ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

神なる存在、神仏のこと、こうした存在を科学的に解説するという発想は魔界を広がらせる可能性があるのです。

科学というのは帰納法がその原点である、という説明をされることがあるようです。帰納法とは、いろいろな現実的な現象をいくつも集めてきて、それらの事柄に共通して付随する出来事や法則を見い出し、そうした法則性に基づいて仮説を立てて、その仮説を検証することで科学的根拠が固められていく、このように使われるようですね。

私たちが神仏に臨む時も、同じように、どのように祈れば神様が動いてくれるのか、失敗した時は何が原因でうまくいかなかったのか、そうした経験を積み重ねていくことは大切になりますが、それは神仏の存在を知的に把握したいからではありません。神様や仏様に動いていただいて、奇跡が起きるのを見聞きするのが嬉しいからです。

そして、神様仏様の存在というのは当然のことであり、科学的に証明されようがされまいが、自然にお祈りしてしまう、というのが本当の信仰なのです。

神様の存在が科学的に証明されない限り神様のことは認めない、という姿勢は、人知を過剰に信頼し過ぎていることから来ているのでしょう。そういう姿勢は、霊界物語に描かれているという内容によると、「自分の親に向かって、あなたが私の親だということが科学的に証明されない限り、あなたを親として敬うことはいたしません」というのと同じだということです。

冷静に考えれば、宇宙の全て、自然界の全て、あらゆる生き物達を創り出した神様という存在を人知で説明できるわけなどないと分かりそうなものですが、本気で科学で証明できないものは信じないのだ、という態度の人もいらっしゃいますね。

信仰とは、親子が自然に交流して、理屈抜きに子は親を敬い親は子を慈しんで、というのと同じで、理屈抜きに神を慕い、神はそうした人の想いによって守護と神徳を授けて下さるもの、こういうことだと思います。

科学的に証明されない限り神仏のことなど信じない、というのは、無自覚ながらも傲慢なのだ、ということでしょうね。

神様というのは知的に理解する対象ではないのです。お慕いして、御用にお仕えしたいと思う対象であって、その結果こちらの想いにちゃんと報いて下さる、そのような存在なのです。それを、知的に説明できると考えること、そのように教えることは、嘘を教えていることに他なりません。だから魔界が広がることになるのです。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

発願することで運命を変えることができますよ、というお話しを以前に書いたことがあったと思います。いろいろと過去のノートや深見東州先生の本を読んでいたところ、またまた思い出したことがあったのでちょっと書いてみます。

ある時、親子で会員をしている人の、その息子さんのほうから深見東州先生にお手紙が来たということなのです。その中には「僕は日本一のアイドル歌手になりたいと思います」とまず書かれていました。そしてその後の部分には、「人からうらやましがられるような、運の強い人間になりたいと思います。守護霊様を見ていただいて、ぜひそのように運をつけて下さい」としたためてあったということでした。

これを読んで、深見東州先生が実際にご本人の守護霊さんに確認してみたところ、守護霊さんも微笑んでいて、「可愛いやつだ」と思っていることが分かったのでした。「愚かなやつだ」とか「バカなやつだ」といったことは守護霊さんは決して言わなかったようです。何しろ、まだ高校生ですからね。

それで守護霊さんの答えはというと、「汝の希望をかなえてやろう。だが、アイドル歌手がずっとアイドルでいられるのは運がいいからではない。運がいいのではなく、徳が高いからなのである。自分が前世で積んだ徳、家代々に伝わる徳、こうした徳分によって成功や名声が長続きするのである。徳が無いままではアイドル歌手として長らえることはできない。そう考えたところ、アイドル歌手として名声を保つには、今のお前はいささか徳分が不足している。だから日本一のアイドル歌手になりたいのなら、あと三回生まれ変わってくる必要がある。三回転生をくり返し、徳を積み続けるなら、必ず大成功するアイドル歌手になれるだろう。」というものでした。

そしてさらに、「今、もし歌手になろうと思えばなれなくもない。しかし徳分が足りないので2年ぐらいで歌手を廃業して友人の勧めでスナックを開くことになる。そして、自分一人でボーイを兼ねたマスターをすることになるだろう。その生活は25年くらい続く。その途中で、一度結婚して二人の子供に恵まれるものの離婚してしまい、自分の母親に子供達の面倒を見てもらうことになるだろう」という答えまで守護霊さんは教えてくれたのだそうです。

その子の純粋な想いに、守護霊が丁寧に答えてくれたのだということでした。

前向きで努力を惜しまないといった発願に対しては、守護霊さんも守護神さんも応援を惜しまず、かわいいかわいいと思ってくれて、どんどん応援してくれるのだそうです。間違った発願であれば、具体的に丁寧に人の言葉や物事との巡り会いなどでやはり間違っているところをちゃんと知らせて下さるのだそうです。

深見東州先生がおっしゃっていたのは、「とにかく目標を持つこと、志を立てること、これが大切ですよ」ということでした。

やっぱり発願することが大切なのですね。そして、発願は必ず聞き届けられると確信して、実際に努力を続けていくこともまた大切なのではないかと思いました。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今回で東京国際コンサートも三回目なんですね。私は、今回はなんとかチケットが当たったので、新国立劇場オペラパレスに行ってきました。このオペラパレス、前にも何回か来たことがあるのですが、本当に立派ですよね。オーケストラが演奏するのを聞いた時には、本当にその響きの良さに驚いたものですが、今回のコンサートはなんと伴奏のピアノ一台と歌手のみ、という組み合わせですからね。もう歌い手の実力がモロにわかってしまうという演奏形態でしたね。

観客は、皆さん抽選で当たった人ばかりでしたから、つまり全員無料での入場なので、もしかして当日のドタキャンもあるのかな、って思っていたら、案の定開演時間ギリギリまで空席となっているところもありましたね。でも結局最終的には95パーセントくらいは席が埋まっていたような感じでした。空席は最後には目立たなくなっていましたね。

前回はオーケストラとの共演、そしてオーケストラの前でルネ・フレミングが歌うという組み合わせだったと聞いていましたので、豪華さでは勝てなかったのでしょうが、歌手の声がはっきりと聞こえるという点では今回のピアノ伴奏のみ、というセッティングは最高のものだったのではないでしょうか。

深見東州先生のことも最初はちょっとだけ心配していたのですが、いざ始まってみると圧倒的なうまさでしたね。本当に歌うことだけに徹底しておられて、ギャグも出なかったしおしゃべりも全然なしでした。いつもあれだけお話しになるのに、今回は本当に全くおしゃべりがありませんでした。後から風の噂にちらっと聞いたところでは、真面目なクラッシックマニアの中には、「音楽を聴きに来たのであってお話しを聞きにきたんじゃないよ」といったことをおっしゃる方もいらっしゃったようで、そういうことに配慮されたのかもしれません。

話をもとに戻すと、とにかく歌声がくっきりと聞こえて、音程もバッチリ決まっていましたね。深見先生がますますうまくなられたのにとっても感激しました。

コードさんは安定した歌いぶりに聞こえましたけど、昨年はどうだったのでしょうか。

カレーラスはやっぱり美しい声でしたね~もう我を忘れて聞き入ってしまいました。とっても美しい声で本当に素敵でした。以前から普通のオーケストラの演奏には親しんでいたのですが、オペラはあまり自分では知らなかったので、今回、ユーチューブでチェックしてからカレーラスの歌を聞くようにしたのですが、とにかく声がいい人だな、と思っていました(それにイケメンですよね)。そうしたら実際に生の歌声を聞いてみると、もう70歳に手が届こうかというのにあの歌声ですから、本当に聴いているこちらは感動するのみですね。いっぺんにファンになってしまいました。後になるほど歌が良くなっていったように感じましたが、私だけでしょうか?

カレーラス自身が白血病にかかって、そこから復活して白血病の財団の代表を今も務めている、ということですから、そうしたチャリティ活動の面でも深見東州先生と意気投合されるところがあったのでしょう。

人生の途中で一度死に瀕する病や事故に遭遇した人は、その後大活躍される例が多いみたいですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : カレーラス 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

義の心432

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

人の心というのはなかなか当てにならないものですよね。たとえば、昨日までは職場の同僚のAさんのことを気に入っていたと自分でも思っていたのに、さっき取引先の営業のBさんが久しぶりにやってきて、ちょっとした気遣いを見せてくれたら、もうBさんのほうが良い感じ、なんて思ってしまう。

そういう人の心の当てにならないことを深見先生が

「心はコロコロ変わるもの、だからココロというのです。そんなコロコロ変わるもの、浮いたり沈んだりするものに正直に生きるなんてことをしてはいけません。自分の心に正直に生きるなどということは教養のある人の生き方ではありません。」

とおっしゃるのを聞いたことがあると思います。

「好きです」、「愛しています」という気持ちも所詮は自分の心から出たものであれば、あまり当てにならないんじゃないかと思ってしまいます。

そして、実際に、もののデータによると、「今の20代の夫婦は3組に1組が離婚し、離婚した男女の6割強が再婚するということです(牛窪恵さん)」といったことにもなるらしいのです。

しかし、「好き嫌いに基づいて、嫌いになったから別れる」、「この人とつきあっているとどうも自分にとって今は有意義そうだからつきあっておくことにする」、「とりあえず今のところはこの人に興味が持てるので、つきあっておくことにする」、こうした態度は一見自分に正直そうで正しいようにも思えるのですが、よくよく考えてみると「自分の心に正直に自己主張している」ということでしかないわけです。つまり、「自分の心のまにまに自分が言いたいことを言っている」ということであり、そこには相手に対する本当の愛情が無いのではないかと思うのです。言いたいことを何でも口にすることが必ずしも物事に良い結果をもたらすとは限らないのはみなさんよくご存じの通りです。そして、相手が自分の言いたいことをこちらに向けて言ってきた時に「まあ、なんて不愉快な人なんだろう!」と思う時に、なぜかをよく考えてみれば、それは相手の発言に思いやりがないからこそ、不愉快に感じているはずです。

だから「好き嫌いに基づいて、嫌いになったから別れる」、「この人とつきあっているとどうも自分にとって今は有意義そうだからつきあっておくことにする」、「とりあえず今のところはこの人に興味が持てるので、つきあっておくことにする」という姿勢の中には、実は相手に対する本当の愛情が含まれていないのです。それらは、要領よく効率的に自分の人生を過ごしていきたいという打算と計算でしかないのです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

北海道での御神業、あのクヌム神さんに顕現していただいたあの神事を思い出しますね。「旭・十勝・石狩びらき神事」だったと思います。

雪御魂示現神法、やりましたよね~確か深見東州先生が、防寒対策ばっちりの格好をされて出てこられていたと思います。

あの時もものすごく寒くて、寒いのが本当に大変でしたよね。

とにかく夜間は氷点下20度とか25度とかまで気温が下がるので、車で待機するしかない状態でしたね。

それから、羊蹄山の近くで節分祭をやったのは、2008年の3月から4月にかけてのことでしたよね。この時のセクメトが、地上随一の病気治しの神様である、という御神示が出たのを思い出したりしました。4月に入っていたのですが、北海道ですから、夜はそれなりに寒かったですよね。最終日のバーベキューの時にはいい天気だったですけど。

果たして今度の支笏湖びらきも、寒いでしょうね~でも秘鍵開示会、受けたいですね~

でもそれまでに、あと10クール、命乞いを達成しなければいけないのですね。50クール達成は本当に素晴らしかったですが、この後の支笏湖びらきが東南海地震を弭化するにあたっての山場となるご神業でしょうから、まずはあと10クール達成、そして秘鍵開示会と神事、ですね。

高知や中部・近畿の太平洋側はもちろん、関東地域も含め、どこも被害に遭うことなく、大難が小難に、小難が無難にまつりかえていただくことができますように。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 支笏湖 摩周湖 羊蹄山

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生は、これまで、いろいろな機会に、神人一体となってその超能力を発揮してこられましたが、いずれの能力もすべて神様から与えられたものだとご自分ではおっしゃっています。

しかし、神様が次々と深見東州先生のところにやってこられて、次々とその威神力を現される理由はというと、それは、深見東州先生が男性としての人生を捨て、普通の人としての人生を捨てて、すべてを神様に捧げられ、神様の御心のまにまに生きていこうという発願をされたからこそ、なんですね。もちろん、人為で推し量ることのできないであろう神約束があったり、神様のご経綸があったり、輪廻転生の積み重ねがあったりして、深見東州先生は生まれてこられたことかとも思いますが、それでも、今の深見東州先生があるのは、神々様のご期待に応えるべく精進を貫いてこられた生き様があったからこそですよね。

私たちはどれだけ努力すればあんなふうになれますか、という質問に対して、植松先生が「○○年修行しても無理じゃないかしら」とおっしゃっていたと思いますが、今、実際に肉身をもってこの世に生きておられる深見東州先生と一緒に過ごせることの有り難さを、忘れないようにしないといけないと思っています。

ところで、深見先生の超能力の話に戻りますが、最近、霊層神通のお取り次ぎの様子が届きましたよね~。すごいですね~。もう、何度も繰り返し聞いちゃいました。

どこから生まれてきて、このまま死んでいけばどの霊界に戻っていくことになるか、あの速度で次々とメッセージとして伝えていくんですから本当にすごいですね。

録音された日付を見ると、公開冬神業のお取り次ぎとして深見先生が御神業をなさったみたいですが、声がまだお若い声で、まだまだもっとできる、とか、改心の御魂、とか、熱心に説明されていますよね。

この御神業には、当時、支部の代表を務めていたり、青山塾のリーダーだったり、救霊師として活躍されていたという方々も参加されていたようで、そうした人たちの当時の毎日の生き様が、深見先生が言葉にされるメッセージの奥に見え隠れするような印象がありますね。

この御神業が行われたのは、今から20年程前ですが、聞くところによると、当時、関東や関西の定例セミナーの入場時間前になると、入場を待つ人たちの長蛇の列ができていたということですから、この公開冬神業にも熱心な会員が集まってきていたのでしょう。

そうした熱心な会員の生き方や祈り方が、その人自身の潜在意識に内蔵されると同時に、一人ひとりの守護霊様もそのありさまをご覧になっておられて、そうしたそれらの意識が持っているものを、合わせて深見先生がご自身の肉体を通して日本語に変換されて、私たちが聞いて理解できる形でのメッセージになっているわけですね。

途中で守護霊のメッセージが入ってきたり、さらに深見先生のアドバイスがあったりもするみたいですが、聞いていると、私も受けたかった~ってついつい思ってしまいますよね。

昔からご神縁のある方は、当時から頑張っておられたんだろうな~って思いました。

でも、このように生きていけばこのような霊界に戻っていくことができるよ、と教えて下さる様子を参考にできるのですから、これはこれで本当に素晴らしいことなんですよね。

「すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり」という言葉がありますが、自分達の考え方の参考にしたり、日々の過ごし方の目安にすることができる、そんなメッセージを深見先生の超能力のおかげで何度でも聞くことができる今回の声のご神業セミナー、私の宝ものの一つになりそうです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 神通 霊層 精進 超能力 守護霊

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

神様なんていっても信じられないし…かといって守護霊と聞くと信じてもいいような気はするけど、っていう人がいました。目に見えない存在について、受け入れたいと感じているように見えるのですが、今、世の中にある宗教団体に入るのはいやなんだそうです。

そういうことなら最初はとりあえず神様のことを信じなくてもいいと思うんですけど…

そういう人でも初詣とか、七五三とかにはやっぱり家族で行くわけなんですけどね…

守護霊さんはどんな人にも憑いていますから、神様のことが好きになれなくても、とりあえず守護霊さんにお祈りしてみればいいんじゃないかと思うんですけどね。自分の親の親のそのまた親の親の中で、修行ができた人、神様からお許しをいただいている人、が守護して下さっているわけですけどね。

私が一番最初に守護霊に試しにお祈りしてみたのは、深見東州先生の「強運」を読んだ後だったのですが、その時はこんな感じでした。

ある時、部署は違うけど同じフロアだという三人組みで揃ってお休みをいただけたので、関西地方を旅行していたのです。ところが、その日は後輩の女の子たちがちょっと暑さでバテてしまって辛そうだったんですね。JRの自由席で移動するところで、特急列車が駅に入ってきた時たったのですが、私は「人の幸せを祈ることなら守護霊様も願いをきいてくれる」というのを思い出して、「守護霊さま~、どうかこの子たちが座れて、落ち着くことができますように、それで私も一緒に座れるとありがたいです~よろしくお願いしまーす」っていう感じでちょっとあっさり目にお祈りするというか念じるというか、やってみたわけです。

列車が停車したので、乗り込んでいって座席の様子を見回してみると、ちゃんと三人座れるように、なんと目の前の一列だけが、席が空いているじゃないですか。

それで横一列に並んで、彼女たちを座らせて、私も一息入れることができたのです。

これで私は癖になってしまって、次々と深見東州先生の本を読むことになっちゃったんですけどね。

それから入会して会員になって、今に至るわけですが、ちょっと前なんかも、事前に落ち着いてお祈りしてから、相談に乗ってあげて、その最中にも、「この人が必要としていることをお話ししてあげることができますように」なんて相手の守護霊さんに投げかけつつお話ししていると、上手くいくことが多いように思います。

だから、自分の守護霊さんとお話ししてみるつもりで、お祈りしてみたら、っていうところから話を始めて、そこから強運を読んでもらったりしてみてもいいかと思うんですけどね。

なんだかまとまらない話になりましたけど、とにかく自分の守護霊さんや相手の守護霊さんと意思疎通しながら進めると、物事がうまくいきやすいんじゃないかと思いますよ。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング

tag : ワールドメイト 深見東州 守護霊 強運 初詣 七五三

 | ホーム |