ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

引き続き、私のノートから紹介します。1990年の天命神通を本人に伝える、という会でのメモからです。

 「おいおい泣いて苦しめられ、苦境に立って人情の味をわきまえて、初めて救世の神法が体得できる。観世音菩薩の修行を求めて生まれてきました。」
→「喜んで苦労し、苦労を厭わず、あえて苦労し、渦中の中に飛び込んで、いつも人の悩みの相談にのっていくという人生を貫くこと。これから一歩でも二歩でも退くと天命は果たせない。」


 「神様がなんだか分からない。これを真実掌握するために生まれてきた。神様とは何なのか、どんなものなのか本当に本当に知りたい。これが天命。学問は積んだが、実践が足りなかったのですね。」
→「実践、実践、ただそれあるのみ。正しい心で実行し、積み重ねて行けば、やがてこれこそが神なんだと本当の神様がわかる時がくる。魂と心と頭の3つで分からねば、本当に分かったことにはならない。」


 「暗いところはどうすれば明るいままで天寿を全うできるのか、それが知りたい。これを体得し、人々に広めたい。ひがみきって牢獄の中で死んでしまった。この運命をどう受けとめればいいのかと葛藤しながら…。」
→「結実成就の道は、まず死を怖れる心をなくすこと。『死ぬことに比べればたいしたことではない』と覚悟が決まる。くよくよしない、些細なことを気にしない。何でも善意に受け取る。腹の奥の死生観を確立すればよい。」


 「真実の学問がしたい、深く、貴く、神業、神というものを体得したい。そのために本当の学問を全うしたい。」
→「ややこしい事を好んで行い、複雑な事に敢えて挑み、万巻の書を読破する決心を持てば成就できる。くれぐれも表面的な事だけに明け暮れないように。」


 「天を頂く人となり、布施行を全うするために生まれてきた。」
→「閃いたものをすぐ口に出し、閃いた事をすぐ実行し、自分より優れた人3人を師として選び、謙虚にその人達の言葉を天来の声として聞く。自分の枠にとらわれないようにすることが大切。天来の寿命は、求道の発願を天に投げ、天から与えられるもの。年取っても発願と求道に燃えている人は、いきいきとして日々充実しているものである。」

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

天命=「この地上に再び生まれ変わってくる際に、一人一人の御魂が

『こんな人生を送りたい』
『これをテーマとしてこの一生を過ごしたい』
『こういう学びの目標を一生のテーマとしたい』

と神々様に発願された内容のこと。

それでは、天命神通に戻って、私のノートから紹介してみます。

「1990年の天命神通より」(かっこの部分は私が後から付けた注です。)

  「あなたの天命は…」
  (深見東州先生が会員の頭に手を当てて魂の声を聞く。)

  (その声を言葉に翻訳して)
 「白山菊理姫様にお仕えするために生まれてきました。神命とあらば、火中、水中を厭わず、瓦礫の下敷きになることも恐れず、飛び込むところでございます。白山門徒の総代として、終生白山信仰一本だったのですね。」

 「どうすればそれを成就できるのか?」
  (今度は深見東州先生が御神霊に発願成就の方法を直接尋ねられる。)

  (御神霊からの答えが出る)
 「へりくだり、丁寧にしながら、おこがましいことも人に忠告する。人々が安らかなる日々を送れるよう言霊の法施をしていく。御魂の救済に生きるのだ、という決心をすることで天命を全うできる。」

とこんなふうにお取り次ぎされていました。


以下にざっと私のメモから抜き書きしてみますと…

 「自由自在に行動することにより太占(ふとまに)を体得するために生まれてきた。」
→「放送局のように、思ったことを感想を何でも人にぺらぺら話すとよい。」


 「しゃれた人生を送るのにはどうしたらいいか、高度な人生観を持つために生まれてきました。」
→「当てがあったらすぐ試し、外れたらすぐ次を試す。新しい感動を積み重ねていくしかない。」


 「我先に道を求め、我先に極意を会得し、我先に神人の道を究めるために生まれてきた。彷徨行脚の生活の末、仏法の一厘を会得したいと野宿をしていて果てた。」
→「春のような楽しい気分を持ちながら、やり続けると長続きする。我先にとは春のような心、これを前に立てる。すなわち、いやいややるものは止めなさい、ということ。」


 「胸元から絶えず慈悲が湧いて出てくるようになるにはどうすればいいか。慈悲によって我が身を完成させるにはどうしたらよいか。これが我が天命です。妻を折檻するかの如く叱りつけていた前世だった。」
→「愛念の修行を行者のようにするしかない。愛念を無理矢理出す修行。そして、細やかな気配りによって愛情の密度が濃くなる。」

とこんなふうになります。

ここで、皆様にお伝えしたいことは

普通に生きていて、深見東州先生に出会わなかったら

『自分の生まれて来た今世の発願と、その発願を成就するためにどうしたらいいのか、そうしたことを知る機会などなかっただろう』

ということなのです。

つまり、この神法一つをとりあげてみても、深見東州先生という存在の尊さが分かるのです。後にも先にも、深見東州先生以外にこのように神霊と合一して、奇跡を見せてくれる方はいらっしゃらないからです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

天命神通のお取り次ぎを聞いて分かることは、その人の前世の生き様、その生き様の反省点、そして結果として今世に向けて、ある発願をして生まれてきている、という三点です。

「前世の生き様、その反省点、今世のテーマ」が一人一人にあるのだな、ということが分かるわけですが、反省点が語られる際に「天地の法則」をそこに垣間見ることができるわけですね。「~が足りなかった」と反省しているわけですから、それが足りなくならないような生き方を、今度はするぞ、と今世での生き方の発願をして生まれてきているんですね。

すなわち、その生き方や発願に照らしてみれば、私たちも、自分の今の在り方や考え方を軌道修正できるのではないかと思うんです。

そして、他人の今世のテーマを聞く時にも、なるほどそういう発願の仕方をしていらっしゃるのだなー、そしたら私は、と、こちらも今現在の私たちの日々の祈り方や自分自身の内修についてあるいは外慈について、改めて考えるきっかけにできると思うんです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見先生が天命神通をお取り次ぎされる時には、人の頭頂部にある特殊なツボを触られて、深見先生の口を通して、「その人の今生のテーマ」と、「なぜそうした発願をするに至ったのか、その直接の原因となる前世の生き様」が語られます。

このお取り次ぎの際には、深見先生が直接会員の皆様の肉体に触れられるので、一人一人の会員の霊障をまともに受けられて、その結果大変苦しい思いをされたみたいです。

私が受けた時は、深見先生は辛すぎて、しばらく私達の前に出てこられないままでした。その時はとても辛そうにしていらっしゃいましたね。

結局、深見先生の体力の面からも、また時間的な都合から考えても、このお取り次ぎをこれ以上行うのは無理だということで、2001年10月に大仁総本部で行われた時が最後のお取り次ぎになってしまいました。

これ以上続けると、深見先生の肉体の寿命を縮めることになる、ということで。

いろいろな方の天命神通を見聞きさせていただいて分かったのは、人生の究極のテーマとは「内修と外慈」であるということ、また「より向上して神仏の役に立ちたい」というのが、多くの発願に共通する内容だ、ということでした。

そして、「家事全般をこなし、神なるものを直接感覚的に受けとめるため、今世は女性として生まれてきた」というケースが多く見受けられました。

神仏の道は、学問だけでは体得できないことの証拠の一つでしょうね。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 天命 神通 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

016 前世の影響

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

でも、皆さんの御魂が天命を選ぶ時には、多かれ少なかれ、直前の前世の影響を受けるものらしいです。

なぜなら、前世でこうだったとかああだったとか、そうした「前世の生き様」がまずあって、「これはできたがあれはできなかった…」「学びは十分だったが布施行が足りなかった…」等、前世についていろいろと反省をした上で、改めて各人が今世のテーマを立てる、ということになっているようです。

したがって今世は、前世で習得したり、体得したことを活かしながら(前世で積んだ徳)、同時に前世で悔いを残したことを習得・体得・改善しようとして(前世の劫)、生まれてきていることが多いようですね。

でもこれ以外にも、特別に天上界から指示されて生まれてきている方もあるようです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

それで、天命って何ですか、という話になるわけですけど、深見先生にお話しいただいたところでは、「天命とは、この地上に再び生まれ変わってくる際に、皆様の御魂が『こんな人生を送りたい』『これをテーマとしてこの一生を過ごしたい』『こういう学びの目標を一生のテーマとしたい』と神々様に発願された内容のことを言うんだそうです。皆様は、それぞれに様々な発願をされた後に、北極星を経て、この地上に肉体を持って生まれてこられた、とうことです。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

このブログを読んで下さっている方で、中には体験された方もいらっしゃるでしょうが、ほとんどの方はご存じないのが「天命神通」ではないでしょうか。

ここ4年位かな、2005年以降、深見先生がどこかのホール会場等で講義をされたりお取り次ぎをされたりする機会が少なくて、先生の講義という形でお会いする機会がなかなかありません。

「神通」というのは、だいたいの場合、深見先生が何かに触れられて、その対象物が発している「メッセージ」を受け取り、言語に翻訳して私達に分かるように教えて下さる、というものです。

「○○神通」という呼び方のものは、例えば、「ホロスコープ神通(書き出したホロスコープに深見先生が手のひらを当てて、直接内容を言葉にする)」とか「手形神通(ある人物が手形を色紙に押して、保存しておいたものから意識を読み取って言葉にする)」、あるいは「手相の線神通」とか、ありますよね。

基本的なものとしては、「他心通」があると思います。

その他、「守護霊鑑定・守護霊メッセージ」「守護神鑑定・守護神メッセージ」「前世鑑定」「16万年前の神代の前世鑑定」「霊層神通」「宿命神通」「未来神通」「過去神通」「功徳神通」「集団体神通」「人形・形代神通」「玉串神通」「著者霊神通」「樹木神通」「眼鏡神通」「ベルト神通」「印鑑神通」「臨済・白隠の辛口メッセージ」「ミカエル天使のマンツーマンメッセージ」などがありましたね(私のノートから抜粋)。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

 | ホーム |