ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

この前会員のお友達と話していた時に話題になったのが、「自分が救霊を長期間受けないでいると、こちらから話しかけた相手がなんだか無意識にイライラするようになってくるのではないか」、という話になったのです。そして、「そういう状態になるので結局は自分から対人関係を悪くしてしまうことになり、その結果として自分で自分の首を締めることになっているのではないか」、というオチになったのでした。

「己の意志で全てが決まる。
 霊ではない。
 人ではない。
 環境ではない。」
(御神示全集、p.320)

ということなので、誰かと話しをするたびに救霊を受けたか受けないかなんてことをいちいち尋ねたりはしませんが、言われてみれば、救霊の間隔が開き過ぎるとなんとなく人間関係に支障が出がちになるような気がしないでもないですね。

学びが進んで悟りが深くなると、その分自分の感情やものの考え方の歪みが正されますから、過去の自分が持っていた「思い込み」、「誤解」、「偏ったクセ」、「マイナスの感情」が消えていくわけですね。すると、そうした歪みの陰に潜んでいた邪霊が出てくることが多くなるように思います。結局除霊する準備がどんどんできてくるみたいなものですよね。

体行奉仕をして徳を積むことだけでは学びが不十分になるのではないかとも思ったりしますが、そうとも限らなくて、昔の禅のお坊さんなんかはひたすら薪割りをやって悟ったりもしていたわけですから、活字を読むのだけが悟るための方法とは限りませんよね。自分が今取り組む必要があるテーマを意識しながら体施をなさっている方なら、毎回少なからず悟るところがあるはずです。

とにかく大切なことは集中して没入することだと思いますが、いずれにせよ内修外慈に励めば、徳積みの結果自分の歪みの陰にいた邪霊達を祓う準備、また子孫の徳積みに応じて救われる先祖霊達を救う準備、こうした救霊のための条件が整ってくるようです。

ですので、何か大きく悟った時や何か大きく発願した時、こうした時に救霊を受けるのは案外大切なことではないかと思います。

そして救霊を受けることでいつの間にか対人関係も改善され、ますますやりやすい家庭、やりやすい職場になっていくのではなるはずです。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ホクロやシミには霊的な原因がある、なんていうと、霊界とか神様とかを信じていない人から見たら訳わかんない話をしているみたいに思うでしょうが…でも、やっぱりホクロやシミにはちゃんと霊的な背景があるのです。

人が暮らしていく時に、毎日を過ごしていく時に、運の良さや幸せをもたらす作用をするのが善なる因縁です。そして逆に、毎日の暮らしの中で、運の悪さ、不幸の原因になるのが悪因縁です。因縁には自分が生まれた家が持っているものと、自分が前世に為した行いからくるもの、そして自分が今世にやってきたことが原因となって生じたもの、おおまかに分類するとこの三種類があります。

ホクロは何の象徴かというと、地獄に落ちている先祖霊との霊的なつながりを表しており、また、自分の不運の原因となる悪因縁が凝縮されたものです。ですから、ホクロが多い人というのは、実は因縁が重い人かもしれないのです(誰にでも当てはまるとは限らないので、念のため)。

それから、顔や手足のホクロは、実は具体的な悪因縁が凝縮されたものなのですが、一体どういうことかといいますと、ここにはホクロがないほうがいい、という顔や体の場所、顔や体の部位というのがあるのです。人相を見たりする方ならよくご存じかと思いますが、この部位のホクロは凶になる、というそういう場所が、顔や体にはあるのです。

そして、顔の中で良くない場所にあるホクロというのは、実はにまつわる悪因縁が凝縮されたものなのです。にまつわる悪因縁とは、母親、姉、妹、祖母、伯母、叔母、そして妻や恋人、性の友人といった、の人から生まれてくる悪因縁です。性が何か不運のきっかけになったり障害になったりするわけですね。そのような悪因縁が、先祖から受け継いだ遺伝子、血液の中に眠っているのだということが、顔の中の良くない部位にあるホクロで象徴されているのです。

手足にあるホクロで、良くない部位にあるホクロというのは、実はにまつわる悪因縁が凝縮されたものだということです。にまつわる悪因縁とは、父親、兄、弟、伯父、叔父、そして夫や恋人、性の友人といった、の人から生まれてくる悪因縁です。性が何か不運のきっかけになったり障害になったりするわけです。そのような悪因縁が、先祖から受け継いだ遺伝子、血液の中に眠っているのだということが、手足の良くない部位にあるホクロに象徴されているのです。(ホクロがすべて悪いものだとは限りません。中には吉の作用をもたらすホクロもあるということです)

深見東州先生によると、「人により、自分の経験や親戚縁者の傾向というものがあって、自分で因縁の傾向がわかるので、何がどのように重いのか、よく観察し分析してみるといいでしょう」ということでした。

悪因縁というのは多くの場合、代々繰り返されているはずです。というのも、一つの世代だけで因縁を抹消することがかなわず、代々で苦しむ、代々結婚できなくて苦しむ、代々跡取りができなくて苦労する、といった具合に何代にもわたって繰り返して苦しまないと家の劫が晴れないことが多いからなのです。

が必ず短命で夭折する、男子が全く産まれない、兄弟が全員離婚する、母が私生児の娘を産んで、その女の子がまた私生児を産んでしまう、といった悪因縁の繰り返しはしばしば見られることです。

こうした因縁を晴らすためには、原則として劫を祓い徳を積むしかないのですが、その劫ばらいのプロセスを神仏に祈願して助けていただいて、現代に相応しくよりスピーディに結果が出る、というのがワールドメイトの神事の際に執り行われる御祈願なのです。

話がそれましたが、悪因縁の象徴であるホクロをきれいに消してしまう御祈願もありますので、ホクロが多すぎたり、最近運が落ちているような気がしていて、同時にホクロの多い方は、一度自分自身や自分の家の因縁の傾向というものがどのようなものか、振り返ってみられるのも良いのではないでしょうか。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 因縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらを見てみて下さい。→「深見東州の神霊界」

彼女は、自分の土地を一気に処分できた今回のことを、北極免因超修法の証だと考えています。今まで毎年、できる範囲でなんとか、と申し込んできて、ここにきて、本来なら子々孫々まで連綿と続くはずだった強烈な土地因縁を断ち切っていただけたのだ、としみじみと感じたそうです。

同時に、深見東州先生のおっしゃることは何もかも本当に真実で、毛筋の横幅ほども間違いがないんだ、と改めて実感したそうです。

土地や財産を相続した場合について、深見東州先生は確かこんなふうにおっしゃっています。

「土地、建物、財産を継いだ人は、家代々のも同時に継いでいます。また、代々同じ病気や、同じ死に方が続く時も、家のが根本的な原因となっていると考えて間違いありません。」

「ですから、財産や土地、建物を継いでいる人、あるいは、家系に特徴的な病気や性質、運命に極端な偏りがあるといった場合は、北極免因超修法を高い式階でお申し込みになるのがよいでしょう。家代々のをそのまま抱えている人も多いでしょう。ですから、そういう人は北極免因超修法に集中するのがいいと思います。」

「反対に、土地や財産もなく、特に病気もない家の人は、北極免因超修法は下の式階にして、その分、人形形代を書くのがいいでしょう。なぜなら、人形形代は、太陽神界の現実的な神徳を頂くことができるからです」

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらを見てみて下さい。→「深見東州の神霊界」

土地の因縁の大変さを改めて実感した彼女は、実家の周辺の土地の歴史を調べてみたそうです。すると、分かったのは、彼女の家の土地とは、土地争いによる戦いが繰り返され、多くの人が亡くなったところだったのです。

深見東州先生の「大除霊」には、良き、ふとした感覚を生むためには、第一に少しでもいい土地に住むこと、とありますが、彼女の家の土地はその正反対のものだったわけです。

支部の設立場所がいかに大切な要素なのか、こうしたことを知るとよく分かります。

「どんなに前向きに対処しようとしても、人格が丸ごと乗っ取られるような感覚には勝てっこない」と彼女は言っていました。因縁とは生半可なものではないのですね。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁 霊障

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらを見てみて下さい。→「深見東州の神霊界」

それは、ラジオのチューニングがいったんずれて、再びきちんと受信できるようになったような、あるいはピンぼけの眼鏡をかけていたのを、きちんと度が合ったものに交換したような、ずれていた焦点が元に戻るような、そんな体験だったそうです。

この時のことを思い出して彼女は「家を継いだ途端に御神業を止めてしまう人が出てくるのも、こういう因縁にやられてしまうことが原因ではないだろうか」と言っていました。彼女は、因縁の仕組みや法則をちゃんと知的に理解していたのです。にもかかわらず、実際には因縁の悪影響を免れることはできなかったのです。

「もし深見先生が助言してくれていなければ、土地と家をそのまま譲り受け、仕事も御神業もできなくなって、今頃は肺に穴が開いていたんだろうなーと思います」と彼女は言っていました。

まして、会員ではない一般の普通の人なら、先天の内にを無に戻してしまう北極免因超修法や、豆木などの救済の機会に出会わないまま、あっけなく因縁に人生を支配されてしまうことでしょう。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁 救済

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらを見てみて下さい。→「深見東州の神霊界」

自分の中身が無理矢理書き替えられていくような感じに、彼女は大変困ったそうです。

病気になるほうがずっとましだと思えるくらい、精神的に追い詰められたようです。

というのも、体の問題なら意志の力でなんとか乗り越えられるところなのに、その「意志力そのもの」が侵食されて失われてしまうような感じだったらしいのです。

どんなに、自分で自分に、「これは本来の私じゃない、これは本当の私じゃないんだ!」と言い聞かせても、どんどん気持ちが動かなくなっていく、意志の力が薄れていってしまったのです。

そして、とうとう奈落の底に落ちたような気分になって、どうしても精神的に這い上がれない状態に落ち込んで、寝込んでしまったのでした。

ところが、その三日後にぐったりしながらも銀行に行って預金を下ろそうとしたところ、なんと三日前の寝込んだその日に、家と土地の代金が彼女の口座に振り込まれていたのです。

そこで彼女は「この土地代こそが私の気分を最悪にした元凶だなー」と分かったので、その直後に不動産屋から届いた書類に捺印し、名義変更の手続きを終え(つまり今度は正式に他人の名義になるということ)、振り込まれたお金をすぐさま親戚一同に分配し、自分の手許には一円も残さないようにしたのです。

すると、自分の名義にした時以来初めて、再びきちんとしたお祈りをすることができたのでした。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁 霊障

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界」

彼女が、父親の財産の名義変更の書類に捺印した後から、異変は起きてきました。

体は軽くて、体調はとてもよかったそうですが、お祈りが全くできなくなってしまったということなのです。

そして、彼女は深見東州先生の著作や講演録、また講演会のCDが大好きで、そうした本を読んではお祈りし、どうすればみんなに良くなるか、どうすればみんながもっと幸せになれるかと工夫してはお祈りして、お祈りしては工夫して、と過ごしてきていたのが、全く向上心が動かなくなり、本を読んでも全然頭に入らなくなってしまったのです。り

そして同時に、もっと俗な考え方が頭の中を占めるように変わっていったのです。

「こんなことをして何になるんだろう。人生、もっと楽しいことをしたほうがいいんじゃないかな。そうだよ。もっと楽しむべきだ。」

「遊びたい!人生、楽しまなきゃ!あれもやりたい!これもやりたい!」

こうしたセリフがいつまでも頭の中を巡るようになってしまったのです。

生きる気力それ自体が失せてしまったのではなく、体調は良いまま、俗世間での楽しみ事に関係することには、興味と意欲が湧いてくるのだそうです。

ところが、神を第一とし、祈りを第一とし、神業奉仕の精神を以て取り組むような事柄に対しては興味と関心がどんどん薄れていったのです。

それは、頭の中が自分とは違う、別の人格に占領されたような感じで、自分が全く別人になったような感覚だったそうです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界」

しかし、個人の因縁と家代々の因縁とは同じものではありません。

彼女の父親が亡くなって、家の因縁が少しは軽くなったものの、父親が抹消したのは基本的には自分の因縁、すなわち彼女の父親の因縁だったはずです。

父親が亡くなったため、財産を「極力安い値段で処分し」、全て現金に換えて親戚一同で等分して相続する予定にしていたのですが、その土地を売るためには、いったん彼女のものとして相続し、彼女の名義に変えて、その上で転売してさらに名義を書き替えるというプロセスが必要だということだったのです。

そこで、渋々、しょうがなく全ての財産を彼女の名義に書き替えたところ、異変が起きたのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界」

今回の父親の遺産とは別の話になりますが、実は彼女の弟は事故で亡くなっているのです。

その時に起きたことに、こういう話があります。

弟さんが亡くなる前まで、彼女の叔父さんは、酒を飲んで飲んでどんどん飲んで、酒をを止めることができず、酒の飲み過ぎで糖尿病になり、合併症まで発症していたのだそうです。

ところが、弟さんが亡くなった後、その翌月から、全く酒を飲むのを止めてしまい、急に痩せて、元気になったのです。

家族の誰かが代表して、家の因縁と相殺で早く亡くなるということが、どうやら御神業をしている会員の中で起きているようなのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 因縁

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界」

これは、いろいろと見てきて、私が個人的に思っていたことなのですが、少しお話ししてみます。

家族でご神業をやっていると、当然親が亡くなったり、子が先にあの世に旅立ったりすることがあります。

親や子がワールドメイトの会員となって神業をしていると、先に亡くなる人が、家のを代表して引き受けて死んでいく、ということが起きるようです。

そして、ある人の霊体と、その人の神魂というのは別々のものであり、神魂は神界へ、霊体は霊界へ帰って行くということなのですが、亡くなった人は、心では納得できていなくても、神魂は「役目が果たせたぞーやった!」と喜んで神界へ帰っていくことが多いようです。

ですので、家族が亡くなると、その瞬間にフッと体が軽くなったり、気分が晴れたりして、知らせを受ける前に、亡くなったことがわかる人もいるようです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 半田晴久 霊障

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界

深見東州先生のお話しでは、土地や財産に対して強く執着を持つ先祖霊は、餓飢亡者霊(がきもうじゃれい)となって餓飢道(がきどう)に堕ち、土地財産亡者霊界という地獄に行くそうです。そうした霊が土地や家に憑霊しているのですが、そういう霊が誰かの肉体に憑くと、その人は目つきが悪くなり、「絶対に土地は渡さない!」などと言い出すそうです。生きている時に自分にも財産を分けてもらえるものと思い込んでいた先祖が結局財産をもらえないまま死んだ時に、ものすごくその土地と財産に執着を持って亡くなり、土地財産亡者霊界に堕ちるのです。

この先祖霊に憑依されると、先祖霊の想念が直接影響を与えるので、執着心が極度に刺激されて、「惜しい惜しい」「欲しい欲しい」「絶対に渡さないぞ!」という想念にいつのまにかなってしまうのです。そして、憑かれた子孫は、「俺の土地だ!」「いや私のものだ!」ともともと欲心のぶつかり合いに加えて、先祖の欲の想いまで加わった骨肉の争いを繰り広げることになるのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 因縁 先祖霊 憑霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界

深見東州先生が神様から伝えられた内容を大まかにまとめると、以下のようなことになります。

「この人が相続しようとしている土地家屋、そして財産は多くの人々を苦しめて作ったもの。土地と家は一刻も早く、一日も早く手放すのがよい。この人の家は大変劫が重い。それ故、もし遺産を相続したら、家代々の悪因縁を一気に受けることになり、働く意欲が失せ、仕事ができなくなるだろう。そして半年以内にこの人の肺に穴が開いて、病気になってしまうだろう」

「もし家と土地を売ったとしても、そのお金もできる限り自分が受け取らないようにするのが良い。この家の場合は、先祖が多くの人を苦しめて作った財産なので、例えそのお金を神様に捧げ、社会的な寄付として役に立つよう使ってもらおうという気持ちと意志があっても、自分の懐にいったんは入れるということが危険なのです。一時的にであれ遺産を受け取ると、必ず因縁を引き継ぐことになり、結果は同じことになる。」

要するに、彼女の家の財産は、搾取された人々の苦しみの結晶だったのです。だから、誰であれ、その遺産を受け継いだものには、その積み重なった「苦しみ」がもたらす「反動」が作用するのでしょう。

その反動とは、例えば女工たちを無理矢理働かせたことに対する反動であり、例えば不当に低い賃金しか支払わなかったことに対する反動なのでしょう。それが「自分が働けなくなって、結果として財産を食いつぶすことになる。肺に穴が開いて、多くの苦しんだ人たちの想いが積み重なったような苦しみを一度に体験することになる」ということなのでしょう。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 霊障 因縁 財産

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ワールドメイトでは、天地自然の法則を学びながら、実際に自分でその法則を実践して、自分も家族も、知人・友人も幸せになれる方法を学ぶことができるのです。

霊障の詳しい説明については、一度こちらをご覧下さい。→「深見東州の神霊界

ところで、私の知人の女性に、最近お父様を亡くされて、遺産相続しようという話が出た人がいます。そしてその女性は、その話を深見東州にお話ししたところ、深見先生から、その遺産の霊的な意味や因縁について明かしていただくことができたのです。どういうことかというと、その遺産が、霊的に良いか悪いか、その遺産を自分が相続したらどうなるか等、深見東州先生に降りておられる神様がすべて教えて下さったのです。

この、深見先生の審神(=物事の霊的な背景や意味を見抜くこと)について少し書いてみたいと思います。

その女性の実家はかつて、大金持ちでした。彼女の実家がある地区の土地のうち、半分が彼女の家の所有地だったこともあるのです。

明治時代に、その地域は滅多に自動車など通らないようなところでしたが、彼女の家は車を4台も所有し、馬も何頭も飼っていたそうです。彼女の曾祖父の存命中には、女中を4人雇い、曾祖父も祖父も、遊び暮らしていた時期があったのです。

彼女の家は、材木と紡績で一儲けした家だったのです。

そして、明治の当時、紡績で一儲けしたということは、すなわち農家の娘たちを集めてきて、女工として働かせ、それも重労働をさせて、生糸を生産し、輸出して利益を上げていたということです。

そのような、他人を搾取して得た土地や家や財産が、そしを相続しようとする子孫に何をもたらすのか、この点を深見東州先生が神様から教えられて、彼女に伝えて下さったのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 因縁 遺産 審神 相続

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。