内定した時に、結婚することに決め、結納、式の日取り、親戚・友人への通知など、準備万端調えて、あとは挙式の日が来るのを待つだけとなりました。

ところが、式まであとわずかというときになって、彼が心変わりしたのです。

慶應の後輩の女の子に、心が移ったのです。以前からこの結婚に関しては、両親や親戚の人たちが、相手の女性が年上で、しかもクラブ歌手をしていたことを理由に反対していたようです。それもあってか、突然彼の気持ちが心変わりしてしまい、心が急速に冷えてしまったのです。

結婚をやめると決めたことで、相手の女性は大変悲しみました。長い間恋慕い、なにくれとなく面倒を見てあげてきた男に、結婚式の直前になって一方的に捨てられてしまったのです。女性のご両親も当然激しくお怒りになったということでした。

しかし、いろいろもめた揚げ句、正式に婚約破棄となったのです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 クラブ歌手 婚約破棄

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊について整理しておきますと…

生霊が憑く、とは、自分の想いが凝結したものが、思い描く相手のところへ飛んでいって、相手の霊体に憑いている状態のことを言います。

善なる想いで、つまり誰かの幸せを心から願って、心配したり思いやっている場合は、自分の顔をした女神や男神がその人の後ろやそばに立って、危険や困難からその人を守ることになります。自分の執着心もなく、無私の愛情で相手のことを思いやる場合がこれですね。

ところが、誰かに対して強い慕情を抱いている場合、つまり恋いこがれる場合ですが、この場合は、生霊強烈慕情蛇、というものになって自分の想いが相手のところへ飛んでいきます。慕情蛇とは、強烈な恋心の化身であり、相手の異性の腰や腹、胸に巻きつくのです。そして、巻きつかれた人は、情緒不安定になったりけだるい気分で何もしたくなくなったり、性的妄想がかき立てられたりするようです。

また、恋いこがれるのではなく、強く強く怨んでいる場合は、生霊怨念蛇となって相手に巻きつき、食らいつくのです。深見東州先生のところに実際に相談があったケースに、次のようなものがあったそうです。

ある女性が激しい頭痛とめまいを訴えて来られました。深見東州先生が見たところ、瞬間に生霊怨念蛇が憑いていることが分かったので、話をよくよく聞いたところ、「妻子ある男性と恋に落ちて、ついにその男性を自分のものにしてしまった」とのこと。その結果この女性を元の奥さんが怨んで怨みぬいていて、「この女さえいなかったら、親子三人の平和な生活が続いたのに、許せない!」と怨念生霊の蛇となってこの女性を取り巻いて霊障をもたらしていたとのこと。蛇には大きなツノまで生えていたそうです。怨みが深いとツノが出るんですね。これが生霊怨念蛇です。

そして今度は、生霊に憑かれるとどういうことが起きてくるのか、整理しておきますと…

まず、恋愛の場合には、夫婦関係、男女関係が全部ことごとく悪くなります。これは先にお話しした通りです。他には、いい縁談がちょっとしたことで破談になることも多いようです。

その人のそばにいると、理由も分からずにイライラしたり腹立たしい気分になることもあります。生霊の持つマイナス波動の想念波が、その人の周囲をしっかりと取り巻いておおっているからですね。

肉体面では腎臓や子宮をやられることがあります。また、肩がこったり、神経がピリピリする、背が張るということもありますね。さらには、ちょっとしたことで疲れやすくなったり、ときとして手や肘が動かなくなったりすることもあるようです。

一般的な怨念の生霊が憑いた場合も、同じように体が悪くなり、事故に遭いやすくなります。特に男性から強烈に怨まれている女性が妊娠すると、流産することが多いみたいです。この場合、怨んでいる男性が欧米人の場合は、その可能性はいっそう高くなります。なぜかというと、一般に欧米人は日本人に比べて確執が強く、それだけ怨念生霊が強烈なんだそうです。

でも、基本的に強い生霊というのは、我が強くしつこくてあきらめが悪く、思い込みが激しい、といったタイプの人で念力が強い人が出すもののようですね。

「ま、いっかー」というようなタイプの人は、よほど傷ついて怨むといったことがない限り、強く生霊を出し続けることはないようです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 慕情 怨念 恋心 妄想

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生霊に憑かれて、自覚症状があるなら、当然生霊除霊することが必要になってきます。しかし、この除霊はちょっと面倒なものになるようです。なにしろ、生霊は生きた相手から飛んでくるもので、生体エネルギーを持っているのです。ですから、普通の死霊怨念や執着心と比べて、はるかに強烈なことが多いのです。

好きで好きでたまらないのに思うようにならないという激しい執着心、あるいは「コノヤロー!絶対に許さないぞ」という凄まじい怨念。こういう想いを帯びた霊をなだめ、諭さなければならないんですね。深見東州先生が生霊除霊される時にも、大変苦労されるみたいです。ここが生霊除霊するときの難しいところで、尋常な霊能力ではまず無理だということです。だいいち霊視をしただけでは、生霊であることさえ見抜けないようです。正しく生霊だと見抜いて、見事に除霊できる人はそうはおられないようですよ。

前述した男性の場合でも、やはり深見東州先生ですら手こずったということです。なぜなら、相手の女性の想念エネルギーが凶悪な蛇となって彼に巻き付き、なかなか離れようとしなかったからなんですね。

そこで深見東州先生は、男性を媒介にして、その男性に取り憑いている蛇、すなわち彼女の想念の塊に入っていって、彼女の想念の世界、およびその奥にある神魂が宿っている超深層意識まで飛んでいって、彼女の意識を改革することで、彼女の想念界に満ちていた執着心を消滅させ、結果として蛇が消えてしまうというやりかたで、男性に取り憑いていた蛇を除霊されたとのことでした。

この男性に取り憑いていた蛇、これがすなわち彼女のその時の「分け御魂」つまり「分魂」であり(彼女本人が男性のことを繰り返し思い出して、想いだけが男性に届いてしまっている、つまり自分から想念の塊がちぎれて相手のところへ飛んでいってしまっているわけです)、そして彼女の想いの世界=想念界が執着心でいっぱいだったからこそ、彼女の分魂が蛇に化身していたのです。霊界では自分の想念の状態を隠すことは一切できないので、自分の本音がモロだしになって、その結果、自分の想いの世界と等しいところへ自然と行き着くことになるわけです。その行き先が、例えば天国であったり地獄であったりするわけです。

ともかく、恋愛する時には細心の注意が必要です。特に別れる時には双方とも心情のしこりを残すことなく別れるようにするのが一番いいですね。何かしこりが残るような別れ方をした場合は、まず間違いなく生霊が飛び交っていることになると思います。後悔することがないよう、相手の気持ちを大切にし、また自分の気持ちも犠牲にし過ぎないことですね。

なお、深見東州先生が見てきたなかで、一番たくさん生霊を憑けていた人は、美人の奥さんで、その数十八人、いろいろな男性とのお付き合いがあったのではないか、とおっしゃっていました。

でも生霊のことを思うと、美男美女も考えものかもしれませんね。

(続く)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 除霊 死霊 怨念 想念

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

マイナス波動の「執着心」を相手からべったりくっつけられると、どうなるでしょうか。

生霊を憑けられた男性もしくは女性は、既婚者なら夫婦関係がうまくいかなくなります。

また、独身者なら、次ぎに恋愛しても、ちょっとした感情の行き違いでことがうまく運ばなくなります。

さらには、生霊の強さにもよりますが、男女関係だけにとどまらず、広く人間関係全般にわたって悪影響が出てきます。

会社での上下関係にしこりができたり、取引先と折り合わなくなったり、親友との仲が急に気まずくなったりします。

感情が不安定になって、癇癪をおこしやすくなったり、いわゆる「キレやすい」状態になってしまうのです。だから、次々と人間関係でトラブルが起きるんですね。

また、その人の手首足首肩首腰ひざ、とあらゆる関節に生霊(の顔)が食らいついていて、荒い、イライラする波動を出しているので、生霊に憑かれた人がそばに来るだけで、イライラして不愉快な気持ちが起きてきて、その人と一緒にいること自体が苦痛になってきます。これも、次々と人間関係でトラブルが起きる原因ですね。

仕事や勉強もやる気が出なくなり、集中力が落ち、元気が出なくなって、成績が下がってきます。とにかく何かにつけて運勢が下りがちになるのです。

これは、すべて生霊が硬直して、硬化し、悪霊化しているからなのです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 生霊 執着心 人間関係

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

男性が浮気相手の二六歳の女性と別れてから二ヶ月もたたない内に、彼の奥さんが子宮外妊娠で入院することになりました。

続いて彼も右足に腫れ物ができて歩けなくなり、会社を二週間も欠勤するはめに。

夫婦仲も次第に悪くなっていったそうです。ちょっとしたことで口論がたえなくなってしまったんですね。

そんな状態にあった時に、この男性が深見東州先生に相談しに来られたそうです。

深見東州先生は、一目見るなり生霊の仕業だということが分かったので、除霊をしてあげたそうです。除霊というか、正確にはちぎれて飛んできて食いついている鬼のような顔をした「分け御魂」を「元御魂」へ戻してあげる、ということみたいですが。

一般に、生霊は、人にひどいことをして、相手が怨んでいる場合にだけ憑くものと考えられていますが、本当はそれだけじゃないんですね。恋愛のときも危ないんだそうです。

というか、恋愛の時が一番危なくて、恋愛が成就したなら問題はないのですが、死ぬほど好きだったのに、別れたり、相手の男性に妻子があって成さぬ仲だったり、といった場合は、まず間違いなく生霊にやられちゃうんですって。

つまり、

「怨みの想いも好きだという強烈でやりきれない慕情も、思い通りにならない腹立たしさも、つまるところは執着心なのです。」

このマイナス波動の執着心が当人から独立して、生霊と化すわけなんですね。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 子宮外妊娠 夫婦仲 生霊

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

最近では離婚は何も珍しいことではなくて、一昔前までは世間体を気にして離婚などなかなかしなかったのに、今ではおかまいなし。ちょっと好きになったらすぐに結婚し、ちょっと仲が悪くなったらすぐに別れてしまいますよね。

でも夫婦の仲違いには生霊が関与していることが多いので、ちょっとお話ししようと思います。

生霊とは、現在生きている人の怨み、怒り、慕情などの念が霊となっている状態のことです。文字通り、生きている人間の霊ですね。

丑の刻参り」といって、ワラ人形に五寸釘を打ち込んで、怨む相手を殺すという物語りがありますが、これなんかは生霊の代表例なんですね。生霊は、家代々を怨んでいる怨念霊と同じように、多くの人に憑いていて、その人の人生に大きな影響を与えているんです。

この生霊で最も多く、そして最も強烈なのが、恋愛関係のもつれから生じるもの。

典型的なパターンは四〇代の男性と二〇代の女性、という組み合わせ。四〇代の男性からしたら、肌に張りがあってつやつや、性格もまだ可愛らしくてあまり世間ズレしていない女性は、可愛いに決まっているそうです。自分の好みの体型や顔にうるさい男性もいますが、女性ならなんでもいいという男性もいるみたいですね。

ある四〇代の男性の場合、次のようなことがあったそうです。

その男性には妻子があったのですが、二六歳になる女性と恋に落ちてしまった。

二人はどんどん燃え上がってしまって、一時は正妻と離婚し、一緒になろうというところまでいったそうです。

ところが、そこまで行っておいて、男性が急におもいとどまっちゃったのです。

世間体が気になったのでしょうか。(たいていの場合「世間体」という言葉を言い訳に使っているだけのように思えますが…)

結局、若い子とのお遊びは終わりにして、奥さんのところへ帰っていったそうです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 離婚 生霊 丑の刻参り 怨念霊

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

前回からの続きです。

深見東州先生が一目見るなりそうやってAさんに言うものだから、Aさんもおそらくあの二人のことに違いない、と思い、その理由を聞かせて欲しいとお願いしたそうです。

すると深見東州先生がおっしゃったのは

「三人とも、口先では励ましたり応援したりするようなことを言っているように見えますが、実は、『自分だけが彼ができなくて、一人だけ最後まで独身だったらどうしよう』と焦ってみたり、『あの子があんなにかっこいい人とつきあえるなんて、くやしい!』と思ってみたり、内心では焦りと嫉妬で心が安まる暇がなかったというのが本当のところでしょう。三人がそうやって焦りや嫉妬の念を出し合ううちに、三人で話すところに魔界(=想いの世界がこりかたまったもの、この場合は悪い想いが凝結したもの)ができて、そういう魔界ができたものだから、実際にそういう魔が来てしまったのです。その結果、その魔に邪魔されていっそう嫉妬し合う羽目になり、お互いが幸せになるのを足を引っ張り合うように霊界がなってしまった、つまり心の底ではそういう思いを持つようになってしまったのです」

「だから、その魔界ができているうちは結婚できません。そして、そのお友達は、あなたの中の良くない部分を引っ張り出してくるような人たちかもしれないですね。もう自分の中の悪いものが出てくるような、そういう相性のお友達とのお付き合いはやめたほうがいいですよ」

ということだったのです。

何も言う前からずばりと自分の問題の核心を突かれたので、Aさんはそれ以上は一言も話すことができず、反省しきりで帰宅されたということです。

深見東州先生が興味深いことをおっしゃっています。「話す、ということは離すということです。だから、良い話は形が定まって約束が成就して、契約が決まってハンコを押してしまうまで、人には話さないほうがいいのです」ということなんです。

肝心なことは、人には話さないほうがいいのかもしれませんね。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久 結婚 生霊 魔界

029愛欲の生霊

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

愛欲の生霊は、しばしば怨む相手を性的に不能な状態に追い込むようです。

私が別の機会に聞いた話の中に、新婚の奥さんが三ヵ月目に子宮外妊娠し、それから少しして、ご主人が交通事故で骨折してしまった、というものがありました。

よくよく聞いてみると、この男性には長く交際していた女性がいたんですが、自分の出世に有利な縁談が持ち上がったので、その彼女を捨てて、今の奥さん、つまり新しい女性と一緒になったんですね。この、以前つきあっていた彼女の悲しみと怨みが生霊になって、新しい女性、つまり奥さんの妊娠をダメにし、憎い男性もやっつけちゃったということみたいです

もっとひどいケースもありましたよ。

これも少し古い話ですが、さんざん遊んだ女性を捨てて、他の女性に走った男が、交通事故で下半身メチャメチャ、そして何と、睾丸2個摘出の羽目になってしまったというのです。

肉体関係の怨みはとにかく怖いですね。

遊び人を気取るのは勝手ですが、遊びが過ぎると二度と遊べなくなるかもしれませんよ。
怖い怖い。

(続く)

生霊の記事を最初から読む→ここをクリック

すぐ次の記事を読む→ここをクリック

次の生霊の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

恋愛の生霊の典型的なケースを、深見東州先生からうかがったことがあります。

四十二歳の中年男性が、二十八歳の女性と恋に落ちたそうです。

男性には妻子があって、女性は独身、典型的な職場での不倫だったと。

ところが、しばらくして男性の気持ちは冷め、関係を清算し、別れたそうです。

すると、その後二ヶ月も経たないうちに、男性の奥さんが子宮外妊娠して入院することになってしまったのです。

そればかりか、夫婦仲がどんどん険悪になってしまって口論が絶えなくなったというのです。そうしているうちに、男性の右足に大きなできものができて歩けなくなり、二週間も会社を休むはめになったのです。

実はこれらは全て、捨てられた女性の愛の生霊のしわざだったのです。

また次のような例もありました。

生霊は、現在進行形のものだけでなく、過去の一時期、強烈に異性から想われただけでも憑かれます。

ということは一人の人が、三人、五人、という生霊を憑けていることも珍しくないようです。つまり、生霊の数を見ればどのくらいモテていたか分かるみたいなんです。

(私はもちろん見えませんけど)

深見東州先生からうかがった中には、なかなか美人の人妻で、十八人の生霊に憑かれていた、というケースがありましたね。

美男美女というのは、いつも誰かからいろいろと想われる、という意味で大変かもしれません。

中には、高校性の頃から突然情緒不安定になって、ヒステリーがおさまらない、なんていう女の子もいるみたいです。職場で、一見問題なさそうに見えて、突然わあわあ言い出す子がいたりしませんか?

こういう女性の場合、高校性の時に他の女の子との間で、男子の取り合いをして怨まれた、とか、ちょっと陰気な男子から片思いされて、その生霊がずっと憑いている、とか、そんな感じじゃないかと思います。

このように生霊は、想う当人から独立して、憑いた相手に支障を与えることも多いんですね。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

「生霊」の記事を一番最初から読む→ここをクリック

「生霊」について深見東州先生の解説を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

生きている人の想いも強くエネルギーを帯びていますよね。

人が何かを想い描いて強い想いを抱くと、その「想い描いた対象」にその人の想いが飛んでいって付着するのです。

今、このただいまを生きている、その人の想いが凝縮したものが生霊なんですが、怨みや怒り、また異性を想う愛欲の念、執着心、欲望の心、純粋な愛情など、その人の出す想いがそのまま生霊となって、想い描いた相手やものに憑くんです。本当に多くの人に憑いていて、大変影響力が強いみたいです。

わら人形に五寸釘を打ち込む「丑の刻詣(うしのこくまいり)」は、自分の生霊で人を殺そうとするものと言えるでしょうね。同じ今を生きている人に怨まれたら、一生うだつが上がらなくなる人も出てくるみたいですよ。

ところが一番多い生霊の祟りは「好きだ!死ぬほど好きだ!」という念なんですって。

「えーそれって変!好き、と怨んでる、じゃ、反対じゃないですか?」と思われるでしょうが、恋愛といっても成就しない恋の場合は執着心が出てしまって、特に死ぬほど好きなのに願いが適わない場合などは強烈な生霊となって、相手の異性に憑くんですね。

そうなると憑かれた方は、自分の恋愛が壊れたり夫婦仲が悪くなったりします。

生霊に憑かれると、その人は体がグーッと重くなり、とても疲れやすくなります。頭痛がしたり、頭がボーッとしたり、イライラが昂じたりもします。情緒不安定になるんですね。また手やひじが動かなくなったります。

結婚した直後に夫婦喧嘩が絶えないような時は、生霊と思っていいでしょう。美しい奥さんをもらった男性が同僚の男性から妬まれたり、逆にお金持ちの御曹司と結婚した女性が友達の女性達から嫉妬されたりして、生霊を受けるわけですね。

女性の友人どうしの間でよくあるのは、友達に彼のことを相談して自分の恋愛の悩みを聞いてもらって、すっきりするけど、代わりに生霊をもらって帰ってくる、というケース。

友達に自分の彼のことを相談したり話したりする女の子がよくいますが、相談された友達のほうでは必ず「羨ましいなー」と思っています。特にその友達に彼がいない場合は、にこにこと話を聞いてくれているようでも実は腹の奥で「悩みのもとになる彼がいるからこそ、悩みも出てくるっていうものよ、いいわねー」と必ず羨ましがっているのが女性の常です。

彼との間がますますぎくしゃくする場合は、相談相手の妬みの生霊が来ている可能性を考えて下さいね。

恋愛関係の生霊では、胸、腎臓、子宮、特に腰の周囲に悪影響を受けますが、他の怨みの生霊の場合、様々のようです。です。また事故に遭わされることもあるみたいですよ。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

交際する相手が順番に、次々と事故に遭うという女性の話を深見東州先生から伺ったことがあります。

その女性が言っていたのは、

「会う男性、つき合う男性、みんな不幸になったり死んだりするんです」

とのこと。

こういう女性の場合、こちらが気を引き締めないまま相手の感情に同調し過ぎて、同情してしまうと、相手の霊界にこちらまで飲み込まれてしまうので、やられてしまいます。

こういう相手の話を聞く時は、ずっと話を聞き続けるのではなく、途中でいったん席を外したりして自分の意識を相手から切り離すといいそうです。愛念で祈り直してから、また話に戻るのがいいようですね。こういう時に、相手の邪霊に恐怖を感じたり、一緒に悲しんで自分の想念を相手に合わせると、相手の持つ地獄界に引きずり込まれます。霊的に負けるわけですね。

深見東州先生がその女性を審神(さにわ)したところ、崇り霊が200体以上も憑いていたということで、その崇り霊たちが合体して、彼女を呪っていたんですね。

彼女の先祖は武将であり、敵方を捕らえて拷問にかけ、皆殺しにしたとのこと。その時殺された敵方の兵たちの霊が子々孫々怨んでいて、今度は彼女に不幸を味わわせて苦しめ、最終的に殺そうとしていたそうです。

救霊したら、もう彼女は大丈夫。あとは明るく楽しく前向きでさえあればいいんです。

で、どうしてこの女性の交際相手が次々と不幸な目に遭ったんでしょうか?

それには、実はこういう事情があったんです。

相手の男性が、この女性のことを「好きだナー」と強烈に想うと、男性から、実は生霊が出て、彼女に憑くわけです。生霊といっても、この場合は女性に対して好意を抱いているわけですから、自己満足のレベルを超えて最終的に「この人をどこまでも愛するぞ」というレベルにまで到達すれば、善なる生霊は男神となってこの女性を守るのです。

ところが、女性に対していわゆる「恋する想い」を投げ掛けている時は、生霊が相手に飛んでいって、想いの架け橋ができるのです。そして、その架け橋が、相手から邪霊がやってくる通り道になるわけなのです。

ですから、恋をしたり、友人を選ぶ時には、もちろん結婚相手の場合ならなおさら、相手の過去、現在の運命をよくよく教えてもらいたいですね。その人の運命の傾向から、その人が抱えている霊的な問題が分かるんですから。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。