ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

社会人として普通に毎日を送っている人の場合、霊能力の根源が高級神霊や高級守護霊である、なんていうことはまずないようです。それは、深見東州先生の「大除霊」に次のように書かれていることからもわかります。

「『人々は霊能を開きたいばかりにやってきては、鎮魂法帰神の神法を請い願う。どんなに厳修しても、

その人の腹の奥とその人の人格と日常の生き様に合った霊しか呼べないし、来ないのだ。

少しよさそうな人物だと思ってやっても、やっぱりだめだ。神霊の後には必ずすぐに邪神が来て、当人はたぶらかされていても気づかず、自分で取り払うこともできない。信仰の基礎が定着していないからだ。百人やって一人が少しましな霊が定着する程度だ。しかし、その人も、しばらくすると間違った方向に行って、結局は魔にやられてしまうことになる。ああ、真にがきわまって、信仰力が透徹した人物はいないものかなあ』

 という歎きが常日ごろの王仁三郎であった。」

(たちばな出版「大除霊」 p.86)

つまり、神様が降りてきてそのままずっとそばに居てくれるような人間は、普通はいないのです。

ですから、「~~さんには霊能力がある」という場合、十中八九、その人の背後に動物霊が憑いていると考えて間違いないでしょう。

動物霊の霊能に頼り、それを自慢に思って振る舞い続け、死んでいくとどうなるか。そうした霊能に頼ることはすなわち、その動物霊を崇拝することに通じます。すると、死後、その動物霊の配下となって、奴隷のようにこき使われることになるのです。

ですから、ワールドメイトの会員は毎日を普通に過ごして、普通の社会人でいればいいのです。お取り次ぎ者として、正しく原則通りのお取り次ぎをしたときに、きちんと神徳が現れ、証が出さえすれば、それで十分なのです。自分で霊能者然として得意がっているのは、正神界の神仏に動いていただくためには何が必要なのか、神霊界の法則を理解していない証拠です。

「私には相手の守護霊の声が聞こえる」とか、「私にはお告げをする能力がある」という人が、霊感占いをする人の中にも存在していると思います。しかし上記に引用したとおり、その人にふさわしい霊しかやって来ないのです。

聞こえるのも、お告げが口から出てくるのも、すべて深見先生がおっしゃるところの、邪霊・動物霊がもたらす能力なので、こうしたことができても少しも素晴らしいことではなく、そんなことはできなくてもいいのです(もちろん、特別な家柄や特殊な環境に置かれている方にはここでの話は当てはまりません)。

話を救霊師や九頭龍師に戻すと、救霊師も九頭龍師もお取り次ぎ者であり、真心で祈りを捧げて、相手に良かれと思ってお取り次ぎをすることで、正神界の神仏が動いて下さるのであって、そのお取り次ぎのプロセスには我力は不要なのです。ですから、お取り次ぎ者は霊能者ではないし、したがって霊能力を発揮することもありません。

正しい斎庭で、正しい神仏に、正しいお取り次ぎを、正しい方法で行えば、誰でも同じように結果が出るという点にワールドメイトの素晴らしさがあり、そしてそのような方法を誰もが体得できるよう体系化して下さったところに深見東州先生の偉大さがあるといえるのではないでしょうか。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霊能 守護霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊能者、というからには霊能力がありそうですけど、それでは霊能者である証拠である霊能力とはどこから来るものなのでしょうか。

深見東州先生の「神霊界」を見てみると、次のように書かれています。

「高度な霊能、たとえば霊視透視、あるいは空間移動、高度な除霊などになると、念力だけではなかなかできない。やはり、背後から力を与える存在が必要になってくる。」

「そのバックアップしてくれる存在が何であるかによって、その人の霊能力の特色・種類や次元の高低が決まるわけである。」

「守護神、守護霊がバックアップしている霊能力に次いで次元の高いのは、龍である。以下、天狗、狐、蛇という順になろう。」

これらから、霊能力の源になる、霊的存在が背後で力をふるうことで霊能力を発揮するのだということがわかります。

しかしさらに続きを読めば、霊能力には魔界からのものも多いことが書かれています。そして、正神界の霊能力と魔界のそれとの違いは

「正神界からの霊能は何よりもまず、人の幸福を第一に考える」
「希望をもって生きられるようにするのが正神界からの霊能」
「本来、助言をするなら、可能な限り前向きに生きられるよう助言するべき」
「人を不幸にする、いたずらに人心を惑わす、解決策がないのは邪神界からの霊能」
「美しさ・芸術性は邪神・邪霊には発揮できない」
「観念ではない生活そのものから来る、美しさ・清らかさ・繊細さがあるのが正神界の霊能」
「美しさ・すがすがしさがないまま、主義主張によってもっともらしいことを語るのが邪神界」

といった点に注意すれば見えてくるようです。

しかし、実際には、深見東州先生は、「霊能力がある、と主張する時点で、背後に○○○の霊が憑いているのです。」と以前にメルマガでおっしゃっていたことがありましたよね。つまり、普通、霊能力の根源は、動物霊である場合が大半みたいですね。他には、死んだ後に行者界に堕ちた、行者くずれの人霊に憑依されて霊能力が開くこともあるみたいですけど。

本当の正神界の神様を直接お取り次ぎすることができるお取り次ぎ者というのは、深見東州先生の他には、まあいらっしゃらないのではないかと思ったりしています。

今回の大救霊と豆木のお取り次ぎを体験された方なら、そうお感じになった方も多いのではないかと思います。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊 霊能 霊視 透視

283霊的能力

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊的能力がちょっとあると、驚く人が多いみたいですね。世間で騒ぎ立てられることもありますね。勘が良いとか、相手が来るのが分かるとか、電話がかかってくるのが分かるとか、っていうところから始まって、もっと能力が強くなると、試験問題の内容が分かったり、なくした財布の在処が見えたり、などいろいろあるみたいですけど。

ところがこの霊的能力ですが、なぜそういうことができるのかというと、要するに何かが見せたり聞かせたりしているからそういう力を発揮できるのですね。一定期間山に入って修業してきたらものすごく霊眼が開けたとか、神様のお告げが聞こえるようになったとか、行力を得て超能力を発揮できるようになったとかあると思うんですが、こういったことはどういうことなのかというと、そういう力を持つ霊が本人に憑依して、能力を発揮しているのです。

例えば瞑想をするのがいいという話がありますが、瞑想の何が問題なのかというと、瞑想とは想念をなくすことですね。自分の念をなくして無にするわけですが、想念をなくして心の世界である四次元を空っぽにしてしまうのです。そうすると、自分自身が神なる存在と同じくらいに明るく温かく高貴で清々しいという人なら、神様が来るでしょうが、そうではない自分なら、その自分に相応しい霊界に感応しますので、そういう霊界の邪気がやってくることになるのです。空っぽにしたところに邪気がいっぱい来ることになるのです。その邪気がいろいろな霊的能力を発揮することになるのです。

滝に打たれたりする場合でも同じで、滝に打たれている時というのは雑念がでなくなる。ものを考える余裕がなくなるんですね。寒いし水圧に耐えていますから、顕在意識がもうろうとしてしまうのです。頭を打たれてボーッとしてきます。顕在意識をつぶしてしまうわけです。こうして顕在意識が無の状態になったところに潜在意識が出てくるということはなくて、その滝壺に居る行者霊や動物霊が乗り移ってくるのです。そしてこの乗り移ってきたものが、霊的能力を発揮し始めるわけです。

だから、何か特別な修業をして霊能を開くといった「後天」の修業をして得た霊能力の場合、神なるものが力を現していることは100パーセントありません。すべて、そういう霊のしわざなんですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霊能 後天 修業

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

先日、次のような内容の話を聞きました。

もともといい男で、そんなにイケメンでもないんですが、とにかくモテモテ、そういう男性がいたので、ちょっと尋ねてみました。どうしてそんなにモテモテなの?

すると答えは「自分のことを好きになってくれそうだな、と感じられる人をまずは自分の恋愛対象に選ぶのがコツ」ということ。

これがモテるための秘策なんだなー。

という話なんですが、これができる人とできない人がいるんですね。

つまり、「相手が、自分のことを好きになってくれそうか、好きになってくれそうにない人か、それが分からない、という女性がいるのです。

モテる人は必ず自分の安全パイを選んで、自分にオーケーを出してくれる相手ばかりと恋愛している、ということですが、人って途中で気が変わりますからね。

相手との距離感の近くなったり遠ざかったりすることに関して女性で鈍い人もいるみたいですが、それでもやはり「この男性は私にだけは興味があるみたい」、と直観的に分かるのは女性のほうに多いんじゃないかと思います。

実際に私が思うのは、やっぱりしっくり来る相手と全然すれ違いになってしまう相手と、話すうちに分かってくる、ってこと。だから、どこまでも突っ込んで追求していい相手と、そうではなくて浅いおつきあいで留めておくほうがいい相手とがいる、ということです。

誰とでも仲よくなることは理想的な状態として理解しておくにはいいですが、実際に自分でできることではないしやる必要もありません。

本当の相手の姿や気持ちが分からない、ということはどういうことなんでしょうか。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 イケメン モテモテ 好き

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。